はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

タグ:斎藤工 ( 4 ) タグの人気記事

去年の冬、きみと別れ

予告では100%騙されるって言われた時点で犯人がわかってしまいますよね。観ていて2章から始まるなど違和感があり、この辺がこのミステリーの伏線だとすぐにわかります。ただ、観ている間に出演者の関係がわかるようなものではありません。そういう意味ではよくできた見せ方だったと思います。ネタバレするので詳しく書けないのでネタバレ関連はこの記事のず~と下のほうに書いときます。観に行かない人は読んでください。結構よくできていたと思いますが、おそらく興行はこけるでしょうね。
f0064229_14393945.jpg
【作品情報】
『悪と仮面のルール』など数々の映像化作品で知られる芥川賞作家・中村文則の同名小説を岩田剛典主演で映画化したミステリー。謎多き天才カメラマンへの取材を始めた野心あふれる記者が、婚約者を取り戻すため、彼の罠にはまっていく様がつづられる。ミステリアスなカメラマンを斎藤工、主人公の婚約者を山本美月が演じる。
f0064229_14393955.jpg
【あらすじ】
婚約者・松田百合子(山本美月)との結婚を間近に控えた新進気鋭のルポライター耶雲恭介(岩田剛典)。本の出版を目指す彼が目を付けたのは、盲目の美女が巻き込まれた未解決焼死事件と、その事件の元容疑者である世界的フォトグラファー・木原坂雄大(斎藤工)だった。だがその真相に近づくにつれ、木原坂の危険な罠は百合子にまで及び、いつしか耶雲は抜けることのできない深みにはまっていくのだった……。
f0064229_14394015.jpg

【ネタバレ】
恭介には全く別の目的にがありました。耶雲恭介という名前も偽名で、最初に語っていたフリーライターとしてのキャリアも偽物でした。

彼は最初の被害者吉岡亜希子の元恋人でした。過剰な思い込みから亜希子と別れた直後、亜希子は雄大のモデルとして軟禁され焼死しました。

軟禁には朱里と小林も加わっていました。小林は姉弟の父の教え子で二人の異常な繋がりと朱里の魅力に取りつかれ父を刺し殺し、共犯関係となっていました。

また、大人の女性となった朱里の肉体にも溺れていました。恭介は亜希子の悲劇を追う中で朱里と出会い、真相を知ります。そして、雄大を二人の人間を殺した、つまり死刑の可能性の出る状態にするために復讐計画を練りました。

百合子とは婚約者でもなんでもなく、ネット上で知り合い結婚前にすれ違う婚約者を演じていただけでした。軟禁されるのも計算のうちで、一瞬のスキを狙って百合子は脱出。それを待っていた恭介は先に軟禁していた朱里と入れ替わり、そして恭介は朱里に火をつけます。

亜希子の時の写真に失敗していた雄大は嬉々として写真に収めますが、それが強いきずなで結ばれた姉であることは知りません。

そして現場にいた小林もそれが自分が溺れた朱里だとは夢にも思っていませんでした。

亜希子が死んだのは一年前の秋でしたが、真相を知ったその冬恭介は、自分は復讐のために化け物になることを決め、今は亡きかつての恋人に別れの手紙を綴るのでした。恭介はその後別の場所で待ち合わせた百合子に謝礼とパスポートを渡し「別の人生を生きていくように」といいます。百合子は「途中から本当にあなたのことが・・・」と告げますが、恭介は振り返らず・・・エンドロール(完)


[PR]
by hageuz | 2018-03-11 14:40 | 映画 | Comments(0)

昼顔

ドラマでは別れさせられた2人。紗和は離れた場所に住みお互い合わない3年を過ごしていたとことから始まる。北野先生が「ホタル」のシンポジウムにやってきたことで再開。ありがちな展開ですが、一度裏切ったことのある2人はお互いを信じることができないことでギクシャクしてしまう。この辺は井上由美子さんの脚本らしい。
ドラマの延長と思ってみているとさすがに劇場版。映画として作品としての仕立てになっているのはさすが。ただし、ラストはありがちな悲恋。朽ち果てた百葉箱に残された結婚指輪を男の子が見つけるシーンは・・・・そこまで都合よく暗示しているのかしら・・・
上戸彩さんは好きな女優さんですが、紗和という役は「う~ん」違うなぁ。
f0064229_21222003.jpg
【作品情報】

平日の昼間に夫以外の男と恋に落ちる主婦たちを描き、社会現象にもなったドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」の3年後を描くラブストーリー。過去を忘れるように海辺の町で暮らしていたヒロインの前に偶然、かつての不倫相手が現れ、再び衝動的な愛に身を焦がしていく。上戸彩、斎藤工、伊藤歩らドラマ版のキャストが再集結。

f0064229_21222628.jpg
【あらすじ】
3年前、笹本紗和(上戸彩)と北野裕一郎(斎藤工)は互いに家庭を持つ身でありながら惹かれ合い、一線を越えてしまった。しかしただならぬ関係が明るみになり、弁護士を交えた示談の末に二人は別れを余儀なくされる。夫とも別れた紗和は、今は杉崎尚人(平山浩行)が営むレストランでアルバイトをしながら、彼女の過去を知る者のいない海辺の町でつつましく暮らしていた。北野の夢を見ることさえもうない。一方の北野は大学で非常勤講師を務めており、ある町で蛍に関する講演をすることになる。講演中、ふと客席に目を向けたところ、そこには紗和の姿があった。再びめぐりあった二人はかつての愛を振り切れずに逢瀬を重ねていくが、二人の前に北野の妻・乃里子(伊藤歩)が現れ……。
f0064229_21222889.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-06-10 21:22 | 映画 | Comments(0)

高台家の人々

設定としては面白そうでしたが、前半のテンポの良さはあったものの後半からラストにかけては平々凡々とした作品でした。コミカルな妄想は笑えるし、綾瀬はるかにははまり役とおもえる設定でしたが、妄想をシャットアウトするために環境ビデオのような草原のシーンが後半は連発され、妄想シーンを制作する費用がなくなっちゃったんじゃないと思えるほど後半が残念。
コミックでどれほどの設定と心理描写があったのかわかりませんが、これは失敗だったんじゃないかしら。やっぱり人の気持ちがわかったりしたら本当の恋愛ではない気がしますが、いかがでしょうか?
f0064229_17181212.jpg

【作品情報】
妄想癖のあるOLと人の心が読める特殊な力“テレパス”を持ったイケメンエリートの恋を描いた、森本梢子の人気コミックを綾瀬はるか&斎藤工の主演で映画化したラブ・コメディ。ヒロイン、木絵の突拍子もない妄想力とそれを楽しみながらも心癒され、ひかれていく青年との恋の行方がつづられる。西野カナが主題歌を担当。
f0064229_17182962.jpg

【あらすじ】
口下手でぼーっとした冴えないOL・平野木絵(綾瀬はるか)は、気づけば妄想して自分の世界に入り込んでいた。ある日、木絵の勤める会社に、高台光正(斎藤工)がニューヨーク支社から転勤してくる。元華族で不動産や保険会社などを持つ名家・高台家の長男にして、長身でイケメン、さらに祖母がイギリス人というルックスに、東大卒、オックスフォードに留学経験もあるという完璧なプロフィールを持つ光正が、何の接点もあるはずがない木絵をいきなり食事に誘う。木絵は、なぜ気に入られたのか分からないまま仲を深めていくが、光正の笑うタイミングを見て、自分のバカバカしい妄想を覗かれているような気がしてならない。実は、光正には人の心が読めるテレパシー能力があったのだ。そのことで人間関係に辟易としていた光正にとって、楽しくておもしろくてバカバカしい妄想をする木絵と過ごす時間は癒しとなり、やがて木絵の純粋な心の中に惹かれるようになる。二人は順調な関係を続けていくが、木絵の前に名家・高台家が立ちはだかる。光正の母・由布子(大地真央)は二人の関係を許さず、また、光正に想いを寄せる女性の存在も……。何より、“釣り合わない恋”に不安になる木絵。さらに家族に隔世的に引き継がれたテレパシー能力の存在を木絵に打ち明けられない光正。それぞれの抱える不安によって、二人の関係が変化していく……。
f0064229_17184420.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-04 17:18 | 映画 | Comments(0)

愛と誠

三池崇史監督ならでは?の作風。武井咲が好きじゃなかったら絶対観に行っていない。ここまでナンセンスな作品は近来まれにみる?ある意味ではすごい作品。冒頭から「やめろといわれても~」と妻夫木さんのミュージカル風喧嘩シーン。寒い!出てくる出演者がそろって寒い!「あの素晴らしい愛をもう一度」を咲ちゃんが歌い始めるとMAXな寒さ!いや~これで観客動員が100万人とか言われたら「うっそ~」となりますが、間違いなく早期打ち切りでしょう。いやはやこりゃすごいわ~(+o+)
f0064229_13413441.jpg

あらすじ・解説
1970年代に大人気だった梶原一騎・ながやす巧による原作コミックス「愛と誠」が、2012年スクリーンに登場。昭和の雰囲気を表現するため、監督の三池崇史は昭和の歌謡曲を使ったミュージカルという形式を選択。小林武史を音楽監督に迎え、「激しい恋」「あの素晴らしい愛をもう一度」といった名曲を取り入れたミュージカル映画を作り上げた。太賀誠役の妻夫木聡は激しい乱闘ダンスを、早乙女愛役の武井咲は透明な歌声を披露し、スクリーンを盛り上げる。昭和のアングラ感を再現した美術や、斎藤工らのハイテンション演技も楽しい。シリアスからコメディまで幅広い作風で知られる三池崇史のラインナップに、またミュージカルという新ジャンルが加わった。

解説
「ヤッターマン」「十三人の刺客」の三池崇史監督が、過去にもドラマ化され人気を博した梶原一騎・ながやす巧原作によるコミックを、歌や踊りを交えて青春の熱い叫びを表現し映画化。「悪人」の妻夫木聡が復讐に燃えながらも実は優しい心を持つ不良少年の誠を、NHK大河ドラマ『平清盛』の武井咲が誠に惜しみなく愛情を注ぐ清廉潔白で汚れや苦労を知らないお嬢様・愛を演じる。「スワロウテイル」「ハルフウェイ」の小林武史が音楽を担当し、数々の名曲に独自アレンジを加えている。「鴨川ホルモー」などに出演、ロッテ『Fit’s』CMの振付で知られるダンサーのパパイヤ鈴木が振付を担当。脚本は「花より男子 ファイナル」の宅間孝行。
f0064229_13414554.jpg

あらすじ
富豪のひとり娘で天使のように純真無垢なお嬢様・早乙女愛(武井咲)は、復讐を誓い単身上京した、額に一文字の傷がある不良の誠(妻夫木聡)の鋭い眼差しを一目見たときから恋に落ちる。身の上も性格も何もかも違う二人。境遇の違いをまざまざと感じさせるような出来事や命を賭して彼女を愛するという岩清水(斎藤工)の存在もあるが、愛は決して一途な心を曲げない。己の拳以外誰も信じない頑なな誠に、全身全霊をかけて愛する愛の心は通じるのか?
[PR]
by hageuz | 2012-06-16 13:41 | 映画 | Comments(0)