はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

不都合な真実

f0064229_2343213.jpg
元副大統領、アル・ゴア氏が主演したドキュメンタリー映画です。最近では環境破壊をテーマにしたTV・NEWSが多く珍しくもないテーマでしたが、映画としてドキュメンタリーを制作するのは珍しいと感じ観に行きました。
この手の映画が少ないこともあり中身についてはコメントしません(真実に対して良し悪しを語れないし作品としてどうこうも言いづらいので(-_-;)。ただし、通常料金で上映して興行的にどうなのかは個人的には疑問です。
【イントロ】
多くの政治家たちが耳を貸そうとしない“不都合な真実”。しかし、私たちが日々の暮らしの中で小さな努力を重ねることで、地球を変えていける、とゴアは訴える。それぞれの問題は日常生活の中でつながっており、車の排気ガスを減らしたり、自然エネルギーを取り入れることで、事態は確実に改善されていく。地球の未来を信じているからこそ、立ち上がった孤高のサムライ。「不都合な真実」はそんな男の勇気と希望に満ちた闘いを温かい視点で見せる異色作だ。
[PR]
# by hageuz | 2007-01-20 23:04 | 映画 | Comments(0)

SAW2,SAW3

日本公開の際にはR15指定になっていたような記憶がありますが、久々に面白いホラーサスペンスだった記憶があります。その後パート2・3と映画になりましたがなんとなく見逃していたので小説を一気に読んでしまいました。こりゃ映画観なくっちゃ!
かなり良く練りこまれていますよこの話は・・・
f0064229_20592948.jpg

SAW
解説: 密室で足を鎖でつながられた2人の男が直面する究極の選択と苦悩を描いたスリラー。ともにオーストラリア出身のジェームズ・ワン監督と主演の『マトリックス リローデッド』のアクセル役、リー・ワネルはこの作品で一躍脚光を浴び、低予算での製作映画ながら全米2000館で公開。全く先の読めないストーリー展開とスタイリッシュな映像は必見。
SAW2
出版社 / 著者からの内容紹介
謎はすべて明かされる! 前作をはるかに超える衝撃!
刑事エリックの下に殺人事件発生の報が来る。現場には惨殺したいが転がっていた。その手口は残虐極まりなく、頭部が半分欠如していた。刑事の頭に、世の中を騒がせた連続殺人犯ジグソウの影がちらつくが…。
内容(「BOOK」データベースより)
ある猟奇殺人事件の捜査にあたっていた刑事エリック。その陰惨極まる殺人現場を目にした彼の頭を、ひとつの名前がよぎる。「ジグソウ」。複数の犠牲者を出し、あらゆる人々を恐怖のどん底に突き落とした、史上類を見ない狂気の殺人者。今回の事件は、ジグソウが仕掛けた新たな「ゲーム」なのか?全世界で大ヒットの話題作、ついに続編登場。
f0064229_2101123.jpg

SAW3
出版社/著者からの内容紹介
いよいよ【ファイナル・ゲーム】か? 最後のゲームはジグソウの死で完結するのか? 絶頂に達するソリッド・シチュエーション・スリラーの傑作!
内容(「BOOK」データベースより)
女刑事ケリーは、小学校でおこった殺人現場に呼び出される。鎖に繋がれ、爆弾で飛び散っていた死体が行方不明となっていたエリック刑事でなかったことに、胸をなでおろす。しかし、ジグソウはもう動けないはずなのに、いったい誰が?その日の夜、ケリーは何者かに拉致され、気が付くと、どこかの地下室に監禁されていた…。新たなゲームが、スタートしたのだろうか。
f0064229_2103625.jpg

[PR]
# by hageuz | 2007-01-11 21:02 | | Comments(0)
実は本日結婚21周年記念日です。結婚式当日は南国九州の久留米で20年ぶりくらいの大雪。前夜から降り積もった雪が朝には30センチほどになっていました。いやーな予感がしながら式場に行き友人を待っておりましたが、開始期時間に間に合った会社の同僚は1人だけ。ほかは全員30分遅刻。当日ビデオ撮影をお願いしていた友人はなんと1時間遅れ。(ということで結婚式のビデオは最初の1時間は全く存在していません(-_-;))
主賓でお願いしていた当時の所長は雪のため帰ってこれず、当時の上司(若干27歳)の課長代理が会社代表で祝辞!(普段褒めたことのない上司がウソばっかりで褒めちぎっていました。そのあとは会社の紹介?)
ようやく式も終わり二次会会場に向かうと親父がガラスドアに激突して頭を切って家で寝ているとの連絡で早々に30分で二次会から帰宅。
数週間後、結婚記念写真を見ると酔っ払って赤い顔しめがねがずれた私とカメラとは違うほうを向いている奥さん。あまりのひどさに二人で「封印」すると決意。本当に散々な日でした。
今思うと懐かしい思い出ですが・・・
f0064229_22444750.jpg

写真は結婚式を行った「魚よし」さんです。
[PR]
# by hageuz | 2007-01-05 22:47 | | Comments(0)

山ちゃん川崎砂子店

f0064229_6151688.jpg
手羽先有名店「山ちゃん」砂子店へ言ってまいりました。私自身は「風来坊」しか知りませんでしたのでかなり期待していました。風来坊とは仕上げ方が違う様でしたがなかなかおいしいと思います。(多少塩辛い感じはしましたが・・・)関東ではそれほどたくさん出店していないようですが、近くにいかれたらぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
【幻の手羽先】¥380
秘伝のタレとピリリと利いたコショウが味の決め手!創業より24年守り続けられた味(写真は5人前・1人前は5本になります)
f0064229_6153170.jpg
f0064229_616365.jpg

[PR]
# by hageuz | 2006-12-27 06:16 | | Comments(0)
f0064229_200945.jpg
昔からお付き合いしている社長と社員の方4名で久しぶりにお酒をいただきました。
ホテルメトロポリタン2Fにある「花むさし」でした。
たのんでいただいたのは「若狭の幸 豊漁会席 \11,000」です。
福井の旬の食材を随所に散りばめた「花むさし」特選会席。だそうです。
部屋は「欅(座敷個室) 8畳 」でした。
ご馳走になったんですが、自分ではなかなかいけないお店でした。そのあと
「オリエントエクスプレス」という重厚なバーで引き続きお酒をいただきました。
ヨーロッパを駆け抜ける豪華特急「オリエント急行」をイメージしたデザインの店内は、古き良き時代のインテリア。 かなり高価なお店でこちらも一人ではなかなか行けそうにないお店でした。
f0064229_202167.jpg

[PR]
# by hageuz | 2006-12-17 20:02 | | Comments(0)

硫黄島からの手紙

f0064229_19463341.jpg
個人的には第一作のほうが好きでした。あまりに悲惨に描けない配慮からかきれいに取られていました。渡辺謙は相変わらずかっこよい役でした。世間では二宮君が評価が高いのですがまぁまぁって感じでした。タイトルの「硫黄島からの手紙」は彼が書き綴って奥さんに送れなかった手紙がそのまま硫黄島に埋もれていたことから付いたタイトルでした。

解説: 第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる“硫黄島の戦い”を、日本側の視点から描いた戦争映画。硫黄島でアメリカ軍を悩ませた伝説の陸軍中将である栗林忠道と彼の部下たちによる死闘が描かれる。監督は『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッド。『ラスト サムライ』の渡辺謙、嵐の二宮和也ら、日本人俳優が出演する。イーストウッドが日米双方の視点から“硫黄島の戦い”を描く“硫黄島プロジェクト”第2弾作品としても注目だ。(シネマトゥデイ)
f0064229_19464975.jpg

[PR]
# by hageuz | 2006-12-17 19:47 | 映画 | Comments(0)

007/カジノ・ロワイヤル

f0064229_2238171.jpg
新ボンド(ダニエル・グレイグ)良かったです。従来の007とは全く異なる原点に戻った自らの体当たりアクション。今までのショーン・コネリーやロジャームーア007世代の人には受け入れられないかもしれませんが007なんて絵空事娯楽大作じゃないと思っている人はぜひ観ることをお勧めします。
解説: 英国諜報部に属する敏腕スパイ、ジェームズ・ボンドの活躍を描く人気スパイ・アクションのシリーズ第21弾。原点に戻った今作ではボンドが殺しのライセンスを持つ“007”になる前の物語から始まり、国際テロ組織の壊滅が初任務となるボンドの奔走を活写する。6代目ボンドに『ミュンヘン』のダニエル・クレイグ、ヒロインのボンドガールに『ルパン』のエヴァ・グリーン。豪勢なカジノを舞台に繰り広げられる駆け引きがスリル満点。(シネマトゥデイ)
[PR]
# by hageuz | 2006-12-11 22:38 | 映画 | Comments(0)

次女が大学に合格!

私事ですが、次女が大学に合格しました(自己推薦での受験でした!)
やったね!私の後輩になります。
「鶏口牛後」とはよく言ったもので、高校受験で希望の高校にいけなかったけどがんばった甲斐がありましたね。
来年早々から気をもんで過ごさなくて良くなりました!(^^)!
f0064229_20173811.jpg

[PR]
# by hageuz | 2006-12-06 20:18 | | Comments(0)

ラゾーナ(LAZONA)川崎

新しく出来たショッピングモール?ということで出かけてきました。会社の部下から奥様といっても退屈しないですよ!と薦められウロウロ3時間ほどおりました。
目的がなくこんな場所に来るとやはり買うものはないですね~。結局妹の子供へ贈るクリスマスプレゼントを買って昼食をとった位でした。

f0064229_21292189.jpg


【柿安口福堂】
女房がTVで石塚さんが食べていたよ!と唯一情報があったお店でおはぎを買いました。結構おいしかったですよ(1個130円ナリ~)
主な取扱商品 おはぎ・わらび餅
フロア 1F グラン・フード
TEL 044-520-8267
営業時間 10:00 - 21:00

f0064229_2129359.jpg


【中国名菜 陳麻婆豆腐】
創始1862年、麻婆豆腐の源流。本場の旨味と刺激をカジュアルに!
昼食はここでマーボー丼(単品)を食べました。大盛は食べないほうがいいですよ。普通でも結構量があります。でも麻婆豆腐は少ないけど・・・

主な取扱商品 陳麻婆豆腐飯
フロア 1F ダイニング・セレクション
TEL 044-874-8054
営業時間 10:00 - 22:00
HP http://www.chenmapo.com
座席数 ※フードコート
予約 不可
お子様メニュー なし
[PR]
# by hageuz | 2006-11-28 21:32 | | Comments(0)

プラダを着た悪魔

予告編から面白そうだなぁ!と思っておりました。基本的にラブコメは好きなのでそっち系の作品かなぁと思っていたら、わりかし上司と部下をコミカルタッチで軽ーいノリで撮った感じでした。抜群ではないけれど行きつの映画館が7周年記念とかで1000円でしたので払った金額相当の作品かなぁ?アン・ハサウェイは」プリティ・プリンセス」以外に作品を観たことがなかったのですがメリル・ストリープに負けじとがんばっていましたよぅ!あいちゅいましぇーん!(^^)!

【STORY】歴史に並みいる上司にしたくない上司のなかでも最低最悪の上司を描いた、愉快でおしゃれな小説。
大学出たてのいなか娘アンドレア・サックスは、「百万人の女の子が羨望のまなざしを贈る」職をものにした。ランウェイ誌の編集者として大成功を収めた、かの有名なミランダ・プリーストリーのアシスタントに採用されたのだ。アンドレアが勤務することになった編集部は、どこを向いても「プラダ!」「アルマーニ!」「ヴェルサーチ!」という叫び声が飛び交い、信じられないほどスレンダーで、胸がきゅんとなるほどおしゃれな女性たちと、長年の熱心なジム通いの成果を見せつける、細かいリブ編みのタートルネックセーターとタイトな革パンツ姿のさっそうとした男性たちであふれかえっていた。ところが、その流行の最先端を行く洗練された編集部員たちのだれもが、ミランダの一声でいともたやすく、おびえてべそをかく子どものようになってしまう。

f0064229_2116438.jpg

[PR]
# by hageuz | 2006-11-28 21:17 | 映画 | Comments(0)