はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

2018年 09月 17日 ( 1 )

響 -HIBIKI-

最近、青春映画を中心に活躍している月川翔 監督作品。君の膵臓をたべたい(2017年7月28日(金)公開)で注目している監督の一人。
センセイ君主2018年8月1日(水)公開、となりの怪物くん2018年4月27日(金)公開、君と100回目の恋 (2017年2月4日(土)公開)、黒崎くんの言いなりになんてならない (2016年2月27日(土)公開)、君と100回目の恋 (2017年2月4日(土)公開)とすごい勢いで作品を送り出していますが、彼の作り手としての才能を感じています。

今回の「響 -HIBIKI-」は「マンガ大賞2017」で大賞に輝いた作品とのことだが、いつもの通り原作は読んでいません(コミックはあまり読まないので)
原作自体は知らないが、響という天才作家高校生は非常に愉快で観ていて気持ちが良かった。欅坂46の平手友梨奈さんが演じているんですが彼女自身のキャラクターがそのまま生き写しになっているかと見まがうほどのクールでいて正義に厚い女子高校生がはまりました。決して美人系のアイドルとは思いませんが、次作にも非常に期待します。女の子らしい役を観てみたい。世の中の大人の常識の中で暮らしている我々が思ってもできないストレートな行動がスカッとできる良い作品でした。
月川翔 監督作品にも期待しています。

f0064229_09260768.jpg
【作品情報】

「マンガ大賞2017」で大賞に輝いた柳本光晴の人気コミックを、人気アイドルグループ、欅坂46の平手友梨奈主演で映画化した人間ドラマ。女子高生の響が、圧倒的な才能で文学界を揺るがしていく様が描かれる。北川景子が、響を一人前の小説家として育てようとする若手編集者を、アヤカ・ウィルソンが人気作家を父親に持つ響の友人を演じる。

f0064229_09260728.jpg
【あらすじ】
スマートフォンやSNSの普及により、活字離れが急速に進み、出版不況に陥った文学界。そこに1人の天才少女が現れる。その名は“響”(平手友梨奈)。まだ15歳の響の小説は、圧倒的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命をもたらす力を持っていた。響は、自分の生き方を絶対に曲げず、世間の常識や慣習に囚われて建前で生きる人々のごまかしを許さなかった。彼女の行動は、過去の栄光にすがる有名作家やスクープを求める記者、人生に挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、その価値観を変えていく……。
f0064229_09260602.jpg


[PR]
by hageuz | 2018-09-17 09:26 | 映画 | Comments(0)