はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

2018年 08月 17日 ( 3 )

マーベルの中では珍しい超人ではなく生身の人間の話。この作品が先なのかわかりませんが冒頭のシーンは「マッドマックス」と全くおんなじ設定。
FBI潜入捜査を逆恨みした資産家ハワード・セイント(ジョン・トラヴォルタ)へ復讐するという単純な話。これでもかと痛めつけられても死なないのがマーベルコミックならではか?できれば死なない理由に生身の人間でなく何か理由が欲しかった。
f0064229_16184486.jpg
【作品情報】

超人ではなく、生身の人間を主人公にしたアメコミの人気作を実写映画化。法で裁けない悪人を成敗する、“パニッシャー”となった男の壮絶な闘いを描く。

原題The Punisher
製作年2004年
製作国アメリカ ドイツ
配給ソニー・ピクチャーズ
上映時間123
フランクの父親を演じたロイ・シャイダーの遺作でもあった。劇場公開時の反響は少なかったが、ビデオソフトやDVDでのヒットから続編製作が決定。これが紆余曲折の末、『パニッシャー: ウォー・ゾーン』となった。また、主演のトーマス・ジェーンは後年にも自主制作映画(後述)にて再びパニッシャーを演じた。
f0064229_16184474.jpg
【あらすじ】
裏社会を支配する資産家ハワード・セイント(ジョン・トラヴォルタ)。ある夜、彼の溺愛する息子ボビー(ジェームズ・カルピネロ)がFBIによって殺された。怒り狂うセイントは、ボビーを死に至らしめたFBI潜入捜査官フランク・キャッスル(トム・ジェーン)の一家を虐殺。家族を失ったキャッスルは、セイントを法律では十分に罰しきれないことを知り、闇の私刑執行人パニッシャーへと生まれ変わる。身を隠しているアパートの住人、ジョアン(レベッカ・ローミン=スミス)、デイヴ(ベン・フォスター)、バンポ(ジョン・ピネット)の暖かい友情に恵まれつつも、キャッスルはセイントを制裁する機会を狙っていた。一方、キャッスルが生き延びていることを知ったセイントは、2人の殺し屋、ハリー・ヘック(マーク・コリー)とザ・ロシアン(ケヴィン・ナッシュ)を送り込む。それを交わしたキャッスルは、セイントの妻リヴィア(ローラ・ハリング)と、彼の右腕であるクエンティン・グラス会計士(ウィル・パットン)の行動を追う。そしてクエンティンがゲイであり、それをセイントに隠していることを知った。キャッスルはクエンティンを脅迫。そして彼とリヴィアが浮気しているとセイントに思い込ませた。かくしてセイントはリヴィアとクエンティンを自ら殺害。そのあとキャッスルがセイントを殺害した。そしてキャッスルは、自殺を思い止まり、法で裁けない悪人たちを制裁していくことを決意するのだった。

[PR]
by hageuz | 2018-08-17 16:19 | 映画 | Comments(0)
タイトルのパークランドはケネディーが運び込まれた病院の名前。ここに勤務する医者や看護師の対応と感情、大統領周辺のスタッフが暗殺後の4日間どうしていたのかを映像化した作品。エイブラハム・ザプルーダー(ポール・ジアマッティ)がパレードを8ミリで撮影していたためFBIに協力することになるが・・・従来のケネディ暗殺を違う視点で描いた点は面白かった。暗殺の瞬間から搬送先でのドタバタはかなり生々しいものがあり、事件に関わった人々の運命が大きく変化するのですが暗殺犯のオズワルドは早々に殺されてしまうので周辺のヒューマンドラマになっている。大統領の死を悲しむ国民や、亡骸に誠意を尽くそうとする関係者など、就任期間は短いながらも、人を魅了し愛されたケネディの一面が偲ばれる描き方は当時のアメリカ市民の感情がそうだっただろうと想像できた。
f0064229_16070661.jpg
【作品情報】
全世界に衝撃を与えた、アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディの暗殺事件。いまもなお多くの謎が残るケネディ大統領と容疑者とされるオズワルドの暗殺の真相に迫る社会派ドラマ。長年、ジャーナリストとして活躍してきたピーター・ランデズマンが、まったく新しい視点から事件の裏側に迫っていく。
パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間(2013)アメリカ】
原題:Parkland
監督:ピーター・ランデズマン
出演:ザック・エフロン/ビリー・ボブ・ソーントン/;ポール・ジアマッティ/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ジャッキー・ウィーヴァー
日本公開:2014/初夏
f0064229_16070600.jpg
【あらすじ】
1963年11月22日、アメリカ大統領ジョン・F・ケネディがジャクリーン夫人とジョンソン副大統領とともにテキサス州ダラスを訪れるということで、街は熱気に包まれていた。エイブラハム・ザプルーダー(ポール・ジアマッティ)はパレードを撮影しようと、所有する8ミリカメラを携えディーリー・プラザへと向かう。大統領夫妻を乗せたリンカーン・コンティネンタルが見えてきたそのとき、銃声が鳴り響いた。凶弾に倒れたケネディ大統領は市内のパークランド病院に搬送され、懸命な救命措置を受けたものの、帰らぬ人となる。突然の悲劇に、街は混乱し、全世界に衝撃が走った。急遽大統領職を委任されたジョンソン副大統領、警備にあたっていたシークレット・サービス、リー・ハーヴェイ・オズワルド容疑者を別件でマークしていたFBI捜査官、そしてオズワルドの家族は、この事件を境に運命を大きく変えていく。2日後、リー・ハーヴェイ・オズワルドが銃撃され、奇しくもケネディ大統領と同じくパークランド病院に搬送されてくる……。

[PR]
by hageuz | 2018-08-17 16:07 | 映画 | Comments(0)

ペンギン・ハイウェイ

小説をアニメ化ということらしいが、話自体はずいぶんぶっ飛んだ設定。しかしながら何だろう、甘酸っぱいアオヤマ君の年上のお姉さんへの恋心?胸に関心が向くエピソードなど小学生くらいの男の子の感情に共感できる。あのころ年上のお姉さんって身近にいたら結構ドキドキするんですよね。物を投げるとペンギンに変身するっていう突拍子もない話なんですが、となりのトトロのような感じだと思えばアニメなら成立するんだな。オチに関してはモヤモヤを感じるけどこの手の作品の落としどころは難しい。私好きです。この作品。
f0064229_15513840.jpg

【作品情報】
『夜は短し歩けよ乙女』など数々の映像化作品で知られる、森見登美彦の小説をアニメ化した青春ファンタジー。海のない街に突然現れたペンギンの謎を解明しようとする少年のひと夏の成長を描く。新鋭・北香那が主人公の少年アオヤマ君役で声優に初挑戦するほか、事件の鍵を握るミステリアスな女性の声を蒼井優が演じる。
f0064229_15513934.jpg
【あらすじ】
小学四年生のアオヤマ君(声:北香那)は、1日1日、世界について学び、それをノートに記録する。利口な上、毎日努力を怠らずに勉強するので、大人になったときにどれほど偉くなっているのか、見当もつかない。そんなアオヤマ君は、通っている歯科医院の“お姉さん”(声:蒼井優)と仲良し。“お姉さん”は大人びた賢いアオヤマ君を、ちょっと生意気なところも含めて可愛がっていた。そんなある日、アオヤマ君の住む郊外の街に、ペンギンが出現する。海のない住宅地に突如現れ、そして消えたペンギンたちは、一体どこから来てどこへ消えたのか……。その謎を解くため、研究を始めるアオヤマ君。そして、“お姉さん”が投げたコーラの缶が、ペンギンに変身するのを目撃する。ポカンとするアオヤマ君に、笑顔のお姉さんは告げる。“この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?”“お姉さん”とペンギンの関係とは……?そして、アオヤマ君は謎を解くことができるのか……?
f0064229_15513911.jpg

[PR]
by hageuz | 2018-08-17 15:52 | 映画 | Comments(0)