はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

2018年 05月 18日 ( 1 )

のみとり侍

相変わらず活舌の悪い阿部さんですが、今作品でも思いっきりやってます。とはいえ話としてはなかなか面白い設定でした。のみとり禁止令でとらえられた小林寛之進(阿部寛)が如何にして逃れられるのかがポイント。話としては単純ですが町人と武士の人情劇のようなテイストが良かった。とはいえ宣伝の量には見合わない程度の内容。興行的にはうまくいくのかなぁ・・・地上波ではギリあるかどうかですから劇場かDVDですね。

f0064229_13335345.jpg
【作品情報】
女性をもてなす裏稼業“猫の蚤取り”をするはめになった男の悲喜こもごもを描く、阿部寛主演のユニークな時代ドラマ。お上の逆鱗に触れて左遷させられた男が、猫の蚤取りという仕事に従事するなかで、そこで出会った人々との触れ合いを通して、新たな生きがいを見出していく様がつづられる。監督は『後妻業の女』など社会派ドラマを得意とする鶴橋康夫。

f0064229_13335240.jpg
【あらすじ】
越後長岡藩のエリート藩士・小林寛之進(阿部寛)は藩主・牧野備前守忠精(松重豊)主催の和歌の会に出席するが、そこで運悪く忠精の期限を損ねてしまい、江戸の裏稼業・猫ののみとりをするよう命じられる。途方に暮れる寛之進は、長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛(風間杜夫)とその妻・お鈴(大竹しのぶ)の元で働くことになる。猫ののみとりとは、猫ののみを取る職業だが、実態は床で女性に愛を届ける裏稼業だった。寛之進は住む場所も失ったが、子供たちに無償で読み書きを教える佐伯友之介(斎藤工)や長屋の人々の助けを借り、“のみとり”としての新しい生活を始める。ほどなくして寛之進は、亡き妻・千鶴にそっくりなおみね(寺島しのぶ)と運命的な出会いを果たす。おみねが初めての“のみとり相手”となるが、開始早々、「下手くそ!」と罵られてしまう。落ち込む寛之進の前に、妻・おちえ(前田敦子)に浮気を封じられた恐妻家・清兵衛(豊川悦司)が現れる。欲求に忠実な清兵衛に、寛之進は女の喜ばせ方を教えてほしいと頼み込む。その甲斐あり、寛之進の“のみとり”技術はめきめきと上達し、一人前になっていく。しかし、老中・田沼意次(桂文枝)が失脚すると、急遽“のみとり”禁止令が敷かれる。寛之進たちは一転、犯罪者として窮地に立たされてしまう。


[PR]
by hageuz | 2018-05-18 13:34 | 映画 | Comments(0)