はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

2018年 05月 03日 ( 1 )

君の名前で僕を呼んで

青春の甘酸っぱさの相手は男性でした。ってところがこの映画の肝なのか?思春期のエリオの青臭さは十分感じられましたが、この手の作品はコンパクトさが命。132分は長いね。エリオとオリバーの心理描写にこれだけの時間はいらないんじゃないのかな。アカデミー賞作品だけど皆さんのような高い評価はできないなぁ
やはり青春の甘酸っぱさは男子と女子じゃなきゃな~
連休中で観客は満員。みんなどう思って観てるのかなぁ。私はお勧めしません。

f0064229_16333054.jpg
【作品情報】
名匠ジェームズ・アイヴォリーが脚色を手がけ、第90回アカデミー賞で脚色賞に輝いた青春ドラマ。1983年の北イタリアを舞台に、大学教授の父親の助手として一緒に暮らすことになった24歳の大学院生に思いを寄せる17歳の少年のひと夏の恋が描かれる。主人公の少年を演じたティモシー・シャラメはアカデミー賞主演男優賞候補にもなった。

【あらすじ】

f0064229_16333027.jpg
1983年の夏。17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は、例年のように両親と一緒に北イタリアを訪れ、母が相続した歴史あるヴィラで過ごしていた。父パールマン(マイケル・スタールバーグ)は、アメリカで教鞭を取るギリシア=ローマの美術史学専門の大学教授で、母のアネラ(アミラ・カサール)は翻訳家。自然に恵まれた環境の中で、エリオに高い教養に身に付けさせたいという両親の考えにより、クラシック音楽を編曲したり、ピアノやギターを演奏したり、読書をしたり……。その一方で、時には夜遊びをしたり、近くに住むフランス人のマルシア(エステール・ガレル)とふざけ合ったりするのが、エリオの夏の過ごし方だった。そんな彼の前に、アメリカからやってきた24歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)が現れる。エリオの父は毎年、研究を手伝ってくれるインターンをヴィラに連れてくるのだが、オリヴァーはそのインターンだった。エリオの隣の部屋に泊まることになったオリヴァーは、これまでのインターンよりも知的で、振る舞いも自信に溢れているように見えた。そしてある日、マルシアやキアラ(ヴィクトワール・デュボワ)らと共にバレーボールをしている最中、冗談半分のようにオリヴァーがエリオの裸の肩に触れる。これを機に、互いの存在を意識するようになる2人。時に意地悪をしたかと思えば、互いに気を引こうとしてキアラやマルシアを誘ってみたり……。エリオとオリヴァーの間には、まるで不思議な磁石があるように、引きつけ合ったり、反発したりを繰り返した。そして、ある王女に熱烈な恋をした騎士の物語をアネラが読んでくれたことをきっかけに、ついにエリオはオリヴァーに自分の想いを打ち明ける。オリヴァーも同じ気持ちを抱いていた。まばゆい夏の光の中で、激しく恋に落ちる2人。しかし、夏の終わりと共に、オリヴァーの去る日が近づいていた……。
f0064229_16333086.jpg


[PR]
by hageuz | 2018-05-03 16:34 | 映画 | Comments(0)