はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

(500)日のサマー

恋愛映画として観るべき映画と進められている作品。時間遡り系映画の新境地で観客は時間軸をしっかり理解していないと混乱するが、その分は無しに集中出る。自分にはなかった恋愛観。新鮮でスマートな感覚のほろ苦い恋愛気分は今どきの若者に当てはまるのかな。男女関係になるとどうしても男性のほうが征服欲が出てしまうと思いますが、サマー・フィン(ズーイー・デシャネル)のような女性だときっとうまくいかないだろうな。
実はこの作品は冒頭に「これは恋愛小説ではなく、ボーイ・ミーツ・ガールの物語」と説明されている。男女が成長する様を描いている視点で見れば秀逸のヒューマンドラマかもしれない。
f0064229_13091188.jpg
【作品情報】
f0064229_13091107.jpg
【あらすじ】
グリーティングカードの会社に勤めるライター、トム・ハンセン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が、初めてサマー・フィン(ズーイー・デシャネル)に会ったのは、会社のボスが新しいアシスタントとして彼女を紹介した時だった。それがサマーとの1日目。トムは一目で恋に落ちた。4日目。エレベーターの中でトムのヘッドフォンから漏れる音を聴いたことから、次第に会話を交わすようになる二人。28日目。カラオケパーティの席で、トムはサマーに恋人がいないことを知るが、彼女は愛を信じていなかった。しかし、サマーは「友達になって」とトムにキスをする。34日目。二人は一緒にIKEAへ行き、展示されているソファに並んで腰かけたり、ベッドに寝そべったりして新婚夫婦ごっこを楽しんだ。「真剣につきあう気はない」と言うサマーに、トムは「気楽な関係でいい」と答える。109日目。サマーが初めて自分の部屋にトムを招き入れ、トムは、二人の間を隔てる壁が一気に低くなった気がした。259日目。バーでサマーに言い寄る男をトムが殴ったら、逆にやり返されてしまう。「二度とこんなことをしないで」と怒るサマー。二人の間に埋められない溝があることは確かだった。しばらくして、トムはサマーが会社を辞めたことを知る。悪友のポール(マシュー・グレイ・ガブラー)やマッケンジー(ジェフリー・エアンド)の勧めに従い、新しい恋人をつくろうとするトム。だが、トムはどうしてもサマーが忘れられない。402日目。同僚の結婚式へ向かう電車内で、トムはサマーと一緒になり、サマーからガーデンパーティに誘われる。408日目のパーティ当日、トムは彼女の心が自分から完全に離れてしまったことを悟る。その後、トムは会社を辞め、夢だった建築家の道へ進むべく就職活動を始める。お気に入りのベンチに座って、未来の自分を想うトム。と、そこにサマーが現れた。長かった“500日の夏”がようやく終わろうとしていた……。
f0064229_13091198.jpg


by hageuz | 2018-12-30 13:09 | 映画 | Comments(0)