はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

来る

来る?何が・・・予告編を観ても何が来るのかよくわからず、とはいえ観ないわけにはいかないといってきました。なるほど「来る」のはそれなのねって感じ。サスペンスホラージャンルだけどそれほど怖いシーンがあるわけではなく、なんとなく全編に流れる空気感が怖い。中島監督は告白や嫌われ松子の一生で存在感を発揮している監督ですが、前作の渇きでは少し期待を裏切られました。今作品も得意ジャンルじゃないだけになんとなく完成度が十分ではなかったかな。しかしながら、真琴演じる小松菜奈や松たか子など中島監督作品に出てきた女優陣がなんとも言えない役どころで好演してました。おそらく興行的にはうまくいかないだろうし、評価もそれほど高くないでしょうが次回作に期待します。ぜひまたホラーに挑戦してほしいなぁ。
f0064229_16091573.jpg
【作品情報】
『告白』の中島哲也監督が、岡田准一をはじめ、豪華キャストを迎えて描くサスペンス・ホラー。声と形をまねて、人の心の闇に迫り来る怪物と、霊媒師たちの戦いが繰り広げられる。岡田が怪異現象を目の当たりにするオカルトライターを、霊媒師の血をひくキャバ嬢役の小松菜奈やその姉で霊媒師役の松たか子も強烈なキャラクターを演じている。
f0064229_16091540.jpg
【あらすじ】
香奈(黒木華)との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)が勤める会社に謎の訪問者が現れる。取り次いだ後輩の伝言は「チサさんの件で」とのことだったが、秀樹の脳裏に疑問がよぎる。チサとは、妊娠した香奈と喜び勇んでつけたばかりの娘・知紗の名で、まだ二人しか知らないはずであった。結局、訪問者の正体はわからぬまま、“それ”と会話した後輩は謎の死を遂げる……。2年後。イクメンパパとして知紗を溺愛する秀樹の周囲で、超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起こり始める。何かに狙われているのではないかと恐れた秀樹は、オカルトライターの野崎(岡田准一)と、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴(小松菜奈)とともに調査を開始。だが、田原家に憑いている“何か”は想像をはるかに超えた強大なモノだった。民族学者・津田(青木崇高)によると、その“何か”とは、田原家の故郷の民族伝承に由来する化け物ではないかという。そんななか、真琴の姉で、国内最強の霊媒師・琴子(松たか子)の呼びかけで、全国から猛者たちが次々と田原家に集結。かつてない規模の“祓いの儀式”が始まろうとしていた……。
f0064229_16091478.jpg

by hageuz | 2018-12-09 16:09 | 映画 | Comments(0)