はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

カメラを止めるな!

2018年6月23日より劇場公開され評判がよく全国拡大になった作品ということで観に行ってきました。最初の37分間の「ワン カット オブ ザ デッド」がこれまたくだらなさ満開で三流ホラー映画そのもの。これだけ観たら相当残念な作品ですが、この後の1時間でこの映像が生まれる舞台裏が明かされていくという仕立て。この種明かしが評価されているんだろうと思います。計算された演出はマイナーな映画ファンだけでなく面白いと感じる人が多いんだろうな。佳作です。
f0064229_15314725.jpg

【作品情報】
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018ゆうばりファンタランド大賞を受賞したサバイバル・コメディ。山奥の廃墟に来た自主映画クルーはゾンビ映画の撮影を開始。やがて本物のゾンビが現れクルーを襲撃しても、監督は嬉々として撮影を続行するが……。ワンシーン・ワンカットで描かれる思わぬ事態に直面する撮影隊の様子と、その裏側をコミカルに描写。監督・俳優養成スクールENBUゼミナール主催のシネマプロジェクト第7弾として制作された。監督はオムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」内の1編「猫まんま」を手がけた上田慎一郎。劇中内の作品「ワン カット オブ ザ デッド」は、ゆうばり叛逆映画祭2018特殊効果賞、優秀作品賞を受賞した。2017年11月4日より開催されたイベント上映を経て、2018年6月23日より劇場公開。2018年8月3日より全国拡大ロードショー(配給:アスミック・エース=ENBUゼミナール)。
f0064229_15314742.jpg
【あらすじ】
ゾンビ映画撮影のため、山奥にある廃墟にやってきた自主映画のクルーたち。監督は本物を求めてなかなかOKを出さず、ついに42テイクに至る。と、本物のゾンビが現れ撮影隊に襲いかかった。次々とクルーの面々はゾンビ化していくが、監督は撮影を中止するどころか嬉々として撮影を続行。37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービーを撮った彼らとは……。
f0064229_15314744.jpg

[PR]
by hageuz | 2018-08-15 15:32 | Comments(0)