はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ゲティ家の身代金

実話にフィクションを加えているとのことですが、肝心の「誘拐劇」については、結構平凡で犯人組織もわかりにくく、一貫してテンポが悪くで退屈です。
話としての見どころは母親が必死で息子を助けようとすることろなのでしょうがうまく演出できていないと感じます。実話って映画化するとうまくいかないことが多いのですが、これもまたそうなってしまいました。リドリー・スコット監督の最近の作品は冗長で以前のようなキレのある作品がなくなってきたと感じるのは私だけでしょうか。アメリカン・ギャングスター以降ほぼ駄作。せっかくTOHO日比谷の1番スクリーンまで見に行ったのに残念でした。

f0064229_16535276.jpg
【作品情報】
1973年にローマで起きた石油王ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を、巨匠リドリー・スコット監督が映画化した人間ドラマ。孫が誘拐されるも、身代金の支払いを拒否するゲティと誘拐犯に戦いを挑む母親の姿が描かれる。息子を助けようと奮闘する母親をミシェル・ウィリアムズ、大富豪ゲティをクリストファー・プラマーが演じる。
f0064229_16535207.jpg

【あらすじ】
“世界中のすべての金の手にした”と言われた世界一の大富豪、石油王のジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)の17歳の孫ポールが誘拐され、1700万ドルという破格の身代金を要求される。しかし、大富豪であり稀代の守銭奴でもあるゲティは、その支払いを拒否する。ポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は離婚によりゲティ家を離れ、一般家庭の人間になっていた。彼女は息子のために誘拐犯だけでなく、ゲティとも戦うことになる。警察から狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、ゲイルは疲弊していく。一方、身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身が危なくなっていた。ゲティはそれでも頑なに身代金を支払おうとしない。ゲイルは愛する息子のため、一か八かの賭けに出る。

f0064229_16535164.jpg


[PR]
by hageuz | 2018-05-27 16:54 | 映画 | Comments(0)