はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

恋は雨上がりのように

原作は読んだことがなく大泉さんが好きで観に行きましたが、個人的には結構好きでした。
とくに小松菜奈さんの陸上選手の設定が抜群でアスリート役としてスレンダーなだけでないキレのある足り方が素晴らしい。また、菜奈ちゃんの眼力はすさまじく魅力的かも。
年上の男性にあの雨上がりの設定だけで恋に落ちたとしたら免疫なさすぎって感じですが、好きになるのに理由はいらないですからね。
変に男女関係やキスシーンもなく高校生の好きっていう感情を誠実なファミレス店長が大人対応しているところが良いです。おじさんあるあるをところどころに織り込みながらラストの落としどころも納得でした。メールくらいはいいよね?

f0064229_16410027.png
【作品情報】
女子高生とバツイチ中年男との純愛を描き、テレビアニメにもなった眉月じゅんの人気コミックを、小松菜奈&大泉洋主演で映画化したラブストーリー。『世界から猫が消えたなら』の永井聡監督が、ファミレスを舞台に年上の店長と彼に思いを寄せる女子高生の不器用だがまっすぐな思いを丁寧に描き出す。
f0064229_16410181.jpg

【あらすじ】
高校2年生の橘あきら(小松菜奈)は、アキレス腱を負傷し陸上の夢を断念せざるをえなくなる。偶然訪れたファミレスで放心するあきらに店長の近藤正己(大泉洋)が優しく声をかけたことをきっかけに、あきらはその店でアルバイトを始めた。28歳も年上のバツイチ子持ちの近藤にあきらは密かに恋心を抱くが、近藤は一見クールな佇まいの彼女から好意を持たれているとは思ってもいなかった。近藤への思いを募らせついに告白するあきら。しかし近藤は戸惑い、彼女の思いをそのまま受け止めることができない。それでもあきらの真っ直ぐな思いは、二人の心の距離を縮めていく。陸上と向き合うことを避けてきたあきらとかつて抱いていた小説家の夢から目を背けてきた近藤の関係は、それぞれ自分自身を見つめなおすきっかけとなる。

f0064229_16410070.jpg


[PR]
by hageuz | 2018-05-27 16:41 | 映画 | Comments(0)