はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

グレイテスト・ショーマン

やはりミュージカルはハッピーエンドでなくっちゃね!『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主題歌賞を受賞したコンビでの新作ミュージカル。
洋服の仕立て屋の息子として貧しいながらも夢を追いかけてきたバーナム(ヒュー・ジャックマン)が幼馴染だが裕福な家に育ったチャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)と一緒になってからの成功と挫折の物語。女性だけど見た目がひげおやじだったり全身入れ墨だったりと世間の目から隠れて生きていた人々をサーカスショーの世界で一躍メジャーにして成功するが・・・ミュージカルらしい脚本と音楽で観客を楽しませてくれます。抜群って程ではありませんが非常に観ていて楽しくリラックスして観ていられる作品でした。
f0064229_14182664.jpg
【作品情報】
19世紀なかばのアメリカでショービジネスの原点を築いた実在の興行師、P.T.バーナムをヒュー・ジャックマンが演じるミュージカル映画。他の人には真似のできない個性を持ったエンターテイナーを集めた型破りなショーで人々を驚かせたバーナムの半生が語られる。『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主題歌賞を受賞したコンビが楽曲を手がける。
f0064229_14182562.jpg

【あらすじ】
19世紀半ばのアメリカ、P.T.バーナム(ヒュー・ジャックマン)は幼なじみの妻チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)を幸せにしようと挑戦と失敗を繰り返してきたが、オンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。しかし、バーナムの型破りなショーには根強い反対派も多く、裕福になっても社会に認めてもらえない状況に頭を悩ませていた。そんななか、若き相棒フィリップ(ザック・エフロン)の協力により、イギリスのヴィクトリア女王に謁見するチャンスを得る。バーナムはレティ(キアラ・セトル)たちパフォーマーを連れて女王に謁見し、そこで美貌のオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)と出会う。彼女のアメリカ公演を成功させれば、一流のプロモーターとして世間から一目置かれる存在になると考えたバーナムは、ジェニーのアメリカ・ツアーに全精力を注ぎ込むため、団長の座をフィリップに譲る。フィリップは一座の花形アン(ゼンデイヤ)との障害の多い恋に悩みながらも、ショーを成功させようと奮闘する。しかし、彼らの行く手には、これまで築き上げてきたものをすべて失うかもしれない波乱が待ち受けていた……。
f0064229_14182657.jpg

[PR]
by hageuz | 2018-02-17 14:18 | 映画 | Comments(0)