はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

エイトレンジャー2

エイトレンジャーの第2弾。最初に観たときあまりにくだらないので絶対観ないと思っていましたが、シネマイレージが6000マイルを超え9月はすべて無料で観れるのでとりあえず観てきました。
やっぱりくだらない。ただ、1作目に比べればかなりまともになってました。ファンなら見慣れた戦隊パロなのでしょうがかなりきついキャラ設定。前田敦子の学芸会以下の演技など突っ込みどころが多すぎて・・・
無理に作品として作ろうともがいた揚句「あっちゃ~」となってしまった代表みたいなものです。何故パープルじゃなくナス?なぜグリーンは薩摩弁?
会場には女性しかいませんでしたので、ファンしか見ないんじゃないかと思います。ファンしか見てないのでそこそこ評価がいい。騙されないでね!
f0064229_16402326.jpg

【作品情報】
人気アイドルグループ、関ジャニ∞が長年、コンサートで披露してきたスーパー戦隊のパロディを堤幸彦監督が劇場映画化し、話題を呼んだSFアクションの続編。荒廃した近未来の日本を舞台に、とある街で起きた失踪事件の謎にエイトレンジャーたちが立ち向かう。事件を追う週刊誌記者役で前田敦子がヒロインを務める。
f0064229_16403370.jpg

【あらすじ】
近未来都市・八萬市(エイトシティ)。落ちこぼれの青年7人による雇われヒーロー“エイトレンジャー”は壮絶な闘いの末、治安を脅かしていた悪の組織“ダーククルセイド”を壊滅させ、一時の平和が街に訪れたかのように見えた……。5年後の2040年。八萬市は大鶴市長(赤井英和)が推進する「ゼロ・プロジェクト」によって、年間犯罪発生率0%という驚異的な記録を達成。街の救世主として祭り上げられたエイトレンジャーは、治安活動とは名ばかりの任務につく高給取りとなり、札束に美女、プライベートビーチと過去の貧乏生活からは想像の出来ない優雅な日々を過ごしていた。ブラック(横山裕)、ナス(村上信五)、オレンジ(丸山隆平)、ブルー(安田章大)、イエロー(錦戸亮)、グリーン(大倉忠義)……。だがその中にレッド(渋谷すばる)の姿はなかった。荒廃した日本を変革する平和のモデル都市として成長した八萬市だが、その陰で年間100人を超える行方不明者が発生している事実に週刊誌記者・西郷純(前田敦子)は気付いていた。失踪事件の真相を追いかける彼女は、生活が一変したエイトレンジャーの身辺を調べるため、彼らの秘書として潜入。調査を進める中、ブラックが消息不明となった鬼頭桃子(ベッキー)を探している事を知る。そんなある日、突如街で爆発事件が発生。街を清掃するダストボックスが狙われ、市民は騒然となる。街頭ビジョンには壊滅したはずのダーククルセイドの旗、そしてレッドが出現、「ただちにゼロ・プロジェクトを中止せよ。さもなくば処刑する」と訴える。突然の仲間の裏切りにエイトレンジャーの面々は困惑するが、真実を確かめるためレッドの潜伏先へと向かう。そこで彼らを待っていたのは“誰かを本気で救いたい心”で新スーツの力を解放したレッドの姿だった……。
[PR]
by hageuz | 2014-09-07 16:42 | 映画 | Comments(0)