はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

パシフィック・リム

まずおかしいのは森・マコ演じる菊地凛子が日本語と英語を織り交ぜての会話。そこで日本語ですか?という違和感が満載。芦田愛菜ちゃんは彼女の幼少期の役。あまりに顔変わりすぎ。ギレルモ・デル・トロ監督は日本のロボット特撮やアニメに傾倒しているのか?ガメラ映画に出てきたデストロイヤーそのもののような怪獣。
イェーガーは元祖鉄人28号からロボット戦隊系とそっくり。怪獣から身を守るために人類が作ったイェーガーが負けが込んでくると「進撃の巨人」のような城壁を作って身を守ろうとしているがあっけなく蹴散らされてしまう。突っ込みどころ満載ですがなぜかしら真剣に作られていることで笑えないシリアス感もあり評価しづらい作品。まあ、子供向け戦隊映画を実写版で観てると思えば楽しめますが・・・・
f0064229_17473743.jpg


【作品情報】
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロが、巨大生命体と巨大ロボットの戦いを描くSFアクション。深海から出現した巨大生命体に対抗するべく開発された巨大ロボット“イェーガー”のデザインは、日本のロボットアニメを彷彿させる。“イェーガー”のパイロット役で菊地凜子が出演するほか、芦田愛菜がハリウッドデビュー。
f0064229_17481036.jpg

【あらすじ】
2013年8月11日午前7時。太平洋の深海から突如現れた謎の巨大生命体によって、まずサンフランシスコ湾が襲撃された。打つ手のないまま3つの都市がわずか6日間で壊滅、人類は絶滅の危機に晒される。人類に残された道は“絶滅”するか“戦う”かのふたつしかない。そんな中、環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は、PPDC(パン・パシフィック・ディフェンス・コープ)を設立、専門家たちの英知を結集して人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。だが、人類をあざ笑うかのように、巨大生命体は次々と海底から姿を現し、破壊を繰り返す。巨大生命体の侵攻を食い止めるため、そして人類存続のため、モリ・マコ(菊地凛子)ら選ばれたパイロットたちは“イェーガー”に乗り込んでいくのだった……。
f0064229_17482889.jpg

[PR]
by hageuz | 2013-08-12 17:49 | 映画 | Comments(0)