はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

天使のくれた時間

BSサタデーシアターで放送されていました。2001年にVIDEOで観たときにいい作品だったと記憶していましたが内容はほとんど覚えていませんでした。今日見直してみて「なかなかの秀作」で、私の中にはこういう作品にあこがれていることを再認識してしまいました。
とにかくのの作品では恋人ケイト(ティア・レオーニ)の良妻賢母で自由に美しい姿が印象的。現在彼女は44歳なので作品当時は34歳。それにしてはあまりにも素晴らしいプロポーション!
大方はパラレルワールドが夢だったというパターンなのでしょうが、様々に伏線をはっているのでDVDできちんと見直してみませんか?いい作品だと思います。
f0064229_23191212.jpg

【STORY】
マンハッタンで大手金融会社の社長として活躍するやり手ビジネスマンのジャック(ニコラス・ケイジ)は、クリスマスイブの夜、仕事の帰り道に立ち寄ったスーパーで、奇妙な黒人青年キャッシュ(ドン・チードル)から換金できない当たり宝クジ券を買い取るはめになる。「これから起こることは、あんたが招いたことだ」と謎の言葉を残す青年。その晩、ジャックはいつものように眠りにつくが、翌朝目覚めると、全く見知らぬニュージャージー郊外の家にいることに気づく。隣で眠っているのは、なんと13年前に彼が冷たく縁を切った恋人ケイト(ティア・レオーニ)だった。
f0064229_23193486.jpg

NYの自分のマンションからは門前払いをくらい、会社では部下が社長の座に。狐につままれた思いのジャックは、この世界にいる自分が、ボランティアで弁護士をしているケイトと、2人の子供と暮らす良き家庭人であることを知る。仕事は、ケイトの父の店のタイヤ・セールス。はじめはとまどっていたジャックだったが、やがてケイトへの愛が蘇り、平凡な生活によって人間らしい素直な感情が芽生えてくるのだった。しかも本来の世界で働いていた会社ともコンタクトが取れ、出世の道まで開けてくる。だがそんなジャックの前に、再びあのキャッシュが現われる時がやってきた。前の世界に戻ってしまったジャックだったが、その世界のケイトのもとを訪れ、やり直そうと告げるのだった。
[PR]
by hageuz | 2010-05-08 23:20 | TV | Comments(0)