はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

タグ:門脇麦 ( 4 ) タグの人気記事

こどもつかい

こどもつかいってなんなんだ!清水崇監督というだけで観に行って見事に撃沈。こりゃダメです。話がそもそも入ってこない。特に滝沢さん演じるこどもつかいがかなりきつい。人形と人間を交互に描いているけどあまりに顔立ちが良すぎて・・・
そもそも、昔のサーカスが火事になった事件までさかのぼって、ありがちな性癖者のオチとくれば「×」に決まっているでしょう。
何故、3日後に死んでいくのかもよくわからないままだし。演出はバートン監督とジョニー・デップの雰囲気を目指したのかな?全く届いていなかったけどね。
劇場挨拶の回だったにもかかわらず、速攻出てきました。(´・ω・`)
f0064229_17434864.jpg
【作品情報】

『呪怨』シリーズなどホラー映画を得意とする清水崇監督が、“こどもの霊”を操る“こどもつかい”の恐怖を描くホラー。連続不審死事件の謎に迫る新人記者が“こどもの呪い”と“こどもつかい”に立ち向かう姿をつづる。本作が映画初主演となる滝沢秀明が特殊メイクを施し、ミステリアスなキャラクター、こどもつかいを演じる。

f0064229_17435158.jpg
【あらすじ】
郊外で起きた連続不審死事件を追う新人記者・駿也(有岡大貴)は、小さなこどもが失踪した3日後にこどもに怨まれていた大人が死んでいることに気付く。街ではこどもの呪いの噂が広がっていた。駿也の恋人・尚美(門脇麦)がふとしたことからこどもに怨まれてしまい、こどもの呪いが迫りくる中、尚美を守るため呪いの核心に近づこうとする駿也。しかし二人の前に謎の男・こどもつかい(滝沢秀明)が現れ、男の笛の音と共に物陰や廊下の奥、さらには背後からと次々にこどもの霊が姿を見せ襲いかかる。
f0064229_17435455.png

[PR]
by hageuz | 2017-06-17 17:53 | 映画 | Comments(0)

オオカミ少女と黒王子

やはりこの2人の高校生役はイタかった。高校生らしさがなく話が入ってこない。途中山崎賢人さんが藤ヶ谷君にも見えてきて・・・
テレビアニメにもなった八田鮎子の人気コミックということらしいけど、実写化するには時間が短すぎたのかもしれない。2人のエピソードが少なすぎるのと関係する人たちの描写が薄すぎて普通の青春ラブストーリーとしては凡庸になってしまった感じが否めません。
あえて若者が好みそうな映画を鑑賞しに行っているおじさんにとっては結構苦痛な時間でした。そろそろこの手の映画は卒業しないといけないのかしら。とはいえ有村架純さんや多部ちゃんの映画は楽しめたから内容によるとおもうんだよなぁ~
f0064229_19265189.jpg

【作品情報】
テレビアニメにもなった八田鮎子の人気コミックを、二階堂ふみ&山崎賢人主演で映画化したラブストーリー。恋愛経験ゼロなのに彼氏との恋話をする嘘つき少女と、彼氏のふりをする代わりに無理難題を強いるドSな人気の男子が繰り広げる恋の騒動を描く。漫画や小説などラブストーリーの映画化に定評のある廣木隆一がメガホンを握る。
f0064229_1927525.jpg

f0064229_19271719.jpg

【あらすじ】
高校に入学した篠原エリカ(二階堂ふみ)は、まだ誰とも付き合ったことがないものの、周囲に話を合わせるためについ彼氏がいると話してしまう。さらに街で見かけた男子を盗撮し、友人に彼氏だと言ってその写真を見せるが、写真に写っていたのは学校一のイケメンと言われている佐田恭也(山崎賢人)だった。佐田に事情を説明し、彼氏のふりをしてもらえないか頼み込むエリカ。王子と呼ばれるほど人当たりが良く頭のいい佐田だが、実は腹黒い一面を持っており、エリカが佐田の言うことを何でも聞く犬となることを条件に彼女の頼みを引き受ける。ごく平凡だったエリカの高校生活は一変。エリカはつれない佐田に振り回されながらも、時折見せる彼の優しさにドキドキするようになっていき……。
f0064229_19273445.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-05-28 19:27 | 映画 | Comments(0)
重松清原作を大森寿美男監督が脚本まで手掛けた作品。
あと一歩・・の所で、甲子園出場にチャレンジする資格を失った(決勝戦辞退)。何故傷害事件を起こしてしまったのかを明かさないまま物語は後半まで進んでいく。その時の無念さ。「しっかり負けて前に進む」ことができない男たちの新たな挑戦を丁寧に描いている。シーンの中では娘とのキャッチボールのシーンが数回出てくるが、それぞれに思いの違いが伝わってきた。原作が素晴らしいだけにこのレベルは及第点なのでしょうか?中井貴一(父)と門脇麦(娘)の葛藤がもう少しあった方が良かったような・・・とはいえ「良作」でした。
f0064229_1827553.jpg


【作品情報】
元高校球児たちが憧れの甲子園を目指して白球を追う“マスターズ甲子園”をテーマにした人間ドラマ。とある事件によって甲子園への夢を絶たれた元球児たちが、過去を清算するべく、再び白球を追う姿が父親と子供たちのドラマを交えてつづられる。中井貴一、柳葉敏郎らが野球に挑戦し、実際に甲子園球場で撮影が敢行された。
f0064229_18271672.jpg

【あらすじ】
46歳の坂町晴彦(中井貴一)は元高校球児だが白球を追った日々は遠い昔、もはや仕事に張りはなく、離婚した妻が亡くなって以来、一人娘の沙奈美(門脇麦)とも絶縁状態が続いている。そんなある日、坂町を元チームメイトだった松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が昨年の震災で死亡したことを知らされる。美枝は別居していた父親の遺品の中に、坂町や元エースの高橋直之(柳葉敏郎)らチームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年投函せずにいたのか知りたいと思い、そこに書かれた住所を訪ねてきたのだという。元高校球児が再び甲子園を目指す“マスターズ甲子園”のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧めるが、いわゆるサビついたオヤジとなっている坂町は「今さら」と断るのだった。だが、美枝にだけは話したくない本当の理由が別にあった。坂町たちが甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。28年前のある事件によって夢を断たれた坂町は、自らの思いにフタをしたつもりでいた。それは高橋も同じで、甲子園に出てさえいればプロになっていたかも知れないと、リストラで就職活動中の自分の冴えない現状をあの夏のせいにしていた。そんな中、父親の思い出を追い求める美枝と接するうち、坂町は沙奈美と正面から向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気付く。現実と折り合いをつけ、思い出を上手に諦めることで自分自身を騙し続けてきた日々……。“あの夏”に決着をつけなければ前へは進めない、と坂町はマスターズ甲子園への参加を決意、再び人生のグラウンドへ走り出す。そして坂町は、事件のことを知りながらずっと姿を消していた元マネージャー・立原裕子(和久井映見)に一通の手紙を送る。やがて野球部OBたちの前に現れた裕子の口から、彼らが全く知らなかった真実が語られる……。
f0064229_18273120.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-01-17 18:27 | 映画 | Comments(0)

闇金ウシジマくん Part2

part1は観に行かなかったんですが、なんとなく面白そうかなぁ~と思い観てきました。
普通に娯楽映画としては楽しめました。映画じゃなければできない暴力シーンが少しエグイんですが、原作が漫画であれば普通にこんなもんでしょう。フィクションなんだからと割り切れば、山田さんの無表情な演技も愛沢(中尾明慶)のどうしようもない感じも割り切れます。ウシジマ(山田孝之)は実はちゃんとしたポリシーを持って闇金をしてるってところが救いかもしれません。ただ人の頭を無表情に金属バットで殴ってはいけません。よね?
最近、門脇麦さんがすごく存在感がある女優さんだなぁ~と注目してます。
f0064229_1591880.jpg


【作品情報】
10日で5割という法外な金利で金を貸す闇金、カウカウファイナンスの社長・丑嶋と、彼の元を訪れる債務者たちの姿をリアルに描いた人気コミック「闇金ウシジマくん」の劇場版第2作。丑嶋役の山田孝之をはじめ、テレビドラマの第2シリーズから登場した情報屋の戌亥を綾野剛が演じるほか、菅田将暉、門脇麦ら注目の若手キャストが出演する。
f0064229_1593142.jpg

【あらすじ】
ウシジマ(山田孝之)は、10日で5割という高額な金利で金を貸す闇金業者“カウカウ・ファイナンス”の社長。ヤンキーのマサル(菅田将暉)の母親はパチンコにハマり、ウシジマに借金をしていたが、ある日、そのマサルが暴走族のヘッド、愛沢(中尾明慶)に連れられてカウカウ・ファイナンスにやってくる。愛沢のバイクを盗んだマサルに、ウシジマから200万円を借りさせ、それを慰謝料として受け取るのが愛沢の狙いだった。ところが、懇願してくるマサルを気に入ったウシジマは、彼をカウカウ・ファイナンスで働かせることにする。当てが外れた愛沢だったが、彼にもまた、すぐにでも金が必要な事情があった……。
[PR]
by hageuz | 2014-05-18 15:12 | 映画 | Comments(0)