はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

タグ:石井杏奈 ( 2 ) タグの人気記事

幼少のころのトラウマで話をするとおなかが痛くなり会話のできない女子高校生がクラスメートとふれあい交流会でのミュージカルをやり遂げるまでのストーリー。
アニメではヒットして実写化には懐疑的でしたが、話が素直でわかりやすいので楽しめました。最近は若手俳優・女優を使った安直な劇場公開青春映画が多く、コミックでヒットしたら片っ端から劇場公開する流れは止まらないですね。そんな中多少設定に無理もありますが、キャスティングも抑え目で好感が持てました。ジャニーズの中堅が劇場に頻繁に出てきますが、お世辞でも上手とは言えない中、中島さんは及第点です。観に行くまではかなりハードルは下がってましたので意外と好感がわいたのかも・・・
f0064229_15331079.jpg

【作品情報】

2015年に公開され、大ヒットを記録した劇場版オリジナルアニメを中島健人ら若手演技派の共演で実写映画化した青春ドラマ。クラスメイトとの触れ合いを通して、それぞれが抱えていた悩みや不安を克服し、本当の気持ちを伝えようとするさまがつづられる。ヒロインの順を芳根京子が演じ、『近キョリ恋愛』の熊澤尚人が監督を務める。

f0064229_15330943.jpg
【あらすじ】
人と本音で向き合うことが苦手な高校3年生の坂上拓実(中島健人)は、ある日、担任教諭から地域ふれあい交流会の実行委員に任命され戸惑う。そして、クラスメイトから変わっていると思われている成瀬順(芳根京子)も一緒に任命される。彼女は幼い頃、何気なく口にした言葉によって家族がバラバラになったことから、今でも何か喋ろうとすると腹痛が起きるため、他者とコミュニケーションを取るときは筆談していた。ほか、クラスメイトの仁藤菜月(石井杏奈)と田崎大樹(寛一郎)を加え、4人が実行委員に。これまで接点のなかった4人だったが、それぞれ心に傷を抱えていた。担任の提案で交流会の出し物はミュージカルを上演することになり、順と交流するうちに彼女の秘密を知った拓実は、歌なら大丈夫かもしれないと促す。順は、心に閉じ込めてきた思いを歌に乗せて伝えようと決心するが……。
f0064229_15331080.png

[PR]
by hageuz | 2017-07-22 15:33 | 映画 | Comments(0)

四月は君の嘘

公開時には観に行くつもりはなかったんですが、シネマイレージでパスポートが手に入ったので…
予想通り広瀬すずプロモーションビデオ~バイオリン編~的な作品でした。
最近の若手「中川大志 」「山崎賢人 」「石井杏奈」らがわきを固めそれなりの青春映画には仕上がっているものの宮園かをり(広瀬すず)のわけのわからない難病が絡まって予想通りの結末に。
観ていて疲れないが何も残らない。唯一、二人の演奏シーンは時間のない彼らの努力は伝わりましたが・・若者がすずちゃんや山崎君が観たいと思って出かける系の映画ですね。個人的にはソロモンの偽証の時の意地悪な 石井杏奈さんのほうが好きです。※超ぶすな感じになっていましたが・・・
f0064229_21223100.jpg


【作品情報】
テレビアニメ化もされた新川直司の人気コミックを、広瀬すず&山崎賢人主演で実写映画化したラブストーリー。母親の死をきっかけにピアノが弾けなくなってしまった少年が、ひとりのヴァイオリニストとの出会いを機に再生していく姿が描かれる。主演の2人のほかにも、石井杏奈や中川大志など若手実力派が脇を固める。
f0064229_2123361.jpg

【あらすじ】
完全無欠かつ正確無比な演奏で、“ヒューマンメトロノーム”と呼ばれた天才ピアニストの有馬公生(山崎賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなっていた。高校2年生に進級した4月のある日、幼馴染の澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)に誘われた公生は、ヴァイオリニストの宮園かをり(広瀬すず)と出会う。勝気で自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格のかをりの、自由で豊かで楽しげな演奏をきっかけに公生はピアノと“母との思い出”に再び向き合い始める。一方、かをりが抱える秘密にも大きな変化が訪れる……。彼女がついた嘘とは、一体何なのか……?
f0064229_212431.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-10-19 21:06 | 映画 | Comments(0)