はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

タグ:小栗旬 ( 10 ) タグの人気記事

君の膵臓をたべたい

小説のラストで裏切られつつも泣かされてしまった映画化。すごく楽しみにしていました。小説設定に新たに成人後のエピソードを加えて再構築され、違和感もなくまたもや泣かされてしまいました。さすがに小説どおりだと泣けないかなと思っていましたが、僕(北村匠海)のセリフは小説と同じように響きました。映画ではそれに加え「宝探し」のエピソードと親友の結婚式当日のエピソードをクロスオーバーさせてもう一度泣けるシーンを加えてあります。
予告の時から山内桜良役の浜辺美さんがイメージ通りで、彼女の純粋で明るいキャラが小説から飛び出してきたようでキャスティングは文句なしです。
ベストセラー小説の映画化では私の中では素晴らしい出来上位に入ります。個人的には小説を読んで観て欲しいですが、いづれにせよ小説・映画はセットで感じてほしい作品です。よかった~(^^♪
f0064229_16330857.jpg

【作品情報】

“泣ける小説”として人気を博した住野よるのベストセラー小説を映画化。膵臓の病を患う少女と、彼女の言葉を胸に後に教師となる少年の物語がつづられる。浜辺美波と人気バンド、DISH//の北村匠海というフレッシュなキャストに加え、原作にはない12年後の現在を描くパートでは主人公を小栗旬、ヒロインの親友を北川景子が演じる。

f0064229_16330880.jpg
【あらすじ】
高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、教え子の栗山(森下大地)と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく……。重い膵臓の病を患う桜良が密かに綴っていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、僕(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすようになった。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々は、やがて終わりを告げる……。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた桜良の親友・恭子(北川景子)もまた、僕と同様に桜良と過ごした日々を思い出していた。そして、ある事をきっかけに、僕と恭子は桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る……。
f0064229_16330876.png

[PR]
by hageuz | 2017-07-29 16:33 | 映画 | Comments(0)

銀魂

申し訳ないですが、全く入ってこない。ギャグがちりばめられではいるものの笑えない。
そもそも設定が江戸に宇宙人がやってきて・・・というところから無理が・・
世間の評価はそこそこ高いようですが、アニメ・コミックを知っているからなのかしら。コミックで面白くても映像化したらダメな奴だったのではないかしら。
銀魂ファンには申し訳ないけどこりゃだめだ((+_+))
橋本環奈さんはかなりスタイル悪いってことがよくわかりました。中村勘九郎さん、はじけてましたが仕事選んだほうがいいと思います。
f0064229_21024998.jpg
【作品情報】

週刊少年ジャンプで人気の空知英秋の同名コミックを小栗旬主演で実写映画化したSF時代劇。パラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む“銀さん”こと坂田銀時と仲間たちの身に起きる奇想天外な騒動を描く。「勇者ヨシヒコ」シリーズなど脱力系の作品を得意とする福田雄一が監督・脚本を務める。

f0064229_21024828.jpg
【あらすじ】
街には高層ビルが立ち並び、空には無数の宇宙船が飛び交う江戸時代末期。宇宙からやってきた“天人(あまんと)”の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持する少々変わった男・坂田銀時(小栗旬)は、ひょんなことから志村新八(菅田将暉)と神楽(橋本環奈)に出会い、万事屋を営むことに。そんななか、新八の姉・妙(長澤まさみ)や攘夷志士の生き残り・桂小太郎(岡田将生)、真選組の近藤勲(中村勘九郎)、土方十四郎(柳楽優弥)、沖田総悟(吉沢亮)らを巻き込みながら、様々な事件や騒動が起こり始め……。

[PR]
by hageuz | 2017-07-16 21:03 | 映画 | Comments(0)

追憶

岡田准一と小栗旬という今一番脂ののっている俳優に加え、安藤サクラ・長澤まさみ・木村文乃の女優陣、吉岡秀忠、三浦貴大らを加えた豪華なメンバー。
期待していただけに残念ながら淡々と描いた推理劇の要素が強くて人物描写にもう一歩踏み込んでほしかった。特に長澤まさみと岡田准一夫婦のすれ違いや小栗君が木村文乃がどう知り合って結婚したかなど描かれておらずその辺で幼少時の忌まわしい過去をどう受け止めていったかがわかりにくい。話としても殺人事件の結末があまりにあっけなくその辺でも思い入れができなかったのが残念。とはいえしっかりとした映像は木村大作らしいし、豪華俳優を監督するのに慣れている降旗監督らしい作品だといえる。
日本映画のレベルが高くなった最近ではこの程度では評価されない厳しい時代になったなぁと感じます。良い映画なんだけど・・

f0064229_17085784.jpg

【作品情報】

監督・降旗康男と撮影・木村大作という数々の名作を世に送り出してきた日本映画界きっての巨匠が、『憑神』以来9年ぶりにタッグを組んだ人間ドラマ。富山を舞台に殺人事件によって刑事、容疑者、被害者として25年ぶりに再会した幼なじみ3人が辿る壮絶な運命が描かれる。刑事の篤を岡田准一、容疑者の啓太を小栗旬、被害者の悟を柄本佑が演じる。

f0064229_17085899.jpg
f0064229_17085869.jpg
【あらすじ】
富山県警捜査一課の四方篤(岡田准一)は、富山湾を臨む氷見漁港に佇んでいた。そこで刺殺体となって発見された男は、かつて共に少年時代を過ごした旧友・川端悟(柄本佑)だった……。1992年、冬の能登半島。13歳の四方篤は、親に捨てられた同じような境遇の田所啓太、川端悟と共に、軽食喫茶「ゆきわりそう」を営む仁科涼子(安藤サクラ)、山形光男(吉岡秀隆)を慕い、家族のような日々を送っていた。しかしある事件をきっかけに、幸せだった日々は突然終わりを告げ、少年たちは離れ離れになってしまう……。あれから25年、刑事となった四方篤は、あの日二度と会わないと誓った川端悟と再会を果たす。やがて捜査が進むにつれ、ある容疑者が浮かび上がるが、それは田所啓太(小栗旬)であった……。幼少期を共に過ごした少年たち3人が一つの殺人事件をきっかけに、刑事、被害者、容疑者という形で25年ぶりに再会。それぞれが家庭を持ち、歩んできた人生が再び交錯し、封印したはずの忌まわしい過去と対峙することになる。そしてその先にある事件の真実の裏に隠された衝撃の秘密が明かされていく……。

[PR]
by hageuz | 2017-05-07 17:09 | 映画 | Comments(0)

ミュージアム

猟奇殺人をテーマにした映画は結構多いけど、背景に裁判員制度を持ってきたのが新しい。
コミックの映画化らしいですが、予備知識は一切なし。
小栗君がハードな刑事役というのも少し珍しいがなかなか様になっていました。
カエル男は妻夫木さんだったらしいけど、観ていて全然気が付きませんでした。R指定がない分グロさも少し遠目からの影像とか少しわかりにくい演出でした。
・ペットフードの刑
・母の痛みを知りましょうの刑
・均等の愛の刑
・ずっと美しくの刑
・針千本飲ますの刑
・お仕事見学の刑
の6つの刑と以前の行われた幼女樹脂詰め殺人事件がありますが
テンポ良かった前半に比べ、後半のカエル男宅でのシーンが冗長で少し残念。
ラストでは2つの意味深なシーンが(ネタバレへ)
f0064229_1665589.jpg

【作品情報】
連続猟奇殺人犯によって繰り返される凄惨な犯行だけでなく、事件の背後にある裁判員制度の問題を描き、反響を呼んだ巴亮介の同名コミックを小栗旬主演で映画化したサスペンス・スリラー。カエルのマスクを被った犯人・カエル男の凶行に巻き込まれていく刑事の姿を描く。『るろうに剣心』シリーズの大友啓史が監督を務める。
f0064229_167424.jpg

【あらすじ】
残忍な猟奇殺人事件が続発。事件はいずれも雨の日に起きており、現場には謎のメモが残され、死体はどれも見られることが念頭に置かれているようだった。犯人として浮かび上がってきたのは、カエルのマスクを被り殺人アーティストを名乗るカエル男。捜査を進めるうちに沢村刑事(小栗旬)は事件の関連性に気付くが、犯人の次の狙いに驚愕する。犯人を追う沢村刑事は、いつしか追い詰められていく……。
f0064229_1671114.jpg

【ネタバレ】
3か月後
・霧島は双子の妹橘幹恵に入院中チューブに薬品を投与され殺されそうに・・・
出演者エンドロール
・息子将太は運動会で1等賞に、ホームビデオで撮影している画面には日差しを気にしながら首を掻く姿が映され・・・
エンドロールが始まります。
[PR]
by hageuz | 2016-11-13 16:07 | 映画 | Comments(0)
TVドラマ化され人気のあった石井あゆみの同名コミックの映画による完結編。この作品では「信長は本当に死んでしまったのか?」「秀吉は何故信長に恨みを持っているのか?」「結局歴史は変わったのか?」が観客の関心ですね。結末はネタバレになってしまうので言えませんが、落ち着くところに落ち着いて+αで「そんなにうまくいかんでしょうが~・・・・」っていうオチがついてきます。
取り立てて映画になったからと言ってドラマ以上になにかあるわけでもなく(戦闘シーン)など若干お金はかけられたのでしょうが、TVドラマを見ていなかった人は行かないほうが良いです。流石に1クールドラマで語られた背景が観てない人は、登場人物の状況が全く説明されませんのであしからず。個人的にはそれほど悪くはなかったです。
f0064229_16421739.jpg

【作品情報】
戦国時代にタイムスリップし、うりふたつだった戦国武将・織田信長の身代わりとして生きる事になった高校生サブロー。その数奇な運命を描く「ゲッサン」に連載中の石井あゆみの同名コミックが原作の小栗旬主演による人気ドラマを映画化。信長の正室・帰蝶役の柴咲コウや池田恒興役の向井理などドラマ版のキャストが引き続き出演する。
f0064229_16424539.jpg

【あらすじ】
安土城の完成と天下統一を目前に控えたサブローはある日、信長が間もなく死ぬ運命にある事を知る。過酷な運命に戸惑い、苦悩するが、帰蝶や家臣の支えもあり、運命に抗おうとする。そして、サブローは本能寺で帰蝶との結婚式を計画するが、嫉妬心を抱く光秀や暗殺の機をうかがう秀吉らによる不穏な企てが動き出そうとしていた。
f0064229_1643263.jpg
f0064229_16431566.png

[PR]
by hageuz | 2016-01-24 16:43 | 映画 | Comments(0)

ルパン三世

さすがに実写で従来のアニメの世界を凌駕することはできなかった。小栗ルパンはそんなに悪くはなかったけど話自体が薄っぺらく、アクションシーンも実写ではやはり限界があるな~。玉山鉄二の次元は少し軽めだが次元ポイ。黒木メイサは最後まで不二子ちゃんには見えなかった。そもそもお色気がなさすぎる。もう少し藤原紀香が若ければはまりそうだけど・・・。極め付けは綾野剛の五右衛門。作品中に笑うシーンがありこの違和感は半端ない。まあしょうがないかな。そもそも実写することに無理がありすぎるので。海外興行を考えてなのかセリフは英語と日本語の混声。字幕もあってほんとに海外で興行できるのかしらん。
f0064229_1547353.jpg

【作品情報】
モンキー・パンチ原作の人気アニメを小栗旬、黒木メイサ、綾野剛ら注目俳優の共演で実写映画化。超巨大要塞型金庫“ナヴァロンの箱舟”に収蔵された宝物、クリムゾンハート・オブ・クレオパトラに狙いをつけた世紀の大泥棒、ルパン三世とその仲間たちと銭形警部との攻防が繰り広げられる。監督は『あずみ』の北村龍平。
f0064229_15472382.jpg

【あらすじ】
世界最強の鉄壁セキュリティに覆われた超巨大要塞型金庫“ナヴァロンの箱舟”。そこには、「その所有者は世界を統べる」といわれる運命の宝物“クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ”が収蔵されていた。神出鬼没で大胆不敵、世界で最も有名な大泥棒、ルパン三世(小栗旬)は、仲間の次元大介(玉山鉄二)、石川五ェ門(綾野剛)ととともにその秘宝強奪を計画。だが、そんな彼らをICPOの銭形幸一警部(浅野忠信)が執拗に追っていた……。
[PR]
by hageuz | 2014-08-31 15:48 | 映画 | Comments(0)
15年のFINALらしい作品になってました。テーマとして警察官僚vs所轄警察が続いている中で、小栗旬・香取信吾・小泉孝太郎をからめた過去の事件を柱にしたシナリオです。やはり映画にする際は、あまり伏線を多くすると分かりずらいので今回はその点でもよかった。
ただしTVコマーシャルの誇大表現はやめたほうがいい。青島撃たれる!嘘じゃないけど映像が違うじゃん。
まあ、これも興行収入史上最高を狙ってのことでしょうが・・・
踊るが好きな人は言わずとも観に行くんでようね~まあ、今回はアリでした。
f0064229_1342645.jpg

あらすじ・解説
1997年にスタートした「踊る大捜査線」シリーズが、映画化4作目にしてついに最終章を迎えた。15年というシリーズの歴史の中でキャラクターたちもそれぞれに成長し、立場や地位も変化してきている。しかし、これだけの年月を重ねても変わらないのは、織田裕二演じる主人公・青島俊作の抱く“正義への思い”だ。柳葉敏郎演じる警察キャリア・室井と15年前に交わした約束を胸に抱き事件解決に奮闘する青島の姿に、熱い思いがこみ上げるだろう。深津絵里演じるすみれと青島の関係がどうなるかなど、気になる点も多いはずだ。さらには、真下と結婚し引退した形になっていた、水野美紀演じる雪乃が復活しているのもファンにはうれしいところ。
f0064229_13422179.jpg

解説
1997年のテレビ放送開始以来圧倒的な人気を博しこれまでに3度の劇場版公開、2本のスピンオフ映画を輩出した刑事ドラマ『踊る大捜査線』シリーズ完結編。前作「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」で係長に昇進した青島に降りかかる最後の事件を描く。「アマルフィ 女神の報酬」の織田裕二、「ステキな金縛り」の深津絵里、「日輪の遺産」のユースケ・サンタマリア、「聯合艦隊司令長官 山本五十六」の柳葉敏郎らが出演。監督は、同ドラマテレビシリーズ演出や劇場版の監督を務めてきた「サマータイムマシン・ブルース」の本広克行。脚本は同シリーズスピンオフ映画「容疑者 室井慎次」ではメガホンを取った君塚良一。
f0064229_13424460.jpg

あらすじ
警視庁湾岸署管轄内で開催されている国際環境エネルギーサミットの会場で誘拐事件が起こり、さらに数時間後には被害者が射殺体で発見されるという事件が発生。警察が押収した拳銃が使用されたと見られ、全ての捜査情報を文面にて管理官・鳥飼(小栗旬)へ報告すること、所轄の捜査員には情報開示されないことが捜査会議にて発表される。異例と言える捜査方針が敷かれる中、第2の殺人事件が発生。さらに、今では湾岸署署長となった真下(ユースケ・サンタマリア)の息子が誘拐されるという第3の事件までも起こる。青島(織田裕二)は疑念を抱きつつも事件解明に向け懸命に捜査するが……。
[PR]
by hageuz | 2012-09-16 13:43 | Comments(0)

宇宙兄弟

番宣がいたるところで目についていたので、正直期待せずに観てきました。何といってもこの話の中心は小栗旬演じるムッタです。幼少のころに兄弟で夢見た宇宙飛行士をどうやってかなえていくか?とりわけ5年ぶりに募集されたJAXAの採用試験が軸です。そのためか後半の20分くらいはあまりにも突然に2人が宇宙に旅立つシーンまで圧縮されます。仕方ないことですがそこが少し腑に落ちませんでした。
f0064229_13531457.jpg

あらすじ・解説
2011年の講談社マンガ賞と小学館漫画賞を同年にW受賞した小山宙哉のベストセラー・コミックを実写映画化。少年時代に宇宙を目指す約束を交わした兄弟が、人生の紆余曲折を経験しながらも、互いに宇宙を目指して奮闘する姿を描いている。約束を守るためにまっすぐに突き進むムッタとヒビトを演じるのは、若手屈指の実力派人気俳優の小栗旬と岡田将生。夢をひたむきに追いかける兄弟の姿を通し、忘れかけていた熱い思いを蘇らせることができる感動作。NASAケネディ宇宙センターでの大型ロケや、JAXAの全面協力で成し得た壮大なスケール感も見逃せないポイント。コールドプレイが提供した主題歌も聴き逃せない。
f0064229_13532816.jpg

解説
小山宙哉による同名コミックを「ひゃくはち」の森義隆監督が映画化。幼い頃に宇宙飛行士になる約束を交わした兄弟が、異なった人生を歩みながらも互いに宇宙を目指す姿を描く。出演は「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の小栗旬、「アントキノイノチ」の岡田将生、「幸運の壺 Good Fortune」の麻生久美子、「ロボジー」の濱田岳、「ライアーゲーム 再生」の新井浩文。主題歌はイギリスのロックバンド、コールドプレイが担当。
f0064229_13534227.jpg

あらすじ
西暦2025年。幼い頃に兄弟で交わした「二人で宇宙飛行士になる」という約束通り、弟・ヒビト(岡田将生)は宇宙飛行士となったが、兄・ムッタ(小栗旬)は、会社をクビになり無職となってしまう。大きく異なった運命を歩んでいた二人の兄弟。そんなある日、ヒビトからの1本の電話をきっかけに、ムッタは再び宇宙を目指し始める。夢を追い続けたヒビトと、夢を思い出したムッタ。いま、二人の壮大な夢が動き出した……。
[PR]
by hageuz | 2012-05-05 13:54 | 映画 | Comments(0)

予想どうりの結末。小栗旬くんを目一杯かっこ良くいい人に仕上げたファン必見の映画といったところか?
エピソードはいくつか絡めてはいますが、コミック原作の映画化ですからストリー展開の大幅な修正はできないのでしょう!三歩が山岳救助ボランティアを行っている背景などが描き切れていない事や長澤まさみ演じる椎名久美の人物像も少し薄い感じがします。まあ、これはこれでよく頑張った感はありましたが・・・
しかし、あれだけ細い長澤まさみちゃんのあごの下のお肉はもう少し気を使って撮ってあげたらよかったのにとおもった入院シーンはいただけなかったなぁ~
f0064229_6345841.jpg

作品解説・紹介
石塚真一による原作コミックを映画化。名峰並び立つ日本アルプスを舞台に、山岳救助ボランティアの主人公と仲間たちが繰り広げる感動の人間賛歌。山のように雄大で、太陽のように明るい島崎三歩を演じるのは、若手俳優の中で人気、実力共にトップクラスの小栗旬。原作コミックを愛読していた小栗は、出演オファーに歓喜し、並々ならぬ意気込みで撮影に臨んだ。クランクイン前から厳しい真冬の山岳トレーニングにも励み、メキメキと山岳のスキルを身につけ、当初撮影の予定がなかった“アイスクライミング”や“懸垂下降”のシーンが追加されることになったほど。ヒロインの椎名久美を長澤まさみが体当たりで演じる。監督は、「花より男子」など数々のヒットドラマを手がけてきた片山修。劇場公開作品は『ヒートアイランド』に続き2作目になる。

解説
石塚真一のコミック『岳』を「ヒートアイランド」の片山修監督が実写映画化。日本アルプスを舞台に、山岳救助ボランティアとして登山者の命を守る青年と仲間たちの姿を描く。出演は「シュアリー・サムデイ」の小栗旬、「曲がれ!スプーン」の長澤まさみ、「大奥」の佐々木蔵之介、「リアル鬼ごっこ2」の石田卓也、「ぼくとママの黄色い自転車」の市毛良枝。
f0064229_6351126.jpg

あらすじ
雄大な北アルプス山系。そこには、誰よりも山を愛する男・島崎三歩(小栗旬)がいた。世界中の巨峰を登り歩いてきた三歩は、山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。彼は、山のように大きな包容力を持ち、仮に要救助者が死んでしまっていても「よく、頑張った」と労わりの言葉をかける男である。そんな三歩の暮らす山に、北部警察署山岳救助隊に配属されたばかりの椎名久美(長澤まさみ)がやってくる。久美は、同じ山岳救助隊の隊長・野田正人(佐々木蔵之介)や三歩の指導の下、過酷な訓練を乗り越え新人女性隊員として確実に成長していく。だが、実際の救助では自分の未熟さや大自然の脅威により、遭難者の命を救うことが出来ない日々が続く。打ちひしがれ自信を無くす久美。そんな折、猛吹雪の雪山で多重遭難が発生。仲間と共に救助に向かった久美を待ち受けていたのは、想像を絶する雪山の脅威だった……。
[PR]
by hageuz | 2011-05-09 06:35 | 映画 | Comments(0)

シュアリー・サムデイ

小栗さんの役者仲間が多数参加して助かった的な作品。
ただ初監督でやりたいことはかなり頑張ってます。話に辻褄の合わないところが目につきますが青春映画ではなく暴力コメディとでも思ってみればそれなりです。
若い人には評価が高いみたいですけど、本気でいい映画観てほしいっす!
f0064229_15593570.jpg

【STORY】
幼なじみの巧、京平、和生、雄喜、秀人の5人は、高校時代に起こした学校爆破事件で退学になって以来、最低最悪な日々を過ごしていた。ある日、今ではヤクザ者の和生が現金3億円を金髪の女に強奪されてしまう。この事件をきっかけに久々に行動を共にする巧たち。ボスの亀頭から翌日までに金と女を見つけないと命はないと脅されて探し当てた女は、秀人が敬愛するミュージシャンの恋人であり、幼い日の巧の初恋の人だった。

構想9年、今や人気と実力を兼ね備えた俳優としてトップを走る小栗旬が、いつかきっとと諦めずに温め続け情熱を傾けた監督デビュー作がいよいよ完成した。バカな失敗と挫折の果てに、明日を生きるのが怖くなってしまった負け犬たちが、破れかぶれに敗者復活に挑む青春ストーリーは、少年の日の初恋のほろ苦さを織り交ぜつつ、後半に疾走感と躍動感のある展開を見せる。脚本を『クローズZERO』シリーズの武藤将吾が担ったほか、主演の
f0064229_1611747.jpg
小出恵介、勝地涼らスタッフ・キャスト共に小栗コネクションとでも呼べるこれまでの人脈が見事に生かされた賑やかな顔ぶれが揃い、役者バカで映画バカな小栗の心意気を充分感じさせる初陣となった。
[PR]
by hageuz | 2010-07-24 16:01 | 映画 | Comments(0)