はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

タグ:天海祐希 ( 3 ) タグの人気記事

恋妻家宮本

女王の教室(2005年、日本テレビ)、リバウンド(2011年、日本テレビ)、家政婦のミタ(2011年、日本テレビ)、○○妻(2015年、日本テレビ)、偽装の夫婦(2015年、日本テレビ)などヒットドラマメーカーの遊川さんが初監督で期待して観てきました。重松清『ファミレス』を原作として遊川流にちりばめられた作品でした。やはり落としどころを心得ている脚本家としての才能が映画でも発揮されていたように感じます。設定は大きく変えられていますが、ファミレスを軸に話が展開したり妻の離婚届を見つけて悩む熟年夫の苦悩などは共感できました。陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)の気持ちをどう感じるかは、観客の夫婦の在り方で違うのでしょうが、子育てを卒業した夫婦がどう生きていくか、お互いをどう思っていくのかを改めて考え直すきっかけになる作品で、同世代の夫婦には見てもらえたらいいなと感じました。正しいことは大切なこと。でも優しいことをするのは、もっと大切なこと。・・という宮本陽平のセリフはなるほどと納得させられました。
エンドロールには吉田拓郎さんの曲…“今日までそして明日から”が心温まるユニークなエンディング、遊川さんのお遊び心満載で「そんな終わらせ方でいいの?」と作品の箔を心配しますが、彼らしいな。もっと余韻を楽しめるのにもったいないと感じたのは私だけでしょうか?評価のわかれるところじゃないかな!
f0064229_1612280.jpg


【作品情報】
人気作家・重松清の小説を、脚本家として数々の話題作を手がけてきた遊川和彦が初めて監督に挑戦し、映画化した家族ドラマ。子供たちが親元から離れ、2人きりの生活に戻された夫婦が感じる違和感や戸惑いが描かれる。阿部寛と天海祐希が夫婦役を、2人の大学生時代を工藤阿須加と早見あかりというフレッシュな俳優たちが演じる。
f0064229_1613429.jpg

【あらすじ】
宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時にできちゃった婚。ごく平穏な結婚生活25年を経て、子供の独立の時を迎えていた。夫と妻から、父親と母親に形を変えてきた夫婦生活。理想の夫ではないにしても浮気もせず、教師として真面目に働き、きちんと給料を入れる、そんな自分に何の問題もないと陽平は思っていた。だが息子夫婦が福島へ転勤で旅立った日、25年振りの二人きりの生活に戸惑い、陽平と美代子はついつい飲みすぎ、ついに美代子が飲みつぶれてしまう。その夜、陽平は妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印された離婚届を本棚で発見。順風満帆の夫婦生活と思っていた陽平は激しく動揺する。しかし、妻に問いただす勇気もなく、ただ悶々とする陽平。そんなある日、耐えられずに陽平は趣味の料理教室仲間に相談するが、妻の浮気を示唆されて余計に不安を募らせる。これまでの人生を常に何が正しいかを考えながら生きてきた陽平。教師として学校でふれあう生徒とその家族、趣味で通う料理学校で垣間見るよその夫婦の姿、そこには、さまざまな夫婦そして家族の形がある。正しいことって何だろうかと、陽平の惑いは深まるばかりであった。そんな時、突然美代子が家を飛び出してしまう……。
f0064229_1614498.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-01-29 16:01 | 映画 | Comments(0)

女性が選ぶ“イイ女”

天海祐希がV3だったそうです。
イメージ的には「BOSS」の「特別犯罪対策室」の室長に就任したアメリカ研修帰りの訳あり女性キャリアの大澤絵里子が大きいのでは?
f0064229_1652513.jpg

1 天海祐希 →1位
2 綾瀬はるか ↑圏外
3 吉瀬美智子 ↑圏外
4 黒木メイサ ↑8位
5 松嶋菜々子 ↓4位
6 藤原紀香 ↑圏外
7 仲間由紀恵 ↑9位
8 ベッキー ↑圏外
9 吉高由里子 ↑圏外
10 中谷美紀 ↑圏外
f0064229_16521633.jpg

続いて、初ランクインにして2位に登場したのは女優の【綾瀬はるか】。働く女子のリアルドラマ『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)では、職場と自宅でギャップのある“干物女”を熱演。現在完結編が放送中の『JIN―仁―』(TBS系)では、主人公の医師を慕いサポートする芯の強い女性を好演するなど、女優として確実にステップを踏んでいることが1つのポイント。さらに、美しい目鼻立ちに相反する天然キャラや秘めた癒しのオーラが、同世代だけでなく年上の女性たちをも魅了している。20代からはほか、4位に【黒木メイサ】、8位【ベッキー】、9位【吉高由里子】と、チャレンジ精神に溢れる4人がTOP10入り。イイ女の条件は“年の功”だけにあらずといったところだ。
f0064229_16523428.jpg

昨年を振り返ると
やはり、映画やドラマで話題になるとランキングに入りやすい?
毎年ドラマに出ているがランキングに入らない「上戸彩」「深田恭子」あたりは女性には支持されないようですが・・・

2010年
1 天海祐希 新社会人「理想の上司」TOP10
2 北川景子 同性が見惚れる“憧れの女優”TOP10
3 篠原涼子 キムタク主演『月の恋人~』視聴率22.4%
4 松嶋菜々子 松嶋菜々子で『ゴースト』をリメイク
5 松雪泰子 12年ぶり連ドラ主演に意気込み
6 真矢みき コーヒーに刺激され 「極上の女性になりたい」
7 米倉涼子 初代パーティー女王の栄冠に
8 黒木メイサ メイサ、石橋貴明に「ドント・タッチ」
9 仲間由紀恵 トリック10周年!公開直前特集
10 菅野美穂 OLに聞く「春メイクの手本」ランキング
[PR]
by hageuz | 2011-05-29 16:52 | 知恵 | Comments(0)

アマルフィ 女神の報酬

この時期にこれだけお金かけた映画が取れるのも単にフジテレビ開局50周年というだけでなく、織田裕二が踊る大走査線でしっかり稼がしたからですか?いつもの二枚目か三枚目の熱い演技が若干冷淡でクールな演技をしている織田さんをみて続編を予感しました。ただし、イタリア語&日本語&英語の飛び交う会話に「そんなんで通じるわけ無いでしょう?」と突っ込みどころ満載!無理に日本語覚えました的演出はいらなくないでしょうか・・・・ドコモと提携しているから当然携帯はドコモ!BeeTVで外交官・黒田(織田裕二)の過去が公開前に流れてますしね・・・フジTVの商売センスはなかなかです!
さてさて、前置きが長くなりましたが採点の方は・・・・劇場に今すぐ足を運んでという作品じゃないかなぁ。実際に公開日の客層はミドルエイジばかりで、若者には受けていませんね!あえて「ごくせん」や「ROOKIES」を観ずにアマルフィーは無しですよね?
f0064229_21512792.jpg

【STORY】
クリスマス目前のローマ。G8に出席する川越外務大臣のイタリア訪問準備でバタバタの日本大使館に、外交官・黒田康作が赴任する。秘密裏にG8テロ対策の命を帯びる黒田だったが、赴任直後に任されたのは日本人少女失踪事件の通訳。しかし犯人から少女の母・紗江子の元にかかってきた電話を受け、成り行きで父親だと名乗ってしまったことから、紗江子の“偽りの夫”として事件に深く関与することに。誘拐犯との身代金取引が違法の国で、黒田と紗江子はあえて犯人に指定された取引に応じるが…。

邦画初のオールイタリアロケが敢行された(セット撮影も巨匠フェリーニの本拠地でヨーロッパ最大級の名門スタジオ、チネチッタで!)、豪華なサスペンス・アクション。主演に織田裕二、娘をさらわれる不運の母親に天海祐希、彼女を支える友人役に佐藤浩市、また福山雅治が怪しげなフリーライター役で特別出演と、キャスト陣も超豪華! 世界の歌姫サラ・ブライトマンが歌う「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」の旋律と、きらめくようなイタリアの風景もうっとりするほど美しい。予想を裏切るストーリーの緊迫感と同時に、世界遺産だらけのローマ、“世界一美しい場所”と呼ばれる港町アマルフィの、ゆったりとして優美な雰囲気も堪能できる。“マインド・トリップ”感が存分に味わえるので、ストレスがたまっていて現実逃避したい人にもオススメ!
[PR]
by hageuz | 2009-07-18 21:53 | 映画 | Comments(0)