はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

タグ:マイケル・キートン ( 5 ) タグの人気記事

従来のスパイダーマンの家庭環境やスパイダーマンになったきっかけなどはすべて従来の作品ありきで作られているため、この作品で初めてスパイダーマンを観た方(そんな人はいない前提なのでしょう)はさっぱりわからない始まりになってます。今回、敵役?バルチャーになっているのはマイケル・キートン。あっれ~、もともとバットマンじゃん?って方はマーベル作品をよくご覧の方です。(アカデミー賞バードマンでもありますが・・・)
スパイダーマンのスーツがいつも気になっていたんですが、今回はアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)に最新装備のものを作ってもらいようやくアベンジャーズメンバーの最低ラインに到達って感じ(そもそもこれまでの作品ではすべて自作のスーツで激しく戦っても大してダメージがない設定自体に違和感を感じていたのでようやくって感じです)個人的にはアベンジャーズにスパイダーマンは違和感を覚えます。このままスパイダーマンとしての2作目は作ってほしくはないな。
ロバート・ダウニー・Jrの出演料で製作費が避けなかったのだろうと思うほどたいした見どころがなかったので、作るなら新しいスーツを存分に見せられるそんな作品にしてほしいです。・・・でもそうするとアイアンマンと同じになっちゃうか((+_+))
今回のヒロインも少し厳しいな~。歴代のMJことメリー・ジェーン・ワトソン役はキルスティン・ダンスト、グウェンを演じているのはエマ・ストーン。今回はミシェルという原作にない新しいヒロイン像をゼンデイアが演じていますが、彼女はすでに20歳。あまりに無理がありすぎでっせ。
f0064229_15534338.jpg

【作品情報】

トム・ホランドが『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に引き続きスパイダーマンを演じ、アイアンマンらアベンジャーズと共演するシリーズの第1弾。15歳の高校生ピーターのヒーローとしての成長と、彼の前に立ちはだかる強大な敵との戦いが描かれる。スタークに恨みを持つ敵バルチャーをマイケル・キートンが演じる。

f0064229_15534632.jpg
【あらすじ】
ニューヨーク。スパイダーマンである15歳のピーター・パーカー(トム・ホランド)は、部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生だ。アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)は、そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとする。ピーターはスタークに新しいスーツまで作ってもらい、興奮して自分の力を認めてもらおうと日々街に飛び出していく。そんなある日、巨大な翼で空を飛ぶ怪物が突然街に現れる。ニューヨークの平和のために、ここぞとばかり怪物退治に乗り出そうとするピーターだったが、スタークは「アベンジャーズに任せておけ」と彼を止める。ピーターは子ども扱いに我慢ならず、スタークの忠告を振り切って戦おうとするが……。
f0064229_15535104.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-08-13 15:54 | 映画 | Comments(0)
2015年のアカデミーを獲得するほどの力作ではありませんでした。この作品自信を映像化したことに価値があったのかもしれません。
新しくタイムスから来たボスがボストン出身者ではない新しい局長だから踏み込む事ができたのかも知れない。スポットライトのチームがこれ以上被害者を増やさない為にと真摯に取材する姿はよかった。ただ真相をしっかり検証する過程のスピード感がなく残念。心理戦というわけでもないので淡々と積み上げていく演出しかなかったのかもしれない。
f0064229_16185318.jpg

【作品情報】
02年1月にアメリカの新聞ボストン・グローブ紙が報じ、世界中に衝撃を与えた、カトリック教会の神父による児童への性的虐待と、それを隠蔽してきた組織への追及。この衝撃の実話を映画化した社会派ドラマ。マーク・ラファロ、マイケル・キートンら実力派俳優たちが共演し、巨大権力に屈せず、事実を明るみにしようとする記者を演じる。
f0064229_16192695.jpg

【あらすじ】
2002年、アメリカの新聞『ボストン・グローブ』の記者たちによって、カトリック教会のスキャンダルが明るみに出る。神父による性的虐待とその事実を看過し続けたカトリック教会の共犯とも言える関係を、『スポットライト』と名のついた一面記事に掲載したのだ。彼らの追跡は、教会で長く隠蔽されてきた衝撃的な歴史を暴き、社会で最も権力をふるう人物たちを失脚に追い込むことになる、記者生命を懸けた闘いだった……。
f0064229_16195559.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-04-17 16:19 | 映画 | Comments(0)

ミニオンズ

全編に渡ってパロディシーンが織り交ぜられています。設定が1960年代ということでBEATLES・イギリスがキーワード。ミニオンズは沢山の国の言葉が少しずつ混ざって聞き取れることもあります。
個人的にはそれほど楽しめませんでしたが、出来としてはそれなりだと思います。
f0064229_13211199.jpg



【作品情報】
アニメーション『怪盗グルー』シリーズに登場し、グルーの手下として彼をサポートする、バナナが大好きな謎の黄色い生物ミニオン。そんな彼らを主人公にしたスピンオフ作。人類よりもはるか昔に誕生し、その時代その時代の最強のボスに仕えてきた彼らが、新たなボスを探すための旅に出るユニークな物語が描かれる。
f0064229_13211842.jpg

【あらすじ】
謎の黄色い生物ミニオンが誕生したのは、人類が誕生するよりもずっと前のことだった。ティラノサウルスやドラキュラ、ナポレオンといったその時代その時代の最強のものに仕えてきたミニオンたちだが、毎度失敗して長続きしない。仕えるべきボスがいなくなるとともに生きる目的を見失うミニオンたち。そんな仲間たちのために、ケビンやスチュアート、ボブは南極やニューヨーク、ロンドンを周り、最強最悪のボスを探す。
f0064229_13212981.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-08-15 13:22 | 映画 | Comments(0)
アカデミー作品として評価が高いので少しハードルを上げて観てきました。jazzセッションで映像をつないでいる雰囲気はすごく新鮮。ただし画面がなにかしらず~と動いているし、長回しがやたらと多い。TCXのG列で鑑賞したので、観終わった後頭痛になってしまった。この映画は大スクリーンでないほうがいい。シャンテあたりが良かった。話の中身は結構つまらない。妄想・幻想が一体どこまでが現実でどこまでが空想?この辺が分かりにくく説明もないので難解に感じます。個人的には「アメリカンスナイパー」「博士と彼女のセオリー」などの方がオスカーだったように感じます。
f0064229_15445316.jpg


【作品情報】
『バットマン』シリーズで主人公を演じたマイケル・キートンが、かつてヒーロー映画で人気を博した俳優に扮し、再起をかけてブロードウェイの舞台に挑む姿を描くブラック・コメディ。人間ドラマに定評のあるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が『ゼロ・グラビティ』で撮影を担当したエマニュエル・ルベツキを迎え、ほぼワンカットの映像で見せる。
f0064229_1545736.jpg

【あらすじ】
俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、かつて『バードマン』というスーパーヒーローを演じ一世を風靡したものの、シリーズ終了して20年経った今ではすっかり落ち目となってしまった。彼はレイモンド・カーヴァーの小説『愛について語るときに我々の語ること』を自ら脚色・演出・主演を手がけ舞台化、ブロードウェイで上演し、再び喝采を浴びようとする。しかし起用した実力派俳優のマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)ばかりが注目される上に、娘サム(エマ・ストーン)との溝も深まる一方。リーガンは精神的に追い込まれていく……。
f0064229_15452410.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-04-11 15:45 | 映画 | Comments(0)
日本4月1日公開予定、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督がマイケル・キートンを主演に迎えた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(4月10日公開)が作品賞に輝いたようです。
助演男優賞を初ノミネートで受賞した『セッション』のJ・K・シモンズ。
助演女優賞を初受賞した『6才のボクが、大人になるまで。』のパトリシア・アークエット。
『博士と彼女のセオリー』にて、実在の理論物理学者で筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患うスティーヴン・ホーキング博士を演じ、主演男優賞に輝いたエディ・レッドメイン。
主演女優賞は「アリスのままで」のジュリアンムーア。

半分くらい公開していないのでこれからせっせと見ます。
f0064229_19335735.jpg

f0064229_19341156.jpg

f0064229_19342622.jpg

f0064229_19343994.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-02-23 19:35 | 映画 | Comments(0)