はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

タグ:サム・ワーシントン ( 5 ) タグの人気記事

ハクソー・リッジ

実話を元に10年ぶりの監督としてメル・ギブソン復活。アメリカ史上初の名誉勲章を受けたデズモンド・ドスの衛生兵として銃を持たず仲間を救出する話。
戦闘シーンが後半ほとんどで人によっては冗長感のある演出でしたが、私個人としては救出シーンのリアルな感じが伝わり良かったです。
話のエッセンスとしてドロシーとの恋愛シーンが織り込まれますが、この辺のバランスもよかった。実際に戦争を舞台とした映画で戦闘シーンと部隊内のシーンだけだと重たい感じになるところですが、家族の背景やなぜ志願兵として戦場に行きながらも先頭にかかわらず貢献する選択をしたのかが明確でした。ブレイブハートでは13世紀末のスコットランドという時代を描き彼の才能を感じましたが、今回の作品も非常に完成度が高く素晴らしいものでした。
f0064229_15135387.jpg


【作品情報】

衛生兵として一晩で75名の日米の負傷兵を救い、武器を持たない兵士としてアメリカ史上初の名誉勲章を受けたデズモンド・ドス。アンドリュー・ガーフィールドがドスを演じ、メル・ギブソンがその半生を映画化した人間ドラマ。沖縄の激戦地“ハクソー・リッジ”でドスが取った勇気ある行動が臨場感あふれる戦闘シーンとともに描かれる。

f0064229_15135735.jpg
【あらすじ】
ヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)の父トム(ヒューゴ・ウィーヴィング)は第1次世界大戦出征時に心に傷を負い、酒におぼれて母バーサ(レイチェル・グリフィス)との喧嘩が絶えなかった。そんな両親を見て育ち「汝、殺すことなかれ」との教えを大切にしてきたデズモンドは、第2次大戦が激化する中、衛生兵であれば自分も国に尽くせると、父の反対や恋人ドロシー(テリーサ・パーマー)の涙を押し切り陸軍に志願する。グローヴァー大尉(サム・ワーシントン)の部隊に配属され、上官のハウエル軍曹(ヴィンス・ヴォーン)から厳しい訓練を受けるデズモンド。生涯武器には触らないと固く心に誓っている彼は、上官や仲間の兵士たちから責められても頑なに銃をとらなかった。ついに命令拒否として軍法会議にかけられても貫き通した彼の主張は、思わぬ助け舟により認められる。1945年5月、グローヴァー大尉に率いられ、第77師団のデズモンドとスミティ(ルーク・ブレイシー)ら兵士たちは沖縄のハクソー・リッジに到着。そこは150mの断崖がそびえ立つ激戦地だった。倒れていく兵士たちに応急処置を施し、肩に担いで降り注ぐ銃弾の中をひるむことなく走り抜けるデズモンドの姿に、感嘆の目が向けられるように。しかし丸腰の彼に、さらなる過酷な戦いが待ち受けていた。
f0064229_15153346.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-06-25 15:15 | 映画 | Comments(0)

崖っぷちの男

アスガー・レス監督、初作品でかなりの良作に仕上がっています。ストーリーとクレーンカメラで撮影された緊張感ある映像、多少突っ込みどころはあるもののスリリングな潜入。ほとんど贅肉のない102分という上映時間も好感が持てました。こういう作品は劇場はパッとしないけどDVDになると店頭で貸し出しっぱなしになるんですよね~。時間がある方は劇場で!

f0064229_125018.jpg

あらすじ・解説
冤罪を晴らすため、偽装自殺という一世一代のギャンブルを企てた男の命懸けの戦いを描いたサスペンス。『アバター』や『タイタンの戦い』でハリウッドスターの仲間入りを果たしたサム・ワーシントンを主演に迎えた本作は、高層ホテルの21階の壁面という、まさに“崖っぷち”に立つ主人公、交渉を試みる警察官の心理戦、それを見守る観衆の視線、さらに同時進行するもうひとつの計画が重層的に組み合わさりスリリングな展開を見せる。ジェイミー・ベル、エリザベス・バンクス、そしてベテラン俳優エド・ハリスといった、脇を固める個性派俳優の面々も魅力たっぷり。さらに、特殊なクレーンカメラで撮影されたビルの壁面シーンはスリル満点の迫力だ。
f0064229_12494424.jpg

解説
30億円のダイヤモンド横領罪で服役し脱走した元ニューヨーク市警官が、高層ビルから飛び降りようと身を乗り出す中、次第に彼の目的が明らかになっていくサスペンス。主演は「アバター」「タイタンの戦い」のサム・ワーシントン。ほか、「スリーデイズ」のエリザベス・バンクス、「リトル・ダンサー」「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」のジェイミー・ベル、「ポロック 2人だけのアトリエ」をはじめ4度アカデミー賞にノミネートされたエド・ハリスらが出演。監督は本作がデビュー作となるアスガー・レス。また、「トランスフォーマー」「RED/レッド」で製作を務めたロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラとマーク・ヴァーラディアンが本作でもタッグを組む。
f0064229_12503332.jpg

あらすじ
30億円のダイヤモンドを横領した罪で服役しているニューヨーク市警の元警察官ニック・キャシディ(サム・ワーシントン)は、脱獄し、高級ホテルの高層階に現れた。そして窓枠を越え、飛び降りようとする。大勢の人が固唾をのみながらニックを見守る。ニックは要求を伝えるための交渉人としてニューヨーク市警の女性刑事リディア(エリザベス・バンクス)を指名する。ニックからある依頼を受けた弟(ジェイミー・ベル)、元同僚のニューヨーク市警警官たち、ニューヨークでも指折りのダイヤモンド王と呼ばれる実業家(エド・ハリス)らの様々な思惑が交錯する中、ニックの本当の目的が明らかになっていく……。
[PR]
by hageuz | 2012-07-07 12:50 | 映画 | Comments(0)

タイタンの戦い 3D

4/23公開ですが、一足先に試写会で観てきました。結論・・・GWには別の作品を観に行ってください。
¥2,100の価値はありません。
(以下、若干ネタばれあります。観に行く人は読むのはやめておいてください。)
f0064229_19404444.jpg


そもそも、1981年に製作された同名スペクタクル映画のリメイク作品ですから当時観た方はストーリーは分かっていますよね!最後の武器はポスターでおなじみの蛇女メデューサ・・・
冥界の王ハデスの最終兵器は何か見たことのあるモンスターキャラの複合版だし・・・
3Dにしなくちゃならないわけでもなく、アバターを観た後に同じ主役のサム・ワーシントンがでてきたらそりゃ駄目ですわね!
どうせリメイクするならタイタンの戦いの前に上映された「アルゴ探検隊の大冒険」にしてほしかったなぁ・・
それにしても、先月に公開された「パーシージャクソンとオリンポスの神々」もギリシャ神話の時代でポセイドンが主役でしたけど、神様の道徳観(倫理観)の無さにはあきれます。人間の女房を神がいただいちゃったらそりゃまずいよ~それも旦那に変身してじゃ犯罪じゃん!
メデューサ役のナタリア・ヴォディアノヴァは2010年のバンクーバーオリンピック閉会式において、次期ソチオリンピック紹介のプレゼンテーションに出演してた人です!

f0064229_19411191.jpg

【STORY】
神々が君臨していた時代。熾烈な権力闘争により、人間が王たちに戦いを挑み、そして王たちは神々と戦う事態に陥る。だが、神同士の戦いに発展すれば、世界が破滅しかねない。神々の王ゼウスの息子として生まれながらも人間として育てられたペルセウスは、復讐心に燃える冥界の王ハデスに、何もできぬまま家族を奪われてしまう。失うものが何もなくなったペルセウスは、ヘデスがゼウスから力を奪い、地上を地獄と化す前にヘデスを打ち破るという危険な任務を進んで担う。命知らずの戦士たちを率い、ペルセウスは危険を承知のうえで禁断の世界へ飛び込んでいく。忌むべき悪魔や恐ろしい獣たちとの戦いの中で、彼が生き残る道はただ一つ。神としての力を受け入れ、定められた自分の未来に逆らい、自らの運命を切り開くことができるかどうかにかかっていた…。

デズモンド・デイビス監督作『タイタンの戦い』(1981)に基づき、『インクレディブル・ハルク』『トランスポーター』のルイ・レテリエ監督がリメイク。ゼウスの息子・ペルセウスを演じるのは、『ターミネーター4』でハリウッド・スターの仲間入りを果たしたサム・ワーシントン。『シンドラーのリスト』で米アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたリーアム・ニーソンが偉大なるゼウスを演じ、レイフ・ファインズが人間を恐怖に陥れる冥界神ハデスを演じる。(作品資料より)
[PR]
by hageuz | 2010-04-16 19:46 | 映画 | Comments(0)

アバター

青い皮膚をした知的生命体ナヴィが住むパンドラという惑星に、地球からやって来た軍隊が踏み込んでいく。ジェームズ・キャメロン監督が「タイタニック」から14年ぶりの新作。前宣伝もかなり前からやっていましたので期待してました。さすがに温めて作った作品は見ごたえがありました。3Dで観ましたが、臨場感などを考えると3Dで見るのがお勧めです。(若干暗くなるのが気になりますが・・・)見ごたえはあるし映画の娯楽としての醍醐味は素晴らしいのですが、2時間回ったあたりから少しだれた感じが出てきました。162分という時間は、最近の映画にしては少し長すぎますね~。
f0064229_19453069.jpg

【STORY】
元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様ざまな発見と思いがけない愛を経験した彼は、やがて一つの文明を救うための戦いに身を投じていく…。
f0064229_19454392.jpg

『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が描く、想像を超えた新たな世界で繰り広げられるエピック・アクション・アドベンチャー。構想14年、製作4年。キャメロン監督のイマジネーションに、ようやく映像テクノロジーが追いついた結果、ついに製作が始まった本作。この映画のために開発された革新的な技術により、登場キャラクターの感情や感動的なストーリー展開が圧倒的スケールで描き出される。(作品資料より)
f0064229_19455687.jpg

[PR]
by hageuz | 2009-12-26 19:46 | 映画 | Comments(0)

ターミネーター4

前作ターミネーター3では、サラ・コナーが審判の日を止めたと思っていたら続いていましたみたいな話で、女性ターミネータが評判になっただけの「スピンアウト」的な話だったので、今回は少し期待して先行上映を観てきました。ジョン・コナーがクリスチャン・ベイルでいいの?って感じはしたもののT600が意外に無骨でT800より凄味があってよかった。CGでシュワちゃんもちょびっと出てます(-_-メ)いらんです!
サイバーダイン社がT600やT800とは全く違うターミネータを作っていたことがこの話のpointです。
全体的にはまとまっていたし「T3」と比べると話がしっかりしてましたが、突っ込みどころは満載です。
ジェームズ・キャメロン が監督をしていた「T1/T2]とは全く異なった作風だけど、今っぽいんじゃないかなぁ?悪くはないです!
f0064229_16264993.jpg


【STORY】
人類か機械か、決着をつける時が来た──

遂にターミネーター誕生の秘密が明らかになる!

2018年。人類の滅亡を狙う機械軍〈スカイネット〉が起こした核戦争~〈審判の日〉~から、10年が経った。ジョン・コナーは、生き残った人間たちによる抵抗軍の指導者を引き受け、スカイネットとの戦いを決意する。
ある日、ジョンは謎の男マーカス・ライトと出会う。彼の体は半分が人間で、半分ターミネーターだった。敵か味方か、マーカスは記憶を失くしていた。
f0064229_1627732.jpg

スカイネットも抵抗軍との決戦の準備を着々と進めていた。ジョンは、彼らの新型ターミネーター製造を阻止することを計画、マーカスと共スカイネットも抵抗軍との決戦の準備を着々と進めていた。ジョンは、彼らの新型ターミネーター製造を阻止することを計画、マーカスと共にスカイネットの心臓部へと入り込んでゆく。そこで二人が遭遇する、恐るべき秘密とは? ジョンの父、若い日のカイル・リースを保護する事ができるのか? ついに、人間と機械の最後の戦いが始まる──!
f0064229_16272744.jpg

20世紀のハリウッド映画史を代表する、エンタテインメント超大作『ターミネーター』シリーズ。生みの親であるジェームズ・キャメロン監督の壮大な世界観を守りながら、全く新たな物語が始まる新シリーズ。監督はマックG、脚本は『007/慰めの報酬』のポール・ハギス、『ダークナイト』のジョナサン・ノーランらが名を連ねる。ジョン・コナーを演じるのは、『ダークナイト』の歴史的大ヒットで勢いに乗るクリスチャン・ベイル。新シリーズの幕開けは、今まで語られなかった〈審判の日〉の後の未来の世界。旧シリーズでスカイネットがどうしても抹殺したかった、カリスマ的指導者ジョン・コナーが描かれる。
2009年6月13日、世界の終末が始まる。
f0064229_16283846.jpg

2009年アメリカ映画/原題:TERMINATOR SALVATION/スコープサイズ/全6巻/3,143m/SDDS、ドルビーデジタル、ドルビーSR/本篇上映時間1時間54分/字幕翻訳:菊地浩司
[PR]
by hageuz | 2009-06-06 16:30 | 映画 | Comments(2)