はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

タグ:クロエ・グレース・モレッツ ( 3 ) タグの人気記事

フィフス・ウェイブ

話のテンポは結構よく進んでいきます。アザーズ(ザキヤマじゃないっす)という地球外生命体が人間に寄生するというありがちな侵略が始まり、誰が敵で誰が味方なのかも分からない生命体を見分けるセンサーを装備した軍隊が攻撃を仕掛けるっている展開。それまでの4つのWAVEで99%の地球人はいなくなっているって設定ですが、どこにもそうわかる表現がありません。主人公のキャシーが、こんな状況で次第にサバイバル能力を身に着けながら、成長していく姿を描きたかったのでしょうね。
とはいえWAVE自体があまりに地味すぎて(第2の波くらいしかインパクトなかった)いったい何の映画を見に来ちゃったんだろうって感じになってしまいました。今年のワースト5には絶対に入いる観にいってはいけない第五の波作品でした。
f0064229_1395310.jpg


【作品情報】
謎の生命体“アザーズ”の襲来で壊滅的状況となった地球で、人類滅亡の危機に立ち向かう人々の姿をひとりの女子高生の目を通して描くSFミステリー。原作は13年に発刊されたベストセラー小説で、クロエ・グレース・モレッツが人間に紛れ込んだアザーズに怯えながらも、弟を探すために孤独なサバイバルに挑むヒロインを演じる。
f0064229_1310526.jpg

【あらすじ】
第1の波=暗黒、第2の波=崩壊、第3の波=感染、第4の波=侵略……。圧倒的知能を持つ生命体<アザーズ>により4度にわたる攻撃を受け、人類の99%が死滅。地球はほぼ壊滅状態となっていた。そんな中、生き残った女子高生キャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は、離ればなれになってしまった弟を救うため、子供たちが拉致された基地へと向かう。だが<アザーズ>は人間に紛れ込み、誰が敵なのか味方なのか分からない。そんな末期的な状況の中、旅の途中でキャシーはベン(ニック・ロビンソン)に命を助けられる。キャシーは彼に惹かれながらも心から信頼できないまま、ともに基地を目指すのだった。人類滅亡を意味する第5の波≪フィフス・ウェイブ≫が来る前に、人類は<アザーズ>を見抜き、彼らの目的を阻止できるのか……。
[PR]
by hageuz | 2016-05-03 13:10 | 映画 | Comments(0)

イコライザー

CIAの凄腕諜報員マッコール(デンゼル・ワシントン)はなぜホームセンター従業員になったのか?
これまでにいろんな悪党狩り系はありましたが、敵をやっつける時に時間を秒数で予測する演出が新しい。
日本人好みのストーリーなのですが、ボスキャラをやっつけるまでが冗長で30~40分は短縮されたんではないかしら。ホームセンターの従業員なんで、場所柄、そこの道具を使うことが多いんですが、いつもながらに自動釘打ち機は拳銃と同じくらい殺傷能力が高いんじゃないかと心配になります。
デンゼル・ワシントンが好きならお勧め。そうでなければDVDで冗長シーンは早送りで・・・
f0064229_20414263.jpg

【作品情報】
80年代に人気を博したテレビドラマをデンゼル・ワシントン主演でリメイクしたサスペンス・アクション。元CIAの諜報員が偶然出会った娼婦の少女を救うべく、身近な武器を手にロシアンマフィアに戦いを挑んでいく姿が描かれる。クロエ・グレース・モレッツが物語のカギを握る娼婦に扮し、これまでのイメージとは異なる役を熱演。
f0064229_20415746.jpg

【あらすじ】
ホームセンターの従業員として勤務、今では日々静かに暮らす元CIAの凄腕諜報員マッコール(デンゼル・ワシントン)は、ある夜、馴染みのカフェで娼婦の少女テリー(クロエ・グレース・モレッツ)と出会う。彼女を囲っているロシアンマフィアの非道を知ったマッコールは、彼の中で眠っていた正義感が目を覚まし、彼にしか出来ない“仕事”の遂行を決意。それは警察が介入できない不正やトラブルを身の周りにあるモノ全てを武器に変え、瞬時に解決することであった。世の中の不正を完全抹消する“イコライザー”と呼ばれる男、マッコールは元ロシア特殊部隊のロシアンマフィアに対峙していく……。
[PR]
by hageuz | 2014-10-26 20:42 | 映画 | Comments(0)

モールス

予備知識の無い状態で映画を観るより、知識を入れていった方がいいとfacebookで書いたにもかかわらず、妻が「行こう」という一言で予習もせず観ちゃいました。
タイトルと予告のイメージから「幼い女の子が問題を抱えていて、男の子が助けるラブロマンス系」と勝手に想像していたら、驚きのバンパイアホラー!それもリメイクと後で知って2度びっくり。
作品自体は可もなく不可もないけれど、ラストシーンは少しショッキングですよ!
ホラーとしてより、主人公オーウェンとアビーの2人の演技には注目です。個人的には割と好きです。こんな感じの作品は・・・
f0064229_17573655.jpg


作品解説・紹介
雪の中を裸足で歩く少女と、たったひとりナイフを握り中庭の木に怒りをぶつける少年。少女に恋すること、それは文字通り命がけであり、まさに全身全霊を傾ける献身の愛を意味する。演じるのは『キック・アス』でブレイクしたクロエ・グレース・モレッツと『ザ・ロード』で鮮烈な印象を残したコディ・スミット=マクフィー。2人の優れたティーン俳優を主演に、『クローバーフィールド/HAKAISHA』で注目を集めたマッド・リーヴス監督がスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』をリメイクした本作は、世界的に高い評価を得たオリジナル版に勝るとも劣らない傑作ホラーであり、同時に切なさ溢れる究極の恋愛映画に仕上がっている。

解説
スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督がハリウッド版として映画化。連続猟奇殺人と、幼い男女のピュアな初恋の行方を描く。出演は「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ、「ザ・ロード」のコディ・スミット=マクフィー。
f0064229_17575078.jpg

あらすじ
雪に閉ざされた田舎町。12歳のオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は学校でいじめられていたが、二人きりで暮らす精神的に不安定な母親に相談できずにいた。彼の唯一の楽しみは、自分の部屋から望遠鏡で他の部屋を覗き見すること。ある夜、望遠鏡を覗いていた彼は、雪の中を裸足で歩く隣に越してきた少女を見る。雪の夜、オーウェンが中庭で一人遊んでいると、あの少女が現れ、夜の中庭で何度か会ううちに段々と二人はうちとけていく。彼女は、12歳くらいだが自分の誕生日を知らず、ルービックキューブが得意で、アビー(クロエ・グレース・モレッツ)という名であった。彼女に惹かれていくオーウェンは、アビーの部屋から聞こえてくる荒々しいどなり声に心を痛めていた。ある日、オーウェンはモールス信号のメモをアビーに渡し、壁越しに話そうと伝える。自分を心配してくれたオーウェンがいじめられていることを察したアビーは「やり返すのよ。私が守ってあげるから」と言う。二人は自分の部屋から壁越しにモールス信号で二人だけの合図を送りあうようになり絆を深めていく。アビーを守りたいと変わっていくオーウェンは、いじめっ子に仕返ししたことに興奮し、アビーに血の誓いを交わそうと指を切る。すると今まで笑顔だったアビーが血を見た途端に様子が急変、「消えろ」と言って走り去る……。時を同じくして、この小さな町で残酷な連続猟奇殺人が起こり始めた。生きたまま首を切り裂かれ血を全て抜き取られた少年、トンネルで惨殺された男性……。そんな中、車の事故で容疑者と思われる男が病院に搬送されたが、彼は頭から硫酸を被っていて刑事と話もできない。そしてその男は手がかりとなるメモを残し病室から転落死してしまう。だが、血液が抜かれたジャックという男の死体が湖から発見されたことで事件は進展。彼の自宅を調べていると、近隣の女性が最近、首を噛み切られ病院に搬送された後、病室が発火して死んだらしいことが判明する。この団地に何かがある。刑事は団地へ乗り込み、ドアの前で拳銃を構えるが、家の中からは応答はない。ドアの向こうで息を殺していたのはオーウェンだった……。
[PR]
by hageuz | 2011-08-15 17:58 | 映画 | Comments(0)