はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

タグ:エディ・レッドメイン ( 4 ) タグの人気記事

ワーナーのロゴが出て、ハリーポッターのテーマが流れ、なるほどハリポタファンをくすぐるスタート。魔法のトランクの中身はすごいことになっていて、魔法動物が逃げ出すことで事件が起きます。
マグル(人間界)の呼び方がアメリカでは違っています(ノーマジ)。日本語吹替版で観ましたが、3D版のほうが迫力があったかも。全体的に「暗い」印象が強くせっかく学園から離れた話なら、もう少しわくわく感を増してもよかったのでは?と感じました。デイビット・イェーツ監督の創り出す映像テイストを考えるといっそ監督を違う人にしてみてはどうかと思います。

【作品情報】
『ハリー・ポッター』シリーズのJ.K.ローリングが原作・脚本を手がけるファンタジー。ホグワーツ魔法魔術学校で学び、魔法使いになった魔法動物好きの青年スキャマンダーが、NYで逃してしまった魔法動物を捜そうと大冒険を繰り広げる。『リリーのすべて』のエディ・レッドメインが主人公のスキャマンダーを演じる。
f0064229_15545775.jpg

【あらすじ】
優秀だけどおっちょこちょいな魔法使いニュート・スキャマンダーは、世界中をめぐって魔法動物を集めては不思議なトランクに詰め込んでいる。ニューヨークに立ち寄ったところ、トランクが普通の人間のものと入れ替わり、危険な魔法動物たちがトランクから逃げ出してしまう。ニューヨークは大パニック。ニュートは魔法省から追われ、さらには魔法省の壊滅を狙う謎の組織も現れ、思わぬ事態に。新たに出会った仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートは冒険を繰り広げる。
f0064229_15544341.jpg

【ネタバレ】
グレイブスが捕縛され、ニュートに魔法をかけられると、グレイブス(コリン・ファレル)の本当の顔がグリンデルバルドであることがわかります。そして、そのグリンデルバルドは、ジョニー・デップが演じていました。
【謎】
今作で明らかにされず、作品中に回収されずに終わった主な伏線や謎は以下の通り。
1.ニュートの元彼女(リタ・レストレンジ)の存在
2.ダンブルドアとグリンデルバルドがどう物語に絡んでくるのか
3.「覚えておけ」と捨て台詞を吐いたグリンデルバルドがどうなるのか
4.「本が完成したらまた来る」と言い残して去ったニュートとティナの関係は?

f0064229_15551078.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-11-26 15:55 | 映画 | Comments(0)

リリーのすべて

エディ・レッドメインは難しい役を続けて名演技でした。それ以上に妻役のゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)の苦悩がよくわかりました。1930年代に世界で初めて性別適合手術をうける夫を支える妻の気持ちはいかばかりだったかとおもいます。結末はネタバレになりますから書けませんが、心と身体との不一致に苦悩したアイナーが解放された時間を思うと少し悲しい気持ちになります。
機会があればリリーの日記を読んでみたいです。アリシア・ヴィキャンデルの助演女優賞は文句なしでした。
f0064229_15513199.jpg

【作品情報】
1930年代に世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を描く人間ドラマ。自分の内側に潜んでいた女性の存在に気付き苦悩する主人公と、変わっていく夫に困惑する妻の姿が描かれる。『博士と彼女のセオリー』で第87回アカデミー賞主演男優賞に輝いたエディ・レッドメインが主人公のアイナーを演じる。
f0064229_15514050.jpg

【あらすじ】
1930年。デンマークに住む風景画家アイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、ある日、肖像画家である妻のゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に頼まれ女性モデルの代役を務めることに。これをきっかけに、アイナーに内在していた女性性が目覚めていった。次第にリリーという名の女性として過ごすことが多くなっていき、心と身体との不一致に苦悩を深めていくアイナー。ゲルダもまた、アイナーが夫でなくなっていくことに困惑するものの、やがてリリーこそがアイナーの本来の姿であると理解し受け入れていく。そしてパリに移住し解決の道を探す二人の前に、ある婦人科医が現れる――。
f0064229_15515172.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-03-20 15:51 | 映画 | Comments(0)

博士と彼女のセオリー

エディ・レッドメインのアカデミー主演男優賞受賞はなるほどと感心するとともに、ジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)の献身的な愛情の方に感情移入してました。人は一人では生きられないのでしょう、障害があろうが健常であろうが夫婦としての絆が何か存在しているからこそ、愛をはぐくんでいけるのでしょう。
ALS、余命2年といわれながら今も健在である事実と2年といわれながら、今は別の人生を歩んでいるジェーンの葛藤が素晴らしい作品でした。フェリシティ・ジョーンズの次回作に大いなる期待をしています。
f0064229_1344417.jpg

【作品情報】
理論物理学者として宇宙の起源の解明に挑むなど、数々の研究で現代宇宙論に多大な影響を与えたスティーヴン・ホーキング博士。難病ALSと闘いながら、研究に打ち込む彼を献身的な愛で支え続けた元妻ジェーンの手記を映画化したヒューマン・ラブストーリー。『レ・ミゼラブル』のエディ・レッドメインが若き日のホーキング博士を演じる。
f0064229_134561.jpg

【あらすじ】
天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)がケンブリッジ大学の大学院に在籍中、詩を学ぶジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、二人は恋に落ちる。だが直後にスティーヴンは難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症、余命2年の宣告を受ける。そんな彼と共に生きると覚悟を決めたジェーンは、一緒に病気と闘う道を選択し、やがて二人は結婚、そして出産……。自分たちに与えられた時間がどれほど貴重なものかを知る二人は、歳月を重ねるごとに増す試練に強固な愛の力で立ち向かっていくが、時には壁に突き当たり、限界を感じ、自身の無力さに打ちひしがれるのだった。しかし、刻々と悪化するALSとの闘病生活の中、ホーキング博士は持ち前のユーモアで乗り越え、“車椅子の科学者”として最先端の研究を精力的に行い、講演活動や執筆活動へ意欲的に取り組んでいく……。
f0064229_135942.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-03-29 13:05 | 映画 | Comments(0)
日本4月1日公開予定、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督がマイケル・キートンを主演に迎えた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(4月10日公開)が作品賞に輝いたようです。
助演男優賞を初ノミネートで受賞した『セッション』のJ・K・シモンズ。
助演女優賞を初受賞した『6才のボクが、大人になるまで。』のパトリシア・アークエット。
『博士と彼女のセオリー』にて、実在の理論物理学者で筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患うスティーヴン・ホーキング博士を演じ、主演男優賞に輝いたエディ・レッドメイン。
主演女優賞は「アリスのままで」のジュリアンムーア。

半分くらい公開していないのでこれからせっせと見ます。
f0064229_19335735.jpg

f0064229_19341156.jpg

f0064229_19342622.jpg

f0064229_19343994.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-02-23 19:35 | 映画 | Comments(0)