はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

タグ:アンドリュー・ガーフィールド ( 3 ) タグの人気記事

ハクソー・リッジ

実話を元に10年ぶりの監督としてメル・ギブソン復活。アメリカ史上初の名誉勲章を受けたデズモンド・ドスの衛生兵として銃を持たず仲間を救出する話。
戦闘シーンが後半ほとんどで人によっては冗長感のある演出でしたが、私個人としては救出シーンのリアルな感じが伝わり良かったです。
話のエッセンスとしてドロシーとの恋愛シーンが織り込まれますが、この辺のバランスもよかった。実際に戦争を舞台とした映画で戦闘シーンと部隊内のシーンだけだと重たい感じになるところですが、家族の背景やなぜ志願兵として戦場に行きながらも先頭にかかわらず貢献する選択をしたのかが明確でした。ブレイブハートでは13世紀末のスコットランドという時代を描き彼の才能を感じましたが、今回の作品も非常に完成度が高く素晴らしいものでした。
f0064229_15135387.jpg


【作品情報】

衛生兵として一晩で75名の日米の負傷兵を救い、武器を持たない兵士としてアメリカ史上初の名誉勲章を受けたデズモンド・ドス。アンドリュー・ガーフィールドがドスを演じ、メル・ギブソンがその半生を映画化した人間ドラマ。沖縄の激戦地“ハクソー・リッジ”でドスが取った勇気ある行動が臨場感あふれる戦闘シーンとともに描かれる。

f0064229_15135735.jpg
【あらすじ】
ヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)の父トム(ヒューゴ・ウィーヴィング)は第1次世界大戦出征時に心に傷を負い、酒におぼれて母バーサ(レイチェル・グリフィス)との喧嘩が絶えなかった。そんな両親を見て育ち「汝、殺すことなかれ」との教えを大切にしてきたデズモンドは、第2次大戦が激化する中、衛生兵であれば自分も国に尽くせると、父の反対や恋人ドロシー(テリーサ・パーマー)の涙を押し切り陸軍に志願する。グローヴァー大尉(サム・ワーシントン)の部隊に配属され、上官のハウエル軍曹(ヴィンス・ヴォーン)から厳しい訓練を受けるデズモンド。生涯武器には触らないと固く心に誓っている彼は、上官や仲間の兵士たちから責められても頑なに銃をとらなかった。ついに命令拒否として軍法会議にかけられても貫き通した彼の主張は、思わぬ助け舟により認められる。1945年5月、グローヴァー大尉に率いられ、第77師団のデズモンドとスミティ(ルーク・ブレイシー)ら兵士たちは沖縄のハクソー・リッジに到着。そこは150mの断崖がそびえ立つ激戦地だった。倒れていく兵士たちに応急処置を施し、肩に担いで降り注ぐ銃弾の中をひるむことなく走り抜けるデズモンドの姿に、感嘆の目が向けられるように。しかし丸腰の彼に、さらなる過酷な戦いが待ち受けていた。
f0064229_15153346.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-06-25 15:15 | 映画 | Comments(0)
アメイジングスパイダーマンの2作目。1作目、旧来のスパイダーマンを現代風にリメイクして評価されての期待の2作目でしたが、1作目ほどのインパクトはありませんでした。ヒロインのグウェン・ステイシー( エマ・ストーン )が結構好きでしたが、この作品では・・・・「えっ」いいの~  観てのお楽しみ(*^^)v
すこしスパイダーマンのテンションが高すぎるのと、エレクトロ誕生の中身が少し一足飛びの感じは否めません。オズコープ社の御曹司との対決もすこし残念でしたしパワードスーツのライノとの戦いも・・・・
2作目は大体みんなこんなもんなんでしょうが、3作目はどうなるのかしら。
今回は少しづつ明らかになるピーターの父の謎がかなりわかったことぐらいが見どころですかね。
f0064229_14432415.jpg


【作品情報】
『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督が、アンドリュー・ガーフィールドを主演に迎えて描く、『スパイダーマン』の新シリーズの第2作。宿敵グリーン・ゴブリン、高圧電流を操るエレクトロ、サイ型のパワードスーツを身につけたライノという3人の強力な敵の出現に、ニューヨークを守るべくスパイダーマンが立ち向かう。
f0064229_14434446.jpg

【あらすじ】
特殊な力を得てスパイダーマンとして活躍する男子学生ピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は、次から次へと現れる強敵と戦い人々を守る責任の大きさを感じていた。そんな中、大企業オズコープ社の御曹司である幼なじみのハリー・オズボーン(デイン・デハーン)から、突然現れた最強の敵エレクトロ(ジェイミー・フォックス)らすべての敵の共通項はオズコープ社であることを知る……。
[PR]
by hageuz | 2014-04-26 14:45 | 映画 | Comments(0)
話全体は、今までのスパイダーマンと少し違っていますがより現実っぽくなった感じです。前作までのメリージェーン(キルスティンダンスト)より今回のグウェン・ステイシー(エマ・ストーン)が断然かわいくて良かったです。2Dで見ましたが、3Dの必然シーンは皆無。この手のコミックヒーローものがお好きな方は2時間20分退屈しないでいられると思います。
f0064229_15515966.jpg


あらすじ・解説
『ソーシャル・ネットワーク』のアンドリュー・ガーフィールドを主役に迎え、『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督の手によって“ニューヨークの親愛なる隣人”スパイダーマンが帰って来た!アンドリュー版スパイダーマンは、やせっぽちでナイーブな雰囲気を持つヒーロー。エマ・ストーン演じるグウェン・ステイシーや早々にニューヨーカーたちに正体を明かし、自分の弱さもさらけ出している。「守ってあげたい」と思わせる、新しいヒーロー像を誕生させた。栄えある新シリーズ1作目の悪役は、リース・イーヴァンズ演じる“リザード”。原作の基本は踏まえていながらも、新たな謎や人間関係も登場してくるので、これからの展開も気になるところだ。
f0064229_15524516.jpg

解説
アメコミから生まれた「スパイダーマン」シリーズの新章となる第1弾。主人公ピーター・パーカーの知られざるもうひとつの一面が3D映像で語られる。監督は「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ。出演は「アイム・ヒア」のアンドリュー・ガーフィールド、「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のエマ・ストーン、「ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ」のリース・イーヴァンズ、「ラブ・ソングができるまで」のキャンベル・スコット。

あらすじ
13年前に父リチャード(キャンベル・スコット)と母メアリー(エンベス・デイヴィッツ)が失踪して以来、伯父夫婦であるベン(マーティン・シーン)とメイ(サリー・フィールド)に育てられてきた高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)。彼は、ニューヨーク市警警部キャプテン・ステイシー(デニス・リアリー)の娘で、同級生のグウェン・ステイシー(エマ・ストーン)を密かに慕っていた。そんなある日、ピーターは自宅で父親の残していった鞄を見つける。中には、父の親友であった生物学者カート・コナーズ博士(リース・イーヴァンズ)と父の関わりを記したメモが入っていた。父のことを知ろうと、ピーターはオズコープ社で遺伝子を研究するコナーズ博士を訪ねるが、そこで遺伝子操作の実験中の蜘蛛に噛まれてしまう。その翌日、ピーターの体内で大きな異変が起こり始める……。
f0064229_15522517.jpg

[PR]
by hageuz | 2012-07-01 15:53 | 映画 | Comments(0)