はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

花戦さ

何故、池坊って言われるようになったかわかりました。(本当なのかな?)
全般的にそれなりにまとまった作品でした。野村萬斎さんは陰陽師から映画で拝見していますが、のぼうの城と役者として非常に上手ですね。
織田信長を「昇り龍のような人」と言われ、それを「松」で表現した作品は、生け花を知らない私からするととても素晴らしいものだった。
秀吉の仕打ちに対する戦いを生け花でおこない、秀吉に気づかせる展開。伏線に信長(中井貴一)の言葉が・・・
ラストはなくなった蓮(れん)を助けた場所で祈りをささげていたら、食べれば死に至る花に変わって・・・
f0064229_15140579.jpg
【作品情報】

華道の家元である池坊専好が、花を用いて豊臣秀吉を打ち負かしたという伝説をもとにした痛快時代劇。野村萬斎が大胆ないけばなで人々を驚かせる専好をユニークに好演。一方、秀吉役を市川猿之助が演じ、狂言師VS歌舞伎役者という伝統芸能の第一人者同士の顔あわせとなった。劇中に登場する200瓶を超えるいけばなにも注目。

f0064229_15140542.jpg
【あらすじ】
京都・頂法寺六角堂の花僧・池坊専好(野村萬斎)は立花の名手で、天下統一を目指す織田信長(中井貴一)の前で花をいけ、居合わせた千利休(佐藤浩市)らの心をつかむ。思わぬ失態から信長の不興を買ってしまい打ち首になりかかるが、豊臣秀吉(市川猿之助)が機転をきかせ彼の危機を救った。それから十数年が経ち、秀吉は乱世をおさめ、専好と利休は無二の友として互いの道を高め合っていった。やがて天下人・秀吉の驕りが目につくようになり、利休を切
f0064229_15140625.jpg
に処し、専好を慕う町衆の命を次々に奪うように。見かねた専好は立ち上がり、前田利家邸を舞台に、花を用いて太閤秀吉に一世一代の戦さを仕かける。

[PR]
# by hageuz | 2017-06-03 15:15 | 映画 | Comments(0)

光をくれた人

最近TVドラマで「母になる」が放送されていますが、母としてのハードルはTVのほうが高そうだな。トム・シェアボーン(マイケル・ファスベンダー)が、2回目の流産後に漂流してきた赤ん坊を育てたいと訴えた妻の希望を叶えてしまったのは仕方がなかったと理解できます。
2年後の洗礼式で生みの親に遭遇しなければ何事もなかったのでしょうが、「おてんとうさま」はやはり許してはくれないのですね。
生みの親ハナ・ポッツ(レイチェル・ワイズ)が真実を語ることをイザベル(アリシア・ヴィキャンデル)に伝えた結果がこの映画のラストシーンにつながってきます。非常にグッときますね。この作品の見どころはやはりトム・シェアボーン(マイケル・ファスベンダー)の葛藤と生き様なんだと思います。
女性向けの映画のようですが、男前の大人になるため男子に見てほしい映画です。秀作です。
f0064229_15435427.jpg
【作品情報】

オーストラリア人作家、M・L・ステッドマンのベストセラー小説を『ブルー・バレンタイン』のデレク・シアンフランス監督が映画化したラブストーリー。オーストラリアの孤島で灯台守をする夫婦の身に起きる出来事が描かれる。主人公のトムをマイケル・ファスベンダー、その妻をアリシア・ヴィキャンデルが演じる。

f0064229_15435800.jpg
【あらすじ】
1918年、トム・シェアボーン(マイケル・ファスベンダー)は戦争の英雄として帰国したが、心に深い傷を負い、オーストラリア西部バルタジョウズ岬から160キロ離れた絶海に浮かぶ孤島ヤヌス島の灯台守の仕事に就く。3ヶ月後、正式採用となったトムは契約を結ぶためにバルタジョウズの町へと戻るが、そこで眩しいほどの生命力に輝く女性イザベル(アリシア・ヴィキャンデル)と出会う。束の間の休日をイザベルと過ごすことになったトムは、彼女も戦争で二人の兄を亡くしたことを知る。島に戻ったトムは、イザベルとの出会いが人生に光を取り戻させてくれたことに気付き、彼女に感謝の手紙を送る。二人は想いを綴った手紙をやり取りするうち、心を通い合わせ、やがてトムはイザベルにプロポーズ。二人は結ばれ、孤島での結婚生活を始める。二人にとって何者にも邪魔されない孤島での暮らしは楽園だったが、流産という試練がイザベルを襲う。一度目の流産を乗り越え、再び身籠るがまたも流産。そんな時、島に1隻のボートが流れ着く。中には既に事切れた男と女の子の赤ん坊が乗っていた。一晩赤ん坊と過ごしたイザベルは、もはやその子を手放すなど考えられなくなっていた。自分たちの子供として育てようという彼女の強い懇願に負けたトムは、男の遺体を埋める。2年後。赤ん坊にルーシーと名付けたイザベルとトムは、洗礼式のため、バルタジョウズへと向かうが、そこでトムは教会の墓の前でむせび泣く女性ハナ・ポッツ(レイチェル・ワイズ)を見かける。その墓は、ボートで海に消えたまま消息がわからなくなった彼女の夫と娘の墓だという。親の反対を押し切りドイツ人男性フランクと結婚したが、ドイツは敵国だった。ある時、戦争で家族を失った者たちにドイツ人という理由だけで絡まれたフランクは、生まれて間もない娘とボートに乗って海へ逃げたのだった。罪悪感に苛まれたトムは島に戻る前に「夫君は神の御許だが娘さんは大切にされている」とだけ記した匿名の手紙をハナの家に届ける。驚いたハナはその手紙を警察に持っていくが、何の手がかりもないまま時は過ぎた。2年後。トムは、ハナのことは自分だけの胸に秘め、イザベルには何も知らせていなかった。ある日、灯台建設40周年を祝う式典に出席するため、トムはイザベルとルーシーを連れ、バルタジョウズに渡る。式典の会場にはハナがいた。そしてついにイザベルも真実を知る。自分たちの行為の重大さにおののきながら対立するイザベルとトム。やがてトムは島へ戻る前にある行動をとるのだが……。
f0064229_15440134.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-05-28 15:46 | 映画 | Comments(0)
この映画に出てくる会社は30年前だと普通でしたよね。最近はブラック企業と言われていますが、ひどい上司は結構いたような気がします。自ら命を絶つような人はいなかったけどやめていった人は結構いたのかも。死んだはずの山本に助けられた青山はいったんは持ち直すも、同僚が追い詰められて行った仕打ちから再度命を絶とうとするのですが・・・悩みを聞いてくれる同期や友人がいる人は何とか持ち直すのでしょうね。映画の中では山本はいったい何者なのか後半一気にわかって「納得」
会社を辞めると決断したらすごくはればれした強い青年になるところはよくわかります。成島監督らしい演出で小説の映画化には力を発揮できる監督ですね。
f0064229_15273469.jpg
【作品情報】

第21回電撃小説大賞に輝いた北川恵海の人気小説を映画化した人間ドラマ。幼なじみだと名乗る男との出会いを機に本来の自分を取り戻していく主人公が体験する不思議な出来事がつづられる。主人公の隆を工藤阿須加、謎の存在であるヤマモトを福士蒼汰が演じる。監督は『八日目の蝉』の成島出。

f0064229_15273492.jpg
【あらすじ】
厳しいノルマを課せられ、入社1 年目の青山隆(工藤阿須加)は精神的に追い詰められていた。疲労から駅のホームで意識を失い倒れかかったところに、電車がやってくる。はねられそうになった彼を助けたのは、ヤマモト(福士蒼汰)という謎の男だった。ヤマモトは隆と幼馴染だというが、隆には全く覚えがない。大阪弁でいつも爽やかな笑顔を見せるヤマモトと出会ってから、本来の明るさを取り戻し成績も上げていく隆。ある日、深刻な表情で墓地行きのバスに乗るヤマモトを見かけ不審に思い彼について調べたところ、ヤマモトは3年前に自殺していたことがわかる。
f0064229_15273350.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-05-28 15:29 | 映画 | Comments(0)

家族はつらいよ2

東京家族や前作と出演者はほぼ同じですが設定が長男が開業医から会社員になったり、亡くなった奥さんが元気に生きていたりとつらいよシリーズ化に向けて調整されてます。
山田洋次節は相変わらず炸裂していますが、観客層が物語っているように熟年層以上がターゲット。寅さんの後継シリーズと考えているのでしょう。
話の中心は「周造から免許返上させること」です。世の中でも問題になっているテーマですね。2作目とあって、平田家の家族一人一人のキャラを把握していたので笑いのツボは分かりやすかったですが、私のツボには沁みてきませんでした。俗にいう鉄板系ですから・・・
家族問題を今どき「うな重」で集合させる設定が「?どうなの今どき?」って感じですが、このように映像設定として切り取るあたりが「山田洋次」ならではなのですね。
f0064229_16485591.jpg

【作品情報】

巨匠・山田洋次監督によるホームコメディの第2弾。熟年離婚の危機を乗り越えた平田家の面々が新たな騒動に巻き込まれるさまがつづられる。一家の主である周造を橋爪功、その妻・富子を吉行和子が演じるなど、個性派キャストが再集結。一家に新たな騒動を引き起こす周造の同級生・丸田を小林稔侍が演じる。

f0064229_16490673.jpg
【あらすじ】
周造(橋爪功)と富子(吉行和子)の熟年離婚の危機から数年後。気ままなドライブを楽しんでいる周造だったが、周造の車にへこみ傷が目立つようになり、家族は高齢者の危険運転を案じる。そして運転免許を返納させようとするが、頑固な父を誰が説得するか兄妹夫婦でなすりつけ合っているのを見透かした周造が激怒。平田家は再び不穏な空気に包まれる。周造の免許返納について家族会議を開くため兄妹夫婦たちが集められたところ、前日に周造が家に泊めていた高校時代の友人・丸田(小林稔侍)が息を引き取っており、てんやわんやの大騒ぎになる。
f0064229_16490347.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-05-27 16:49 | 映画 | Comments(0)

ピーチガール

コミックは全く読まないので中身をわからないまま鑑賞。いままではこのパターンでもそれなりに楽しめてきましたが、この作品は無理でした。
とりわけ永野芽郁さん演じる沙絵の悪事がひどすぎる。ももちゃんの気持ちの変化や周りの男子との関係の変化が「現代のJKって本当にこんなの?」と理解できない。
山本美月ちゃん好きな女優さんだけど、声が低いので叫び声は引きます。なかなかブレークしない理由の一つかも。次作は期待してますよ。
皆さんは観に行かないでください。
f0064229_16313286.jpg
【作品情報】

上田美和の人気コミックを、山本美月とHey! Say! JUMPの伊野尾慧主演で実写映画化した青春ラブストーリー。ギャル風な外見から遊び人と疑われているピュアな女子高生の恋の行方が描かれる。ヒロインの片思い相手を真剣佑、その恋路を邪魔しようとする小悪魔女子を永野芽郁が演じるなど、注目の若手が共演する。

f0064229_16314110.jpg
【あらすじ】
女子高生の安達もも(山本美月)は元水泳部で、日焼けした肌に塩素で色が抜けたために赤くなった髪という一見ギャルのような容貌のせいで、遊んでいると誤解されがちだった。しかし内面はとても一途で、中学時代からとーじ(真剣佑)に片思いをしている。しかしある勘違いから入学早々に学校で一番モテているカイリ(伊野尾慧)から一方的にキスされ、学校中の噂になる。さらに、色白で男ウケがいい性悪の同級生・沙絵(永野芽郁)がももからとーじを横取りしようと次々に罠を仕掛けてくる始末。そんなももの絶体絶命のピンチを救ったのは、カイリだった。カイリはももの純粋さに惹かれており、ももはとーじとカイリ、タイプの異なる二人の間で気持ちが揺れ動く。
f0064229_16313549.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-05-27 16:32 | 映画 | Comments(0)

たたら侍

4K映像ということでしたが、なかなか美しいシーンがおりこまれていました。ただし、意味のないカットや出演者に配慮した無駄なカットがあちこちあって冗長感が半端ないです。120分の作品でしたが、100分程度にスッキリまとめてほしかった。たたら吹きという独自の製鉄技術は非常に興味がわきましたが、話自体は非常につまらなかった。劇団EXILEのために作られたのかもしれませんが、年配者にもうけないと思いますね。

f0064229_15105223.jpg
【作品情報】

錆びない鉄、玉鋼を作る技術“たたら吹き”を後世に伝えようとする人々の思いを描く、EXILE HIROがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めた時代ドラマ。劇団EXILEの青柳翔が自らの宿命に反して、侍になろうとする主人公を演じるほか、その幼なじみを小林直己、許嫁を石井杏奈が演じるなど、EXILEファミリーが脇を固める。


【あらすじ】
f0064229_15105550.jpg
戦国時代末期。奥出雲にあるたたら村では、たたら吹きという独自の製鉄技術が古より伝わってきた。ここで作られる玉鋼と呼ばれる鉄は純度が高く、1000年錆びないとされている。伍介はその技術を受け継ぎたたら吹きを取り仕切る村下(むらげ)の長男として生まれた。ある時、鋼を目当てにした山賊たちに村が襲われ、無残な姿に変わりはてた村を前に伍介はただ茫然と立ち尽くすしかなかった。やがて成長し、村を守るために武術の腕を磨こうと、幼なじみの新平(小林直己)と共に訓練に励む伍介(青柳翔)。村下である父は、たたら吹きの継承者である伍介を咎めずに、自らの鉄作りを背中で教えていく。村を強くしようとする伍介だが、秘伝の技術を我が物にしようとする商人の企みにはまり、村を出て侍になろうとするが……。
f0064229_15105813.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-05-21 15:11 | 映画 | Comments(0)

メッセージ

第一印象は「未知との遭遇」に似た作風?未知との遭遇は異星人とのコミュニケーションでしたが、この作品はすでに異星人とのコミュニケーションを超え、言語的な会話と地球人との信頼。SFとして観るのではなくヒューマンドラマとして観たほうがしっくりきますね。賛否両論ある作品だと感じますが、私の評価はかなり高いです。
予知能力と宇宙人とのコミュニケーションをうまくミックスしています。ただ残念なのはエイミーアダムスがどうしても言語学者に見えなかったこと。彼女がの予知能力が最終的には全世界の平和に貢献し、これからの未来に大きな功績を残していたことを知っていたのはどれだけいたのかしら?異星人のデザインとヘプタポッド語のデザインの美しさと音声の調和が素晴らしいです。
f0064229_15493179.jpg

【作品情報】

SFファンから絶大な支持を受けるテッド・チャンの短編小説を映画化し、第89回アカデミー賞で8部門にノミネートされ、音響編集賞に輝いたSFドラマ。突然、地球に襲来した異星人との交流を通して言語学者が娘の喪失から立ち直っていく姿が描かれる。主人公の言語学者をアカデミー賞では常連の演技派エイミー・アダムスが演じる。

f0064229_15492574.jpg
【あらすじ】
言語学者のルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)は湖畔の家に独りで住み、今はいない娘ハンナとの何気ない日常を時おり思い出す。ある日、地球各地に大きな宇宙船のような物体が出現する。ルイーズは、宇宙船から発せられる音や波動から彼らの言語を解明し、何らかの手段でこちらのメッセージを彼らに伝えるよう、国家から協力を要請される。スタッフのなかには、物理学の見地から取り組むよう招集されたイアン(ジェレミー・レナー)もいた。ウェバー大佐(フォレスト・ウィテカー)に急かされながら、スタッフは少しずつ相手との距離を縮めていく。ルイーズは忙しくなるほど、ハンナの思い出が色濃く蘇る。しびれを切らした中国は核攻撃をしようとしていた。ルイーズは自分を指して「人類」というところからコミュニケートの端緒を掴む。彼らにはタコの足に似たものがあったため、彼らをヘプタポッドと呼ぶようにした。彼らはその先端から図形を吐き出す。刻々と変化する図形の規則性を見出すと、それらをコンピュータに打ち込んで会話ができるようになる。ルイーズとイアンはそれらの2体をアボットとコステロと名付ける。政府や軍はヘプタポッドが地球を攻めようとしているのではと相変わらず疑っていたが、そんなとき、ヘプタポッドの時間の概念は自分たちと大きく違っていることに気付く。彼らはアインシュタインの相対性理論の進化形の如く、驚くべき真実をルイーズたちに伝える。それは、3000年後の地球も現在と同じ座標軸にあるというものだった。ルイーズは彼らの言語を研究し理解するにつれ、自分の人生における経年も今までの時間軸の概念を超越したものになることを知る。ルイーズは彼らからの影響に混乱するが、過去が未来にやってくることが分かっても、愛することをやめないと確信する。ついに最終決断を下した中国の行動を止めるため、ルイーズはイアンを使って思い切った賭けに出る。彼女の行動は、地球を、そして彼女自身を救うことができるのか?
f0064229_15492869.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-05-20 15:56 | 映画 | Comments(0)

ラストコップ THE MOVIE

TVでもかなりくだらなさ全開でも人情・昭和感満載だったこの作品。パスポートで無料なので観てきました。
TVより少し予算がかけられたのか、CGやアクションシーンは少しだけグレードアップ。話としては不死身の京極が30年の昏睡状態がもたらした体の不調を元に最後の事件に全力で立ち向かう。ラストシーンではありがちなエンドストーリーからの・・・・ネタバレになるので言えないけど、このシリーズはどうやってもつなげていけないので続きは無しです。馬鹿馬鹿しいアクション映画観たい方はどうぞ。単純なアクションが観たいならワイルドスピードですね。
f0064229_15370682.jpg

【作品情報】

唐沢寿明と窪田正孝が凸凹刑事コンビを演じる人気ドラマの劇場版。30年もの昏睡状態から目覚めた熱血刑事・京極と、草食系の若手刑事・望月がコンビを組んで、常識無視の型破りな手段で事件解決に挑む。刑事ドラマとしての楽しさはもちろん、ミステリアスなストーリー展開や、京極を巡る家族ドラマも盛り込まれている。

f0064229_15370685.jpg
【あらすじ】
30年の昏睡状態から目覚めた熱血刑事・京極浩介(唐沢寿明)と、彼とバディを組むことになった若手刑事・望月亮太(窪田正孝)。豪快で破天荒な捜査方法で、コンプライアンスも常識も世間の空気も全て無視する“昭和の肉食デカ”と、“平成のザ・草食系刑事”の凸凹コンビが、横浜中央署に導入された人工知能によって巻き起こされる大事件に挑む。そして、“ニッポン壊滅”の危機を防ぐため、京極が下す決断とは……。
f0064229_15370654.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-05-20 15:37 | 映画 | Comments(0)
話としては結構単純。小遣いで守っていた惑星のバッテリーをロケットがくすねたことがばれたため、黄金の惑星から攻撃を受けるというもの。
ここに父親と名乗るエゴが登場し、彼の陰謀に巻き込まれていく。
個人的にこの作品の冗長さが合わない。くだらないギャグでは不覚に笑ってしまったが、特に特筆すべき内容はなく・・・
今回、昆虫の触角をもつMANTISが良かった。ロケットやベビーグルートは相変わらずです。まだまだ続きそうですが、次回は観に行かないかも。
f0064229_16282828.jpg

【作品情報】

マーベル・スタジオのキャラクターの中でも最もユニークなヒーロー・チーム、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの活躍を描く、人気シリーズの第2弾。チームのリーダー、ピーターにドラックス、ガモーラ、ロケットといったおなじみのキャラクターに加え、グルートの体から生まれたベビー・グルートら新たなキャラクターも登場する。

f0064229_16281894.jpg
f0064229_16282290.jpg
f0064229_16281940.jpg
f0064229_16282212.jpg
f0064229_16281720.jpg
f0064229_16281753.jpg
f0064229_16281649.jpg


f0064229_16282055.jpg

【あらすじ】
“スター・ロード”ことピーター・クイル(クリス・プラット)をリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな巨漢ドラックス(デイヴ・バウティスタ)、ツンデレ暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)など、偶然出会って勢いで結成された宇宙のはみ出し者チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”。小遣い稼ぎに仕事を引き受けた彼らは、なぜか“黄金の惑星”の艦隊から総攻撃を受け、宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に。間一髪、ガーディアンズを救ったのは、“ピーターの父親”を名乗る謎の男エゴ(カート・ラッセル)と、触れただけで感情を読み取れるマンティス(ポム・クレメンティエフ)だった。仲間からの忠告にも関わらず、次第にエゴに魅了されていくピーター。その姿を目にしたチームの間には、亀裂が生じてゆく。そこへ、ピーターの育ての親ヨンドゥ(マイケル・ルーカー)率いる宇宙海賊の襲撃が。さらに、銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯してゆく。果たして、ピーターの出生に隠された衝撃の真実とは?ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは、失われた絆を取り戻し、銀河を救うことが出来るのか? その運命の鍵を握るのは、チーム一小さくてキュートな、ガーディアンズの最終兵“木”グルートだった……。

[PR]
# by hageuz | 2017-05-19 16:31 | 映画 | Comments(0)

サクラダリセット 後篇

いよいよ後半、前半戦の伏線は相麻菫が生き返ったこと。ここで注目するのは管理局対策室室長・浦地正宗。

彼の個人的な目的は「咲良田から能力を消し去ること」

魔女がいなくなり、管理局には「未来視によって支えられていた危機対応能力」がなくなった。このままでは能力によるトラブルを管理局が処理し続けることは難しい。

「能力が存在することにより、人々は不幸になるだろう」咲良田に能力が存在した40年間を消し去り、現実を再構成する…「サクラダリセット(聖なる再生)」

咲良田に能力が生まれたのは40年前。そこには管理局の創始者となる3人の能力者がいた。

1人目は魔女。彼女は自分がこの先数十年間「未来視のシステム」として管理局の犠牲になることを知っていた。

2人目は浦地の父親。彼の能力は情報の消去。彼の能力によって全世界の能力者は「能力に関する記憶を失う」

3人目は浦地の母親。彼女の能力は「指定したものを失わないこと」。彼女の能力によって咲良田のみ例外的に「能力の対象外」にできる。

つまり、咲良田を能力者の町にしている境界線をつくっているのは浦地の両親だった。
入り込めない人は全く楽しめないだろうなぁ~。能力を組み合わせてどう対応するのか。浅井ケイ(野村周平)が高校生なのに素晴らしく観察力・推察力が高く、かっこよく演じでました。能力を残すべきか、無くすべきなのか。私の好きなフィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」という小説を使うシーンがあるなどこの手の作品が好きな人をくすぐるシーン満載。切ないがなぜかさわやかなエンディングもよかった。

f0064229_16161950.jpg

【作品情報】
河野裕の青春ミステリー小説を野村周平と黒島結菜を主演に迎えて実写映画化した2部作の後篇。住民の半数が特別な能力を持つ閉ざされた街・咲良田を舞台に、その力のせいで死んでしまった同級生を救おうとする高校生たちの物語がつづられる。『先生と迷い猫』など人間ドラマに定評のある深川栄洋が監督を務める。
f0064229_16162018.jpg
【あらすじ】
太平洋に面した地方都市・咲良田(サクラダ)の住人の半数は特別な能力を持ち、管理局の監視の元、能力の統制がなされていた。過去に体験したすべての記憶を保持する浅井ケイ(野村周平)と世界を最大 3 日分巻き戻せる『リセット』という能力を持つ春埼美空(黒島結菜)は、力を合わせると最大 3 日やり直すことができる。2年前に『リセット』の影響で同級生・相麻菫(平祐奈)が死んでしまい、二人は街中の様々な能力を組み合わせて彼女を蘇らせることに成功。しかし街のいたるところで能力の暴発事件が起こり、管理局の対策室室長・浦地正宗(及川光博)の一掃計画により能力がすべて消滅する。美空もまたリセットを失くし、唯一街の能力を覚えている者となったケイは咲良田の謎を追っていく。そんな彼を待ち受けていたのは、能力の再生を賭けた浦地との対決だった。
f0064229_16162133.jpg


[PR]
# by hageuz | 2017-05-19 16:16 | 映画 | Comments(0)