はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ハクソー・リッジ

実話を元に10年ぶりの監督としてメル・ギブソン復活。アメリカ史上初の名誉勲章を受けたデズモンド・ドスの衛生兵として銃を持たず仲間を救出する話。
戦闘シーンが後半ほとんどで人によっては冗長感のある演出でしたが、私個人としては救出シーンのリアルな感じが伝わり良かったです。
話のエッセンスとしてドロシーとの恋愛シーンが織り込まれますが、この辺のバランスもよかった。実際に戦争を舞台とした映画で戦闘シーンと部隊内のシーンだけだと重たい感じになるところですが、家族の背景やなぜ志願兵として戦場に行きながらも先頭にかかわらず貢献する選択をしたのかが明確でした。ブレイブハートでは13世紀末のスコットランドという時代を描き彼の才能を感じましたが、今回の作品も非常に完成度が高く素晴らしいものでした。
f0064229_15135387.jpg


【作品情報】

衛生兵として一晩で75名の日米の負傷兵を救い、武器を持たない兵士としてアメリカ史上初の名誉勲章を受けたデズモンド・ドス。アンドリュー・ガーフィールドがドスを演じ、メル・ギブソンがその半生を映画化した人間ドラマ。沖縄の激戦地“ハクソー・リッジ”でドスが取った勇気ある行動が臨場感あふれる戦闘シーンとともに描かれる。

f0064229_15135735.jpg
【あらすじ】
ヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)の父トム(ヒューゴ・ウィーヴィング)は第1次世界大戦出征時に心に傷を負い、酒におぼれて母バーサ(レイチェル・グリフィス)との喧嘩が絶えなかった。そんな両親を見て育ち「汝、殺すことなかれ」との教えを大切にしてきたデズモンドは、第2次大戦が激化する中、衛生兵であれば自分も国に尽くせると、父の反対や恋人ドロシー(テリーサ・パーマー)の涙を押し切り陸軍に志願する。グローヴァー大尉(サム・ワーシントン)の部隊に配属され、上官のハウエル軍曹(ヴィンス・ヴォーン)から厳しい訓練を受けるデズモンド。生涯武器には触らないと固く心に誓っている彼は、上官や仲間の兵士たちから責められても頑なに銃をとらなかった。ついに命令拒否として軍法会議にかけられても貫き通した彼の主張は、思わぬ助け舟により認められる。1945年5月、グローヴァー大尉に率いられ、第77師団のデズモンドとスミティ(ルーク・ブレイシー)ら兵士たちは沖縄のハクソー・リッジに到着。そこは150mの断崖がそびえ立つ激戦地だった。倒れていく兵士たちに応急処置を施し、肩に担いで降り注ぐ銃弾の中をひるむことなく走り抜けるデズモンドの姿に、感嘆の目が向けられるように。しかし丸腰の彼に、さらなる過酷な戦いが待ち受けていた。
f0064229_15153346.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-06-25 15:15 | 映画 | Comments(0)
大学生だった“向井理”は、祖母の書いていた手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿(90歳)を迎えた祖母へお祝いとしてプレゼントしたそうで、ここに書かれていた祖母の手記を映画化。結構ナメて観に行きました(期待しないでって意味です)
不覚にも泣いてしまいました。ラストシーンで長女役の岸本加世子さんと母親役の野際陽子さんの確執が雪解したシーンです。
あまり恵まれた障害ではなかったけど、持ち前の明るさと家族愛で生き抜いてきた芦村朋子さん(尾野真千子・野際陽子)を淡々と描いているだけですが・・・
ドラマとしてTVで放送でもよかった感はありますが・・・ぜひ観に行ってほしいという感じではないんですが、野際陽子さんが亡くなったタイミングも重なってグッときちゃいました。
f0064229_20201940.jpg
f0064229_20202041.jpg
【作品情報】

向井理が祖母・朋子の卒寿のお祝いにと、家族や親せきと自費出版して贈った祖母の手記を自ら企画し、映画化した家族ドラマ。戦後の厳しい時代を二人三脚でどんな困難をも乗り越えてきた夫婦と家族の物語がつづられる。向井理は自身の祖父・吾郎を、尾野真千子が祖母の若かりし頃を演じる。監督は人間ドラマに定評のある深川栄洋。

f0064229_20201982.jpg
【あらすじ】
慣れない手つきでパソコンに向かう芦村朋子。彼女は、亡くなった夫・吾郎との思い出を綴っていた。しかし朋子が突如倒れてしまい、孫の理は祖母に代わって手記をまとめることにする。そこには理が知らなかった、戦中~戦後の厳しい時代を生きぬいた朋子と吾郎の歴史、そして50年におよぶ家族の愛の物語が記されていた。

[PR]
# by hageuz | 2017-06-24 20:20 | 映画 | Comments(0)

史上最高の映画トップ100

イギリスの映画雑誌「エンパイア」がこのほど「史上最高の映画100本」を発表しました。
個人的には入れてほしい作品が抜けていますが、おおむねいいチョイスです。
まだご覧になっていない方は、まずはこの100作品は一見の価値があります。ボールドは私のおすすめ!

1.ゴッドファーザー(1972)
2.スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(1980)
3.ダークナイト(2008)
4.ショーシャンクの空に(1994)
5.パルプ・フィクション(1994)
6.グッドフェローズ(1990)
7.レイダース/失われたアーク 聖櫃(1981)
8.ジョーズ(1975)
9.スター・ウォーズ(1977)
10.ロード・オブ・ザ・リング(2001)
11.バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985)
12.ゴッドファーザーPARTII(1974)
13.ブレードランナー(1982)
14.エイリアン(1979)
15.エイリアン2(1986)
16.ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還(2003)
17.ファイト・クラブ(1999)
18.インセプション(2010)
19.ジュラシック・パーク(1993)
20.ダイ・ハード(1988)
21.2001年宇宙の旅(1968)
22.地獄の黙示録(1979)
23.ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002)
24.マトリックス(1999)
25.ターミネーター2(1991)
26.ヒート(1995)
27.続・夕陽のガンマン(1966)
28.カサブランカ (1942)
29.ビッグ・リボウスキ(1998)
30.セブン(1995)
31.タクシードライバー(1976)
32.ユージュアル・サスペクツ(1995)
33.シンドラーのリスト(1993)
34.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)
35.シャイニング(1980)
36.ディパーテッド(2006)

37.遊星からの物体X(1982)
38.マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015)
39.プライベート・ライアン(1998)
40.十二人の怒れる男(1957)
41.エターナル・サンシャイン(2004)
42.ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007)
43.カッコーの巣の上で (1975)
44.グラディエーター (2000)
45.ドライヴ (2011)
46.市民ケーン(1941)
47.インターステラー(2014)
48.羊たちの沈黙 (1991)
49.トレインスポッティング (1996)
50.アラビアのロレンス(1962)
51.素晴らしき哉、人生! (1946)
52.ウエスタン (1968)
53.サイコ (1960)
54.めまい(1958)
55.パンズ・ラビリンス(2006)
56.レザボア・ドッグス (1992)
57.セッション(2014)
58.イングロリアス・バスターズ (2009)
59.E.T.(1982)
60.アメリカン・ビューティー(1999)
61.フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)
62.ラ・ラ・ランド (2016)
63.ドニー・ダーコ (2001)
64.L.A.コンフィデンシャル(1997)
65.アベンジャーズ・アッセンブル (2012)
66.スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 (1983)
67.メメント(2000)
68.ゴーストバスターズ(1984)
69.雨に唄えば(1952)
70.ライオンキング (1994)
71.ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!(2007)
72.裏窓 (1954)
73.七人の侍(1954)
74.マルホランド・ドライブ(2001)
75.ファーゴ(1996)
76.時計じかけのオレンジ(1971)
77.トイ・ストーリー (1995)
78.オールド・ボーイ(2003)
79.シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016)
80.千と千尋の神隠し(2001)
81.ソーシャル・ネットワーク(2010)
82.お熱いのがお好き(1959)
83.トゥルー・ロマンス(1993)
84.ロッキー(1976)
85.レオン (1994)
86.インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989)
87.プレデター(1987)
88.エクソシスト(1973)
89.ショーン・オブ・ザ・デッド (2004)
90.ノーカントリー(2007)
91.プレステージ(2006)
92.ターミネーター(1984)
93.プリンセス・ブライド・ストーリー (1987)
94.ロスト・イン・トランスレーション (2003)
95.メッセージ(2016)
96.グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち (1997)
97.タイタニック(1997)
98.アメリ(2001)
99.レイジング・ブル(1980)
100.スタンド・バイ・ミー (1986)

[PR]
# by hageuz | 2017-06-21 21:05 | 映画 | Comments(0)

TAP -THE LAST SHOW-

水谷豊初監督作品。彼が40年温めてきたというのは大げさだと思いますが、タップダンスという舞台を作品に選択してこれだけの作品に仕上げたのは素晴らしい。
タップシーンがちりばめられている中で自然と体がリズムを刻みそうになりますね。ストーリーとしては少し陳腐ですが、意外にわかりやすくってすんなり見ていられました。本当なら伝説のタップダンサーだった渡真二郎(水谷豊)の回想シーンなんかがあって実際に水谷豊がタップを見事に演じて(CG使ってでも・・・)ほしかった。
ラストの24分はタップダンスを観たことがない方でも楽しめます。映画って仮想現実の世界なのでミュージカル映画だけでなく普段観に行かないタップダンスというテーマが私にとっては新鮮でした。
f0064229_14212137.jpg
【作品情報】

水谷豊が映画監督に初挑戦し、約40年温めてきた物語を映像化した人間ドラマ。水谷演じる元天才ダンサーが若きダンサーとの出会いを通し、タップダンスへの情熱を取り戻していく姿が描かれる。500人を超える応募者の中から勝ち抜き、ラストショウに挑む5人の若きダンサーを演じるのは本物のダンサーで、迫力あるステージを披露する。

f0064229_14212397.jpg
【あらすじ】
タップダンサー、渡真二郎(水谷豊)は天才の名をほしいままにしていたが、19年前に舞台中の事故でダンサー生命が絶たれてしまう。その後演出家に転身したもののあまりの厳しさに彼の周りからは人が離れていった。ショービジネス界から遠ざかり酒に溺れる彼のもとに、ある日、旧知の劇場支配人・毛利(岸部一徳)がやってきて、劇場最後のショーの演出を依頼する。最高の舞台で劇場の最後を飾りたいという毛利の思いを受け、渋々引き受ける渡。それぞれ事情を抱えた若きダンサーたちと交流するうちに、自分がかつて垣間見た舞台の向こう側にある輝く世界を彼らに託そうと決意する。
f0064229_14211812.png

[PR]
# by hageuz | 2017-06-18 14:21 | 映画 | Comments(0)

こどもつかい

こどもつかいってなんなんだ!清水崇監督というだけで観に行って見事に撃沈。こりゃダメです。話がそもそも入ってこない。特に滝沢さん演じるこどもつかいがかなりきつい。人形と人間を交互に描いているけどあまりに顔立ちが良すぎて・・・
そもそも、昔のサーカスが火事になった事件までさかのぼって、ありがちな性癖者のオチとくれば「×」に決まっているでしょう。
何故、3日後に死んでいくのかもよくわからないままだし。演出はバートン監督とジョニー・デップの雰囲気を目指したのかな?全く届いていなかったけどね。
劇場挨拶の回だったにもかかわらず、速攻出てきました。(´・ω・`)
f0064229_17434864.jpg
【作品情報】

『呪怨』シリーズなどホラー映画を得意とする清水崇監督が、“こどもの霊”を操る“こどもつかい”の恐怖を描くホラー。連続不審死事件の謎に迫る新人記者が“こどもの呪い”と“こどもつかい”に立ち向かう姿をつづる。本作が映画初主演となる滝沢秀明が特殊メイクを施し、ミステリアスなキャラクター、こどもつかいを演じる。

f0064229_17435158.jpg
【あらすじ】
郊外で起きた連続不審死事件を追う新人記者・駿也(有岡大貴)は、小さなこどもが失踪した3日後にこどもに怨まれていた大人が死んでいることに気付く。街ではこどもの呪いの噂が広がっていた。駿也の恋人・尚美(門脇麦)がふとしたことからこどもに怨まれてしまい、こどもの呪いが迫りくる中、尚美を守るため呪いの核心に近づこうとする駿也。しかし二人の前に謎の男・こどもつかい(滝沢秀明)が現れ、男の笛の音と共に物陰や廊下の奥、さらには背後からと次々にこどもの霊が姿を見せ襲いかかる。
f0064229_17435455.png

[PR]
# by hageuz | 2017-06-17 17:53 | 映画 | Comments(0)

キング・アーサー2017

ガイリッチー監督がアーサー王を映像化したらこんな感じなんだって印象。話の内容は定番ですが、男っぽくアーサーと暴君ヴォーティガンに絞って描かれている。
個人的には好きではなかった。そもそもテンポが悪い。2時間ちょっとなのに3時間くらいに感じる。映像に関しても冒頭から10分ぐらいは結構期待して観ていましたが、思ったほど戦闘シーンに迫力がなくヒューマンドラマになってしまった。敵役のジュードロウをあまりにスマートに描いてしまったのが最大欠点。悪役も演じられる役者さんなので徹底的なヒールとして使ってほしかった。
f0064229_17434389.jpg

【作品情報】

これまでにも数々の映像作品やゲームなどのテーマになった「アーサー王物語」をベースにしたガイ・リッチー監督によるアクション。聖剣エクスカリバーを手に入れ、両親の敵を討とうとするアーサーの活躍を描く。アーサーを『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナムが、暴君ヴォーティガンをジュード・ロウが演じる。

f0064229_17430546.jpg
【あらすじ】
路地裏で育った貧しい1人の青年。まだ自分の偉大な宿命に気付いていないその青年の名はアーサー(チャーリー・ハナム)。王の子でありながら、スラムで生きることを強いられた彼は、聖剣“エクスカリバー”を手に入れると、仲間と共に、両親の命を奪った暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)に反旗を翻す。イングランドの王となることを運命付けられたアーサーは、やがて救世主として後世に語り継がれる伝説の男“キング・アーサー”へと成長していく……。
f0064229_17430203.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-06-17 17:44 | 映画 | Comments(0)
現在は時効がなくなっており、この手の作品は作りにくくなっています。韓国映画のリメイクということでかなりひねった脚本になっていますが、このくらいのひねりでは最近は驚けないかな。そもそも22年前の犯人が藤原竜也(曾根崎雅人)という配役自体が少し違うかなって感じ。せめて年齢が相応の役者であってほしかった。実際の結末を観ると理解できる点もあるんですけど(あんまりつっこむとネタバレしちゃうので・・・)
時効成立後の犯人に何もできないのか?世間を騒がせた彼の狙いは何か?ニュース番組に出演する犯人に新たな犯人を名乗る存在があらわれたのは?殺された被害者はどうしているのか?その中でキーパーソンが誰なのか?
クライムサスペンスとしてそれなりに楽しめます。嫌いじゃないけどラストは思いつく感じですよ!
f0064229_14375298.jpg

【作品情報】

韓国映画『殺人の告白』を基に、時効となり、突如、姿を現した殺人事件の犯人によって翻弄されていく人々を描くサスペンス。藤原竜也が犯人の曾根崎に扮し、法で裁けないのをいい事に大胆不敵な行動で刑事や被害者遺族の神経を逆なでしていく怪演を披露。刑事の牧村を伊藤英明、被害者遺族を夏帆、岩松了ら実力派が共演する。

f0064229_14375513.jpg
【あらすじ】
かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた凄惨な連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然自ら名乗り出てくる。盛大に開かれた記者会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人(藤原竜也)という男だった。素顔をカメラの前にさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂。賛否両論を巻き起こしつつ、その告白本はベストセラーとなる。曾根崎の派手な行動は、それだけでは終わらなかった。マスコミを伴った被害者遺族への謝罪、執念深く事件を追い続ける刑事・牧村(伊藤英明)への挑発、そしてサイン会まで……。彼の行動のすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散してゆく。だがそれは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった……。日本中を釘付けにした告白の行方は……?やがて事件は意外な展開を見せるが……。
f0064229_14375710.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-06-11 14:38 | 映画 | Comments(0)

パトリオット・デイ

2013年と映画化されるまでが短かったためか、実際のえいぞとのシンクロがうまくいった作品です。爆発事故で、死亡者も出ているし、衝撃で体の部位をなくした方もいて、その辺の映像と撮影された映像を組み合わせながら進めていくためリアル感はありました。ただし、個人的な趣向ですが犯人を追い詰めていくまでのテンポが悪いので何度も落ちました。裏でこれだけのことがあっているのかはこの映画で知りました。唯一その点だけが私が評価する点。リアルさをあまりに追及するとつまらなくなる代表作みたいになってしまいました。やはり主人公に感情移入できないと再現フィルムみたいになっちゃいますね。
f0064229_21343048.jpg

【作品情報】

2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側に迫る実録サスペンス。犯人逮捕に挑むボストン警察殺人課の刑事の目を通して、事件解決までの過程が生々しく描かれる。刑事のトミーをマーク・ウォールバーグが演じ、『バーニング・オーシャン』など3度目のタッグとなるピーター・バーグ監督による息詰まるドラマを盛り立てる。

f0064229_21334635.jpg
【あらすじ】
2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォールバーグ)は、朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である「パトリオット・デイ(愛国者の日)」に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。そんななか、次々と走者がゴールし、最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が発生。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察の面々は事態が飲み込めないまま救護活動を開始。やがて到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断定。管轄はFBIへ移るが、犯人に対する怒りが沸々と湧き上がっていたトミーは、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。9.11同時多発テロ以降の事件にアメリカは震撼、爆発時の映像はまたたく間に世界中に配信される。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する……。
f0064229_21353400.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-06-10 21:36 | 映画 | Comments(0)

昼顔

ドラマでは別れさせられた2人。紗和は離れた場所に住みお互い合わない3年を過ごしていたとことから始まる。北野先生が「ホタル」のシンポジウムにやってきたことで再開。ありがちな展開ですが、一度裏切ったことのある2人はお互いを信じることができないことでギクシャクしてしまう。この辺は井上由美子さんの脚本らしい。
ドラマの延長と思ってみているとさすがに劇場版。映画として作品としての仕立てになっているのはさすが。ただし、ラストはありがちな悲恋。朽ち果てた百葉箱に残された結婚指輪を男の子が見つけるシーンは・・・・そこまで都合よく暗示しているのかしら・・・
上戸彩さんは好きな女優さんですが、紗和という役は「う~ん」違うなぁ。
f0064229_21222003.jpg
【作品情報】

平日の昼間に夫以外の男と恋に落ちる主婦たちを描き、社会現象にもなったドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」の3年後を描くラブストーリー。過去を忘れるように海辺の町で暮らしていたヒロインの前に偶然、かつての不倫相手が現れ、再び衝動的な愛に身を焦がしていく。上戸彩、斎藤工、伊藤歩らドラマ版のキャストが再集結。

f0064229_21222628.jpg
【あらすじ】
3年前、笹本紗和(上戸彩)と北野裕一郎(斎藤工)は互いに家庭を持つ身でありながら惹かれ合い、一線を越えてしまった。しかしただならぬ関係が明るみになり、弁護士を交えた示談の末に二人は別れを余儀なくされる。夫とも別れた紗和は、今は杉崎尚人(平山浩行)が営むレストランでアルバイトをしながら、彼女の過去を知る者のいない海辺の町でつつましく暮らしていた。北野の夢を見ることさえもうない。一方の北野は大学で非常勤講師を務めており、ある町で蛍に関する講演をすることになる。講演中、ふと客席に目を向けたところ、そこには紗和の姿があった。再びめぐりあった二人はかつての愛を振り切れずに逢瀬を重ねていくが、二人の前に北野の妻・乃里子(伊藤歩)が現れ……。
f0064229_21222889.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-06-10 21:22 | 映画 | Comments(0)

ローガン

近未来2026年にはミュータントは絶滅しておりローガンもその治癒力が失われようとしていた。X-MENで活躍していたウルバリン(ローガン)はチャールズとともにひっそりと生活してる中で新たなミュータントを戦闘員として育てている組織との攻防を描いている。
派手な特撮は少なく、残酷な戦闘シーンが多いからかR15指定になっているのも納得。ただし話のテンポも話の中身も少し従来のX-MENファンからすると残念な感じ。
過去の活躍や栄光を考えるとこの終わり方(特にチャールズの死に方)はファンにとってはあり得ない。スピンアウトや時代をずらして様々な作品を量産してきたマーベル映画の1時代が終わっていく感じがして少し寂しい感じがします。ただ、引き際のタイミングとしては今だったんだろうな。すでにヒュージャックマンがウルバリンを演じるには年を取りすぎているしヒュージャックマンの印象が強すぎるため別の役者さんにスイッチもできず、苦渋の選択だったのかもしれません。
作品的には厳しい評価になりますね。
f0064229_15375252.jpg
【作品情報】

ウルヴァリンの名で知られる『X-MEN』のメンバー、ローガンの生きざまを描く、ヒュー・ジャックマン主演のSFアクション。治癒能力を失い、生身の人間になったローガンが、絶滅の危機にあるミュータントの唯一の希望となる少女を守るため、強大な敵に戦いを挑んでいく。『ウルヴァリン:SAMURAI』のジェームズ・マンゴールドが監督を務める。

f0064229_15375597.jpg
【あらすじ】
近未来。ミュータントはほぼ絶滅してしまい、優れた治癒能力を持っていたローガン(ヒュー・ジャックマン)も今やその力を失いつつあった。そんな彼に年老いたチャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)から最後のミッションが託される。それは、絶滅の危機に瀕したミュータントに残された唯一の希望である少女ローラ(ダフネ・キーン)を守ることだった。強大な武装組織の襲撃を逃れながら荒れ果てた地を行く3人。その先には、想像しえぬ運命が待ち受けていた。
f0064229_15380059.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-06-04 15:38 | 映画 | Comments(0)