はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

君の膵臓をたべたい

小説のラストで裏切られつつも泣かされてしまった映画化。すごく楽しみにしていました。小説設定に新たに成人後のエピソードを加えて再構築され、違和感もなくまたもや泣かされてしまいました。さすがに小説どおりだと泣けないかなと思っていましたが、僕(北村匠海)のセリフは小説と同じように響きました。映画ではそれに加え「宝探し」のエピソードと親友の結婚式当日のエピソードをクロスオーバーさせてもう一度泣けるシーンを加えてあります。
予告の時から山内桜良役の浜辺美さんがイメージ通りで、彼女の純粋で明るいキャラが小説から飛び出してきたようでキャスティングは文句なしです。
ベストセラー小説の映画化では私の中では素晴らしい出来上位に入ります。個人的には小説を読んで観て欲しいですが、いづれにせよ小説・映画はセットで感じてほしい作品です。よかった~(^^♪
f0064229_16330857.jpg

【作品情報】

“泣ける小説”として人気を博した住野よるのベストセラー小説を映画化。膵臓の病を患う少女と、彼女の言葉を胸に後に教師となる少年の物語がつづられる。浜辺美波と人気バンド、DISH//の北村匠海というフレッシュなキャストに加え、原作にはない12年後の現在を描くパートでは主人公を小栗旬、ヒロインの親友を北川景子が演じる。

f0064229_16330880.jpg
【あらすじ】
高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、教え子の栗山(森下大地)と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく……。重い膵臓の病を患う桜良が密かに綴っていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、僕(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすようになった。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々は、やがて終わりを告げる……。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた桜良の親友・恭子(北川景子)もまた、僕と同様に桜良と過ごした日々を思い出していた。そして、ある事をきっかけに、僕と恭子は桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る……。
f0064229_16330876.png

[PR]
# by hageuz | 2017-07-29 16:33 | 映画 | Comments(0)
人気シリーズ第3弾。ミニオンズのキャラクターの面白さがこのシリーズの肝。今回は露出が少し少なかった感じがします。前回、妻となったルーシーと弟のドルーが中心でくすっと笑えるもののコメディ要素が少し薄かった。敵?役のバルサドールのシーンに流れるPOPSは聞きなじみのあるサウンドのオンパレード。80年代のダンスミュージックはど真ん中の世代ですが少しメジャーすぎたかも。吹き替えが定番になってしまって字幕がないのは残念ですが、お子さん連れが多く家族で楽しむ作品なのでしょうね。
f0064229_21095705.jpg
【作品情報】

ちょっと意地悪な怪盗グルーとバナナが大好物の謎の生命体ミニオンたちが繰り広げる騒動を描く人気シリーズの第3弾。悪党を取り逃がしてしまったグルーの前に突然現れた双子の兄ドルーとの関係、いつの時代も最強のボスに仕えてきたミニオンたちが新たなボスを探す旅といったユニークな物語がつづられる。

f0064229_21095646.jpg
【あらすじ】
悪党バルザタール・ブラットを逃したことを咎められ、グルーは妻のルーシーともども反悪党同盟をクビになってしまった。家族になった三姉妹にも心配される中、見知らぬ男がグルーのもとを訪ねてきて、グルーに双子の兄ドルーがいることを告げる。驚いたグルーは一路ドルーの屋敷へ。初めて対面したドルーは、金色の髪をなびかせる社交的なお金持ちで、グルーとは真逆の人間だった。一方、悪事から身を引きすっかり安定志向になったグルーに呆れたミニオンたちは、新たなボスを探そうとする。
f0064229_21095765.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-07-23 21:10 | 映画 | Comments(0)
幼少のころのトラウマで話をするとおなかが痛くなり会話のできない女子高校生がクラスメートとふれあい交流会でのミュージカルをやり遂げるまでのストーリー。
アニメではヒットして実写化には懐疑的でしたが、話が素直でわかりやすいので楽しめました。最近は若手俳優・女優を使った安直な劇場公開青春映画が多く、コミックでヒットしたら片っ端から劇場公開する流れは止まらないですね。そんな中多少設定に無理もありますが、キャスティングも抑え目で好感が持てました。ジャニーズの中堅が劇場に頻繁に出てきますが、お世辞でも上手とは言えない中、中島さんは及第点です。観に行くまではかなりハードルは下がってましたので意外と好感がわいたのかも・・・
f0064229_15331079.jpg

【作品情報】

2015年に公開され、大ヒットを記録した劇場版オリジナルアニメを中島健人ら若手演技派の共演で実写映画化した青春ドラマ。クラスメイトとの触れ合いを通して、それぞれが抱えていた悩みや不安を克服し、本当の気持ちを伝えようとするさまがつづられる。ヒロインの順を芳根京子が演じ、『近キョリ恋愛』の熊澤尚人が監督を務める。

f0064229_15330943.jpg
【あらすじ】
人と本音で向き合うことが苦手な高校3年生の坂上拓実(中島健人)は、ある日、担任教諭から地域ふれあい交流会の実行委員に任命され戸惑う。そして、クラスメイトから変わっていると思われている成瀬順(芳根京子)も一緒に任命される。彼女は幼い頃、何気なく口にした言葉によって家族がバラバラになったことから、今でも何か喋ろうとすると腹痛が起きるため、他者とコミュニケーションを取るときは筆談していた。ほか、クラスメイトの仁藤菜月(石井杏奈)と田崎大樹(寛一郎)を加え、4人が実行委員に。これまで接点のなかった4人だったが、それぞれ心に傷を抱えていた。担任の提案で交流会の出し物はミュージカルを上演することになり、順と交流するうちに彼女の秘密を知った拓実は、歌なら大丈夫かもしれないと促す。順は、心に閉じ込めてきた思いを歌に乗せて伝えようと決心するが……。
f0064229_15331080.png

[PR]
# by hageuz | 2017-07-22 15:33 | 映画 | Comments(0)

騎士団長殺し

発売してすぐ、妻が好きなので購入してました。ようやく読み終えました。
かなり期待していたのですが、前長編作「1Q84」レベルではなかったです。物語の中心となるのが雨田具彦が描いた『騎士団長殺し』という日本画で、この中の騎士団長との出会いや免色氏からの肖像画の依頼からはじまる人間関係がこの話の軸になります。イデア編・メタファー編と2部作ですが、村上ワールドはメタファー編で全開。
彼自体の筆力は我々凡人の想像を絶するレベルで、目に見える物はすべて文章で表現で知るのではないかと思えるほど。この辺が村上作品の真骨頂なのでしょうが、読者はある程度の知識とレベルがないとおいて行かれることも事実です。毎回クラッシックが登場し、マイナーなものが突然売れるなど影響も計り知れません。
私のような稚拙な文章で感想を伝えるのは難しいのですが、村上作品独特の感じは読めばすぐにわかります。ただ今回引き込まれる感じが少なかったことと現世と冥界のような世界を行き来するところがあまりに突飛すぎる印象があったことで個人の評価は高くはありません。すでに村上春樹は私が理解できるレベルのものは書かないのでしょう。
f0064229_15331682.jpg
【作品情報】
村上春樹の14作目の小説。新潮社から2017年に発行された。全2巻で第1部「顕れるイデア編」と第2部「遷ろうメタファー編」に分かれている。初版部数は2巻合わせて130万部で、一部の書店では午前0時から販売を開始した。2010年の『1Q84 BOOK3』から7年ぶりの長編作品になる。

【あらすじ】
妻との離婚話しから自宅を離れ、友人の父親である日本画家アトリエに借り暮らしすることになった肖像画家の「私」は、アトリエの屋根裏で『騎士団長殺し』というタイトルの日本画を発見する。アトリエ裏の雑木林に小さなと石積みのがあり、塚を掘ると地中から石組みの石室が現れ、中には仏具と思われるが納められていた。日本画と石室・鈴を解放したことでイデアが顕れ、さまざまな事象が連鎖する不思議な出来事へと巻き込まれてゆく。


[PR]
# by hageuz | 2017-07-17 15:35 | | Comments(0)

パワーレンジャー

もともとゴレンジャーから始まった日本の戦隊ヒーローものが3作目のバトルフィーバーJでロボットを登場させ以降はその形で継続され、今ではキュウレンジャー(9名の戦士)で放送されています。全米では93年から放送されているそうで、逆輸入という形での映画化。TVシリーズとは全くレベルの違うCGで観てみると大人が観るに耐えられるクオリティでした。しかしながら戦士として変身できるまでが長すぎます。今後シリーズ化を考えているのかしら。パワーレンジャー自体はおそらく全米でもシリーズごとにキャラクターが少しづつ変化していると思いますので、同じメンバーでのシリーズ化は難しい?と思いますが・・・トランスフォーマのようなすごく凝ったCGではなくあくまで~レンジャーの個別ロボット合体的な奴ですのでお間違えないよう。子供向けではなく大人向けの作品で、マーベル作品に近いかも。
全く期待してなかったのでそれなりに楽しめました。
f0064229_15103302.jpg
【作品情報】

日本の特撮シリーズ「スーパー戦隊」を基に、全米で1993年から放映されている人気シリーズ「パワーレンジャー」の劇場版。不思議なコインに導かれ、新たにパワーレンジャーに選ばれた5人の高校生たちの活躍を描く。ゾードと呼ばれる大型戦闘マシンが合体した巨大ロボットが敵と激しい戦闘を繰り広げるなど、おなじみの展開もあり。

f0064229_15104205.jpg
【あらすじ】
小さな町エンジェル・グローブに住むごく普通の高校生ジェイソン、キンバリー、ビリー、トリニー、ザックの5人は、同じ時間・同じ場所で不思議なコインを手にし、超人的なパワーを与えられる。困惑する彼らの前に、古代の地球を守っていた5人の戦士パワーレンジャーの一人、ゾードンと機械生命体アルファ5が現れ、かつて封印された悪の戦士リタ・レプルサが蘇り世界を滅ぼそうとしていること、そして彼ら5人はリタ・レプルサの脅威に立ち向かう新たなパワーレンジャーとしてコインに選ばれたことを告げた。自らに課せられた使命を受け入れられず、秘めた力を解放できない5人。世界の危機が目前に迫る中、ついにその力が目覚める。
f0064229_15102354.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-07-17 15:11 | Comments(0)

銀魂

申し訳ないですが、全く入ってこない。ギャグがちりばめられではいるものの笑えない。
そもそも設定が江戸に宇宙人がやってきて・・・というところから無理が・・
世間の評価はそこそこ高いようですが、アニメ・コミックを知っているからなのかしら。コミックで面白くても映像化したらダメな奴だったのではないかしら。
銀魂ファンには申し訳ないけどこりゃだめだ((+_+))
橋本環奈さんはかなりスタイル悪いってことがよくわかりました。中村勘九郎さん、はじけてましたが仕事選んだほうがいいと思います。
f0064229_21024998.jpg
【作品情報】

週刊少年ジャンプで人気の空知英秋の同名コミックを小栗旬主演で実写映画化したSF時代劇。パラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む“銀さん”こと坂田銀時と仲間たちの身に起きる奇想天外な騒動を描く。「勇者ヨシヒコ」シリーズなど脱力系の作品を得意とする福田雄一が監督・脚本を務める。

f0064229_21024828.jpg
【あらすじ】
街には高層ビルが立ち並び、空には無数の宇宙船が飛び交う江戸時代末期。宇宙からやってきた“天人(あまんと)”の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持する少々変わった男・坂田銀時(小栗旬)は、ひょんなことから志村新八(菅田将暉)と神楽(橋本環奈)に出会い、万事屋を営むことに。そんななか、新八の姉・妙(長澤まさみ)や攘夷志士の生き残り・桂小太郎(岡田将生)、真選組の近藤勲(中村勘九郎)、土方十四郎(柳楽優弥)、沖田総悟(吉沢亮)らを巻き込みながら、様々な事件や騒動が起こり始め……。

[PR]
# by hageuz | 2017-07-16 21:03 | 映画 | Comments(0)

カーズ/クロスロード

映像や脚本には定評のあるPIXER作品。カーズはこれで3作目。流石に主人公マックイーンも新型に対抗するには厳しい時代になってしまった。この辺の状況をどう表現するかが見どころ。トレーナー相棒クルーズと出会い彼女の思いと才能に気づいてマックィーンのとったある行動が思いもよらぬ結末に・・・この展開はリードがあって想像できましたが納得の展開。親子で観に来ている観客が多かったのも良質のアニメであることの証。抜群ではないが平均以上の作品を今回も届けたPIXERってすごい。
これで見納めです。しかしながらスポーツカーの輝きや景色の映り込みの表現などアニメーションの進化はすごいです。
f0064229_15440812.jpg

【作品情報】

ユニークな車たちの世界を描く、ディズニー/ピクサーによる人気シリーズの第3弾。No.1レーサーとしてレースの世界を牽引してきたスポーツカー、ライトニング・マックィーンがレース中のクラッシュで自信を喪失するが、新たな相棒クルーズと出会い、再生していく姿がつづられる。前2作で監督を務めたジョン・ラセターは製作総指揮として参加。

f0064229_15440934.jpg
【あらすじ】
これまで華々しく第一線で走り続けてきたスポーツカー、ライトニング・マックィーンもベテランとなり、最新型のレーサーに勝てない時代遅れのレーサーとなっていた。そんな状況に焦ったマックィーンはレース中に無理をして大きなクラッシュ事故を起こしてしまう。世間からも見放され、自信を喪失したマックィーンの脳裏には“引退”の2文字が浮かんでいた。夢の続きか、新たな道か。マックィーンは、“人生の岐路=クロスロード”に立たされ、運命の決断を迫られる……。
f0064229_15440844.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-07-15 15:45 | 映画 | Comments(0)
今回引退したジョン・ウィックを引き戻すため契約を盾にして仕事を受けさせることに失敗するところから、とにかく銃を打ちまくって1000人近く殺します。
話としては殺し屋は引退してもそう簡単には静かな生活は手に入れられないってこと。前回カンフーと銃のアクションをバランスよく演出していましたが、今回はとにかくジョンを殺し700万ドルを得ようとあらゆる殺し屋が狙ってくることからバンバン打ち殺すだけの映画。いやはやここまで打ち殺すシーンばかりだとあきれるのを通り越して清々しい。拳銃の球が通過しない特殊な繊維ででしたスーツはほしいな。3作目を予感させるエンディングでしたが、次回は重厚な話にしてほしいですが、すでにキアヌリーブスの肉体は中年化しているので期待薄です。
f0064229_14272786.jpg
【作品情報】

最強の殺し屋ジョン・ウィックの復讐劇を描く、キアヌ・リーヴス主演のサスペンス・アクションの続編。ヨーロッパを舞台に、殺し屋ジョンと世界中の殺し屋との戦いが繰り広げられる。前作では銃とカンフーを融合させた“ガンフー”が話題となったが、本作ではガンフーと車でのアクションが融合した“カーフー”を披露する。

f0064229_14273100.jpg
【あらすじ】
伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)による壮絶な復讐劇から5日後。ロシアン・マフィアの残党から愛車フォード・マスタングを奪い返した彼のもとにイタリアン・マフィアのサンティーノ・ダントニオ(リッカルド・スカマルチョ)が姉殺しの依頼にやってくる。彼はかつてジョンが殺し屋業界を引退するために課された実現不可能とされたミッションを助けたことがあった。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴。サンティーノの怒りを買ったジョンは、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始。だが命の危機を感じたサンティーノは、ジョンに7億円の懸賞金を懸け、全世界の殺し屋がジョンの命を狙い始める……。
f0064229_14274104.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-07-09 14:28 | 映画 | Comments(0)

忍びの国

初日の舞台挨拶の回が満席。断念して翌週になってしまいましたが、評価通り出来は上々でした。
時代劇らしい侍パートとコメディを担う忍び部分がうまく組み合わされており、中村監督の代表作になりそうです。従来の「ゴールデンスランバー 」「チーム・バチスタの栄光 」「アヒルと鴨のコインロッカー 」のような小説の映画化でも時代劇系「殿、利息でござる!」のほうが実力が出せるのかも?
オリジナル脚本に比べて登場人物は絞り込まれ、スッキリした印象。大野・知念のジャニーズ勢が主役・敵役の主人公で、脇をベテランが固める構図です。
大野さんは役者としてはなかなか味のある役者さんですね。お金のために殺生を何も感じず行える一番の忍びが人として目覚めるというわかりやすく印象に残りやすいテーマ。原作の和田竜の力が大きいですが、グッと絞り込んで演出にお金をかけていることが結果としてよかったのだと思います。
時間がある方はぜひご覧になってください。客層も幅広く、興行的にも成功するんじゃないでしょうか!

f0064229_15333227.jpg
【作品情報】

『のぼうの城』など歴史小説を得意とする和田竜のベストセラーを嵐の大野智主演で映画化した痛快アクション。織田信長も恐れた伊賀・忍び軍団の活躍を迫力満点のアクション描写と共に描く。石原さとみが主人公の妻を演じるほか、伊勢谷友介、鈴木亮平らが脇を固める。監督は数々のヒット作を手がけてきた中村義洋。

f0064229_15333210.jpg
【あらすじ】
天下統一に向け諸国を次々と攻め落としていく織田信長でさえ攻め入ることができない唯一の国、伊賀。そこには、超人的能力を持ち人を人とも思わない人でなしの忍者衆が暮らしていた。その中でも無門(大野智)は、どんな堅牢な門も彼の前では意味をなさないと言われるほどの凄腕だが、普段はこの上ないほど怠け者で、女房・お国(石原さとみ)の尻に敷かれ通しだった。天正七年九月、信長の次男・織田信雄(知念侑李)が父の命に背いて伊賀討伐に乗り出し、圧倒的な戦力を誇る織田の大軍が伊賀に迫る。様々な思惑が交錯する中、無門率いる忍びの軍団は想像を絶する秘策で織田軍に抗戦する。
f0064229_15333154.png



[PR]
# by hageuz | 2017-07-08 15:33 | 映画 | Comments(0)
初期の作品に戻った印象。海底を歩く際に骸骨になるという画期的なシーンを思い出させるサラザール船長(ハビエル・バルデム)と乗組員。彼らがジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)にやられてからの恨みを晴らすべく・・・というわかりやすい展開。伏線にはウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)が、幽霊船フライング・ダッチマンで呪われてしまっている話もあり、ポセイドンの槍で呪いを解くという話。後半のテンポの悪さを除けば概ね娯楽作品としては合格。
今回、女性天文学者カリーナ(カヤ・スコデラリオ)という新たな美女が登場(メイズランナーにでていた子)。彼女の謎も後半に判明し、続編に持ち越すことなく完結。パイレーツ・オブ・カリビアンのファンなら納得の仕上がりです。今回は叔父のあの人登場・・・観に行って誰だか確認してくださいね(^^♪
f0064229_16221276.jpg
f0064229_16220157.jpg


【作品情報】
孤高の海賊ジャック・スパロウの冒険を描く、ジョニー・デップ主演の人気アクションシリーズの第5弾。“海の死神”と呼ばれる宿敵サラザールが復活し、ジャックとの運命の戦いが繰り広げられる。サラザールを演じるのはハビエル・バルデム。オーランド・ブルームやジェフリー・ラッシュらおなじみのメンバーも出演。
f0064229_16220970.jpg
【あらすじ】
かつて、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と共に冒険を繰り広げたウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)は、幽霊船フライング・ダッチマンの船長として呪われた運命を生きていた。そんな父を救おうとする息子ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)は、呪いを解くカギが伝説の秘宝“ポセイドンの槍”にある事を突き止める。だがある日の航海中、ヘンリーの乗った船が、海の死神サラザール(ハビエル・バルデム)の襲撃を受けてしまう。サラザールは、魔の三角地帯の呪いから自らを解き放つため、ジャック・スパロウが持つ“北を指さないコンパス”を求めていた。そのため、ジャックへの伝言を託して、ヘンリーを解き放つ。やがて、セント・マーティン島に漂着したヘンリーは、女性天文学者カリーナ(カヤ・スコデラリオ)と出会う。彼女は、幼い頃に生き別れた父が残した“ガリレオ・ガリレイの日記”の謎に挑み続けていた。その謎こそ、“ポセイドンの槍”に辿り着くための方法だった。だがカリーナは、英国軍に捕まって投獄されてしまう。その頃、肝心のジャック・スパロウ本人は、セント・マーティン島での銀行強盗に失敗。仲間からも愛想を尽かされて一文無しになり、酒場でラム酒と交換に“北を指さないコンパス”を手放してしまう。その瞬間、魔の三角地帯から解き放たれるサラザール。その胸には、ジャックへの復讐の炎が燃え盛っていた。サラザールの復讐を阻止できるのは、“ポセイドンの槍”のみ。やがてヘンリーは、投獄されていたジャックとカリーナを救出。こうして、それぞれの事情から“ポセイドンの槍”を追い求めるヘンリー、カリーナ、ジャックの3人は、大海原へと繰り出してゆく。同じ頃、“アン王女の復讐号”の船長バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)も、“ポセイドンの槍”を狙っていた。サラザールの脅威が迫る中“ポセイドンの槍”を手に入れるのは、果たして誰なのか……?
f0064229_16220583.jpg

[PR]
# by hageuz | 2017-07-02 16:22 | 映画 | Comments(0)