はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

<   2017年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

恋妻家宮本

女王の教室(2005年、日本テレビ)、リバウンド(2011年、日本テレビ)、家政婦のミタ(2011年、日本テレビ)、○○妻(2015年、日本テレビ)、偽装の夫婦(2015年、日本テレビ)などヒットドラマメーカーの遊川さんが初監督で期待して観てきました。重松清『ファミレス』を原作として遊川流にちりばめられた作品でした。やはり落としどころを心得ている脚本家としての才能が映画でも発揮されていたように感じます。設定は大きく変えられていますが、ファミレスを軸に話が展開したり妻の離婚届を見つけて悩む熟年夫の苦悩などは共感できました。陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)の気持ちをどう感じるかは、観客の夫婦の在り方で違うのでしょうが、子育てを卒業した夫婦がどう生きていくか、お互いをどう思っていくのかを改めて考え直すきっかけになる作品で、同世代の夫婦には見てもらえたらいいなと感じました。正しいことは大切なこと。でも優しいことをするのは、もっと大切なこと。・・という宮本陽平のセリフはなるほどと納得させられました。
エンドロールには吉田拓郎さんの曲…“今日までそして明日から”が心温まるユニークなエンディング、遊川さんのお遊び心満載で「そんな終わらせ方でいいの?」と作品の箔を心配しますが、彼らしいな。もっと余韻を楽しめるのにもったいないと感じたのは私だけでしょうか?評価のわかれるところじゃないかな!
f0064229_1612280.jpg


【作品情報】
人気作家・重松清の小説を、脚本家として数々の話題作を手がけてきた遊川和彦が初めて監督に挑戦し、映画化した家族ドラマ。子供たちが親元から離れ、2人きりの生活に戻された夫婦が感じる違和感や戸惑いが描かれる。阿部寛と天海祐希が夫婦役を、2人の大学生時代を工藤阿須加と早見あかりというフレッシュな俳優たちが演じる。
f0064229_1613429.jpg

【あらすじ】
宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時にできちゃった婚。ごく平穏な結婚生活25年を経て、子供の独立の時を迎えていた。夫と妻から、父親と母親に形を変えてきた夫婦生活。理想の夫ではないにしても浮気もせず、教師として真面目に働き、きちんと給料を入れる、そんな自分に何の問題もないと陽平は思っていた。だが息子夫婦が福島へ転勤で旅立った日、25年振りの二人きりの生活に戸惑い、陽平と美代子はついつい飲みすぎ、ついに美代子が飲みつぶれてしまう。その夜、陽平は妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印された離婚届を本棚で発見。順風満帆の夫婦生活と思っていた陽平は激しく動揺する。しかし、妻に問いただす勇気もなく、ただ悶々とする陽平。そんなある日、耐えられずに陽平は趣味の料理教室仲間に相談するが、妻の浮気を示唆されて余計に不安を募らせる。これまでの人生を常に何が正しいかを考えながら生きてきた陽平。教師として学校でふれあう生徒とその家族、趣味で通う料理学校で垣間見るよその夫婦の姿、そこには、さまざまな夫婦そして家族の形がある。正しいことって何だろうかと、陽平の惑いは深まるばかりであった。そんな時、突然美代子が家を飛び出してしまう……。
f0064229_1614498.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-01-29 16:01 | 映画 | Comments(0)

ドクター・ストレンジ

マーベルコミックの新しいヒーローもの。アベンジャーズが表の世界を守るヒーローとすれば彼は
暗黒面を守るヒーロー。今回の見どころは師匠エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントン)の不思議な力を操って戦うシーンの映像の奇抜さ。インセプションをさらにマニアックな映像にした感じ。
3Dで観ましたが、観終わって少し頭痛がしたほどです。お約束ですがエンドロール後に次作につながる映像があり、アベンジャーズのあの人が登場します。
f0064229_18191452.jpg

【作品情報】
元天才外科医の魔術師という異色のヒーロー、ドクター・ストレンジをベネディクト・カンバーバッチが演じるアクション。人智を超えた力を手に入れた主人公が世界を滅亡から救うために強大な敵に立ち向かっていく姿が描かれる。『地球が静止する日』のスコット・デリクソンが監督を務め、高層ビルや街が曲がったりする驚愕の映像で魅せる。
f0064229_18192552.png

【あらすじ】
天才脳外科医のスティーヴン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は容姿も知能も秀でており、プライドの高さから傲慢になっていた。しかしある日交通事故に遭い、両手の機能を失ってしまう。突如外科医としてのキャリアを絶たれた彼は、あらゆる治療を試すうちに財産を使い果たした。完治の手立てが見つからぬまま富も名声もなくしたストレンジは、最後の望みをかけ、どんな傷も治せる神秘の力を操るという指導者エンシェント・ワンを頼る。不思議な力を目の当たりにし、栄光を取り戻すため、その日から想像を絶する厳しい修業に取りかかるストレンジ。悪用すれば人類の脅威となりえるその魔術が、彼の運命を大きく変えていく。
f0064229_18193572.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-01-28 18:20 | 映画 | Comments(0)

コンサルタント

幼少期に病気を抱えた兄弟・妹が、成人してそれぞれに独立していて互いに助け合っている背景があってこの作品は成立しています。会計士クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)が、スーパーアカウンタントとしての能力を見せていくところから、裏側の様々な思惑が表出していくところは面白い。後半のテンポがあまりの良くないのが少し難点かな。話はしっかりしているので良作だと思います。
f0064229_1357371.jpg


【作品情報】
田舎のさえない会計士と裏社会の殺し屋という2つの顔をもつ男が、犯罪組織や企業の不正を暴いていく様を描くサスペンスアクション。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』ではバットマンというヒーローを演じたベン・アフレックが、アメリカの裏社会で暗躍するアンチ・ヒーローに扮し、新たな一面を見せる。
f0064229_13574730.jpg

【あらすじ】
田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)に舞い込んだ大企業からの財務調査依頼。彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られてしまう。その日から、何者かに命を狙われるウルフ。実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあった。年収1000万ドル、天才的頭脳を持ち、最強のファイターで命中率100%のスナイパー。本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計コンサルタントは、アメリカ政府やマフィア、一流企業に追われながら危険な仕事に身を投じていく……。
f0064229_1358148.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-01-22 13:58 | 映画 | Comments(0)

本能寺ホテル

予想していた展開とは違っていましたが、タイムスリップものには珍しく辻褄が合わないような話の展開にはなりませんでした。堤真一の暑苦しい演技と綾瀬はるかのワンパターンお惚け天然キャラは健在。特に綾瀬さんの演技?下手はすでに鉄板です。作品が変わってもキャラがぶれない女優さんもここまでくると王道。歴史上のミステリーがミステリーのまま終わらないという展開にはならなかったのが残念ですが、この作品自体はほんわかと楽しめばOKな感じです。
f0064229_1501444.jpg


【作品情報】
『プリンセス トヨトミ』のキャスト&スタッフが京都を舞台に描く歴史ミステリー。不思議なエレベーターに乗って、戦国時代に迷い込んだヒロインが、“本能寺の変”前日の織田信長と知り合い、歴史の謎に迫っていく姿がつづられる。綾瀬はるかが奇想天外な出来事に遭遇するヒロインを、堤真一が織田信長を演じる。
f0064229_1502843.jpg

【あらすじ】
何の疑いもなく流れに任せながら日々を過ごしてきた倉本繭子(綾瀬はるか)。勤めていた会社が倒産し、あての無い生活を送っていたところ、付き合って2年の彼氏・吉岡恭一(平山浩行)からプロポーズをされる。周囲からも薦められ、流されるままに婚約した繭子は、恭一の両親の金婚式の祝賀パーティに出席するため京都を訪れる。しかし、予約していたはずのホテルは繭子の手違いで泊まることが出来ず、途方に暮れた繭子がたどり着いたのは、路地裏にひっそりと佇む“本能寺ホテル”だった。「ようこそ、本能寺ホテルへ」と出迎えた支配人(風間杜夫)に導かれるように、繭子は不思議な世界へと迷い込む……。時は1582年。武将と家臣団たちが逗留のため京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げるその女の正体は“本能寺ホテル”にチェックインしたばかりの繭子であった。そして、突如彼女の前に現れたのは天下統一を目前とした名将・織田信長(堤真一)。繭子は自身も訳のわからぬまま“本能寺ホテル”と1582年の本能寺を行き来しながら、信長と信長に仕える小姓・森蘭丸(濱田岳)との交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が本能寺の変が起きる前日である事に気付く……。
f0064229_1504689.jpg
f0064229_1505518.png

[PR]
by hageuz | 2017-01-15 15:01 | 映画 | Comments(0)
ネガティブ男子とポジティブ女子の恋愛映画。すごく丁寧に7年間の彼らを描いている。ただ丁寧すぎて冗長感は半端ない。中島君はこの手の男子を演じさせたらうまいですね。新木優子ちゃんも笑顔が素敵な女優さんです。途中、別れるシーンから謎が解けるまでに新たな恋エピソードがありますが、個人的にはいらなかったかな。美山加恋さん※が相手だったのでとりあえず見てましたが・・・
※高校入試(ドラマ)、下町ロケット(wowow)で活躍の女優さん。
いろんな男女関係はあるんでしょうが、この映画は「食事」が軸になっていますね。映画タイトルは観るまでは意味が分からなかったんですが、観終わって腑に落ちました。佳作かな?
f0064229_14562039.jpg

【作品情報】
正反対の性格の男女の恋を描いた瀬尾まいこの人気小説を、中島裕翔&新木優子主演で映画化したラブストーリー。高校生から社会人になるまで、出会ってから7年間の男女の愛の行方を、『箱入り息子の恋』の市井昌秀監督が丁寧につづる。亮太の思いとシンクロした、ケツメイシによる主題歌が胸を打つ。
f0064229_14563140.jpg

【あらすじ】
無口で他人に無関心な亮太(中島裕翔)と、底抜けに明るく思ったことを口に出す小春(新木優子)は、高校の体育祭で米袋ジャンプという競技に一緒に出場したことをきっかけに付き合い始める。正反対の性格ではあるものの、少しずつ距離を縮めていく二人。しかし大学生になったある日、突如小春が別れを切り出す。亮太は理由もわからず思いを伝え続けるが、小春は全く取り合わない。彼女には亮太に言えない秘密があった。社会人になったある日、小春の秘密を知った亮太は、再び彼女のもとに走り出す。
f0064229_14564747.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-01-08 14:56 | 映画 | Comments(1)

鴨川ホルモー

大学時代のレジャーサークルと思われた青竜会の謎が30分過ぎくらいにようやくわかります。妻が頑張って30分過ぎまで観たら面白くなってくるからと言ってくれなかった最後まで観なかったくらい最初は何のことやら?
話自体はナンセンスだし、大学時代のサークル活動と恋愛を面白おかしく映像化しただけの映画で「この作品の何が面白いの???」という気持ちが大きかったんですが「オニ語」の「げろんちょりん」をはじめとした謎の会話がいい味です。オニはなんとも不思議な容姿をしていて観た人でないとわからない。周りの人たちからは見えない、この無数の鬼がいる事によって初めて、彼らのバカバカしい行為は神々を意識した気高く崇高な使命とわかりますが・・・
う~ん、賛否両論ですね。
f0064229_19572513.jpg


【作品情報】
「鹿男あをによし」の人気作家・万城目学のデビュー作を映画化した異色ドラマ。奇怪な祭り“ホルモー”の世界に身を投じた大学生の姿を、濃密かつ脱力な笑い満載で描き出す。
f0064229_19573737.jpg

【あらすじ】
京都。二浪して京大生となった阿倍(山田孝之)と同じ新入生の帰国子女・高村(濱田岳)は、三回生の菅原(荒川良々)から“京大青竜会”という怪しげなサークルの新歓コンパに誘われる。阿倍はその席で“美しい鼻筋”を持つ早良京子(芦名星)に一目惚れ、彼女に近づきたい一心で思わず入会してしまう。安倍の他にも高村、早良、大木凡人似のオタク系メガネ女子・楠木ふみ(栗山千明)、超高圧的で仕切り屋の芦屋(石田卓也)、見分けのつかない気弱な双子の三好兄弟(斉藤祥太、斉藤慶太)など、一風変わった面々が入会した。当初は普通のレジャーサークルと思われた青竜会だったが、祇園祭宵山の夜、安倍たちは、サークルの目的が、京都で千年続くという謎の祭り“ホルモー”を行うことだと知らされる。しかも“オニ”と呼ばれる小さく奇妙な式神を操り、京大・立命館・龍谷・京都産業大学の対抗戦が行なわれるというのだ。嘘くさい話に半信半疑のまま、キテレツなオニ語の習得やちょっと変態的な指令ポーズなど、1人100匹のオニを操るための特訓が開始。それから半年が経とうとしていた師走のある夜、安倍たちは吉田神社に呼び出される。厳粛な雰囲気の中、突如“レナウン娘”を歌いながら裸踊りを始める菅原たち。躊躇していた安倍たちも、いつのまにか全裸で上回生の輪に加わってトランス状態で踊り続けた。こうして“吉田代替りの儀”は終了、安倍たちの前に1000匹の小オニたちの群れが現れた……。そんなある日、安倍は、ずっと想い焦がれてきた早良が天敵・芦屋と付き合っていることを知る。ショックで青竜会を辞めると言い出した安倍に、菅原は古いホルモーの規定“17条”を持ち出した。10人の青竜会を5人ずつの2チームに分けて対戦させるというのだ。安倍は、高村、楠木、三好兄弟の賛同を得て、強敵・芦屋と対戦することになる。だが、禁断の17条ホルモーには、とてつもなく恐ろしい秘密が隠されていたのだった……。
f0064229_19574975.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-01-07 19:57 | TV | Comments(0)
加賀美あつ子(少女のあつ子) 吉田里琴ちゃんが小学生なのにおとなっぽい表情もできて上手でした。ベースの設定(テクマクマヤコン・ラミパスラミパスルルルルルー)は変わっていませんが、それ以外は全くのオリジナル。トム・ハンクスのビッグにインスパイアされてる感じ。プラス綾瀬はるかのファッションショーでファン向けに作ったのかな。公開当時はさすがに劇場で観ることはさけましたが正解。とはいえ親子でアッコちゃんっていう狙いもあったのか非常にわかりやすいストーリー。TVで観るには楽しめました。
f0064229_17312036.jpg

【作品情報】
魔法少女ものの先駆けとして知られ、3度にわたってテレビアニメ化された赤塚不二夫の傑作コミックを、誕生50周年を記念し、実写映画化したラブ・ファンタジー。綾瀬はるかがヒロインの大人の姿を演じ、おなじみの“テクマクマヤコン”という呪文で、フィギュアスケーターにCA、バイクレーサー、OL、ナースなど様々な姿に変身する。
f0064229_1731347.jpg

【あらすじ】
メイクやオシャレが大好きな22歳の女のコ、加賀美あつ子(=アッコ)(綾瀬はるか)は。ある日化粧品会社のエリート社員、早瀬尚人(岡田将生)にスカウトされ、同じ会社でアルバイトすることになった。だがアッコは働いた経験ゼロ。仕事も失敗続きで、こわ~い(女の)先輩からもにらまれる毎日……。しかし尚人だけはアッコの驚くようなアイデアを面白がり、いつもアッコの味方でいてくれた。やがて二人に芽生えたほのかな恋心。ところが、アッコには尚人に絶対言えない秘密があった。実はアッコは、なりたいものになれる魔法のコンパクトでオトナに変身した小学生だったのだ。この秘密を誰かに知られたら、二度と元の世界には戻れない。大切な恋も終わってしまう。そんな中、会社に世の中を騒がす大きなトラブルが発生。ありえない事態が次から次へと巻き起こり、尚人にもまさかのピンチが訪れる。アッコは尚人を救うため、自分の身を投げ打ってある行動に出る。アッコは大好きな彼を救えるのか。そして肝心な恋の行方は……。
f0064229_17315058.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-01-04 17:31 | TV | Comments(0)