はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

シン・ゴジラ

庵野ゴジラは世間で受け入れられるのか心配でしたが、とてもまじめに作られていました。テーマはいくつかありますが「自衛隊が首都圏で戦闘した場合の日本の現状」というところでしょうか。
ゴジラ自体の存在は、メインというよりは作品のスパイスといってもよいくらいで怪獣映画ではなくディザスタムービーといえます。それにしても贅沢すぎる役者の配置。にもかかわらず現実の会話と思えないほど単調で抑揚のない長台詞の応酬。石原さとみに至っては早口言葉をいかにかまないでしゃべるか?ともいえる失笑レベルの会話。長谷川博己が一人で頑張っている感じが痛々しいほど。
音楽はエヴァンゲリオンのオンパレードだし、ゴジラは使徒と化したのか・・・背中からの〇〇ですべての攻撃隊から身を守るゴジラ。最後はすごくベタにゴジラの動きを止め、う~ん。
ヒューマンドラマとして観るかゴジラ映画として観るかで評価が分かれるところですが、それなりに楽しめるという点では合格点かも。エンドロール前のラストショットはどいういいとがあるのかしら?ゴジラファンより庵野ファンの評価が楽しみ。
f0064229_18162787.jpg

【作品情報】
日本の怪獣映画史に名を残す“ゴジラ”が、「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明が総監督、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の樋口真嗣が監督を務め、シリーズ初のフルCGで復活。巨大怪獣の出現で未曽有の危機にさらされた人々の物語が描かれる。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみをはじめ、総勢328名のキャストが出演。
f0064229_18163884.png

【あらすじ】
現代の日本に巨大怪獣ゴジラが出現。パニックに陥る者、立ち向かう者。大いなる脅威に直面した人々の行方は……。
[PR]
by hageuz | 2016-07-31 18:16 | 映画 | Comments(0)
最近のベン・スティラーは人生を見直すような作品によく出ている印象。
スターウォーズ フォースの覚醒でメジャーデビューしたアダムドライバー演じるジェイミー夫妻と中年夫婦の交流から彼ら自身の人生を見直すという内容。若い夫婦のバイタリティーをうらやましく吸収しながら彼らの目的を知ることになったジョシュ(ベン・スティラー)の人生への新たな道を見出すまでが描かれている。中年の記録映画監督が苦悩する姿はうまく演じられていると感じた。
ただし、映画監督やプロデューサーの夫婦という設定が私自身とは乖離がありどこまで理解できるかはかなり観る人によって異なるのかもしれない。ただ、若者と触れ合うことで無理する中年夫婦は観ていて滑稽だが理解できるし、意識と体力のギャップみたいなものは40代前半くらいから切実に感じ始める物なのだろう。
f0064229_15403695.jpg

【作品情報】
ブルックリンで暮らす世代の異なるカップルがお互いに影響され、成長していく姿を描くヒューマンドラマ。ベン・スティラーとナオミ・ワッツがミドルエイジの夫婦を、アダム・ドライバーとアマンダ・サイフリッドが彼らに影響を与える20代のカップルを演じる。監督は『イカとクジラ』『フランシス・ハ』のノア・バームバック。
f0064229_15404644.jpg

【あらすじ】
ニューヨークのブルックリンに住む40代のドキュメンタリー映画監督ジョシュ(ベン・スティラー)と映画プロデューサー、コーネリア(ナオミ・ワッツ)の夫婦は、子供は作らないと決めていた。ジョシュは新作をなかなか完成させられずアートスクールで講師を務め、コーネリアは著名な監督である父の作品ばかりを手がけており、行き詰まりを感じていた。ある日、ジョシュはアートスクールの聴講生である監督志望のジェイミー(アダム・ドライバー)とその妻ダービー(アマンダ・サイフリッド)に声をかけられる。ジェイミーの作品を見てほしいと招待され彼らの家に赴くと、LPレコードやVHSテープ、レトロな雑貨、手作りの家具に囲まれており、常識にとらわれずクリエイティブな生活をする二人に刺激を受ける。ユニークなセンスを持つ若いカップルと交流していくうちに、ジョシュとコーネリアはエネルギーを取り戻していく。しかし野心を秘めたジェイミーの映画作りに巻き込まれていき、思いがけない人生の選択を迫られる。
f0064229_15405856.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-07-24 15:41 | 映画 | Comments(0)

ロスト・バケーション

冒頭から15分位はブレイク・ライブリーのプロモーションビデオのような映像で彼女のよりが中心。抜群のプロポーションをアピールするかのような・・・こりゃだめかなぁと思っていましたが、話が進むにつれそれなりにしっかりした内容。体を張った演出で、太ももはサメに食われて裂けた傷をピアスで縫い止めたり、ボディースーツを割いて止血帯代わりに使ったり、顔には切り傷、腕はクラゲに刺されて赤くはれるなど痛々しいことこの上ない体を張った演技。
ジョーズで世間に認知されたホオジロザメのここまでしつこいかというほどの残忍な生態とあいまってそれなりに楽しめました。出産した女優さんとしては本当に素晴らしいプロポーションは一見の価値あり。
f0064229_20354154.png

【作品情報】
周囲に誰もいない秘境の島で突然、人喰いサメに襲撃されたヒロインの必死のサバイバル劇を描く、ブレイク・ライブリー主演のアクション。『フライト・ゲーム』などでリーアム・ニーソンをアクションスターに仕立てたジャウム・コレット=セラ監督が、過酷な状況に追い込まれたヒロインの姿を緊迫感あふれる映像で映しだす。
f0064229_2035543.jpg

【あらすじ】
サーファーで医師のナンシー(ブレイク・ライヴリー)は、休暇を利用して憧れの秘境ビーチを訪れる。目の前に広がるのは、大きな太陽に照らされて宝石のように輝く砂浜とほとんど人がいない真っ青な海。日が暮れるのも忘れてサーフィンに没頭していた彼女であったが、突然海中で何かにアタックされ脚を負傷。必死に近くの岩場までたどり着く。海岸はすぐ近くだったが、気付くと獰猛で危険なサメが岩の周囲を旋回していた。誰にも助けを求めることもできず、絶望的な状況に追い込まれたナンシー。さらに今は引潮で岩場は海面上にあるが、時間とともに潮が満ち海面が上昇、満潮になればそこは確実に沈む。岩場が沈むまで残された時間は100分。岩場から岸までは200メートル。タイムリミットは刻々と近づいていた……。
f0064229_2036544.jpg

f0064229_20362225.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-07-23 20:36 | 映画 | Comments(0)

ブルックリン

アイルランドからアメリカのブルックリンで見つけた幸せと、帰国して見つけた幸せに悩む女性の葛藤を描いている。ヒロイン役のエイリシュ(シアーシャ・ローナン)が洗練され素朴な女性から美しく洗練された女性に代わる感じがすごくよく表現されていた。華やかさには欠けるシアーシャ・ローナン。若さが恐れを知らずあふれだす感じがスクリーン全面にはじけ観ている人たちの共感を得る映画。佳作なんでしょう。ポスターはラストシーン。観ないと意味が分からないでしょうが、ここにこの作品の結論があるんです!

f0064229_14262387.jpg

【作品情報】
1950年代を舞台に、アイルランドの田舎町からニューヨークへと移住した女性の波乱の生涯を描くヒューマンドラマ。姉の勧めでニューヨークへ渡り、人生を横臥するヒロインをシアーシャ・ローナンが演じる。原作はイギリスまたはアイルランド在住の作家に与えられる文学賞、コスタ賞に輝いた、コルム・トビーンの同名小説。
f0064229_14263196.jpg

【あらすじ】
1950年代。アイルランドの小さな町に住むエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に大人しく目立たない存在だった。しかし彼女の将来を案じた姉の勧めでエイリシュはニューヨークへ渡米することを決める。だがそこは生まれ育った小さな町とはあまりに違う生活。ブルックリンの高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥り、アイルランドから届く姉の手紙を読み返し涙に暮れるエイリシュの様子を見かねて、同郷の神父(ジム・ブロードベント)はブルックリン大学の会計士コースを受講するよう勧める。やがて学ぶ喜びを知り、少しずつ前向きになっていくエイリシュ。そんな中、あるパーティーでイタリア系移民のトニー(エモリー・コーエン)と出会った彼女は、毎週大学に迎えに来る彼の誠実さに少しずつ心を開いていく。最新の水着に身を包み、コニーアイランドでトニーと過ごすエイリシュは、いまや洗練されたニューヨーカーになっていた。ところがある日、故郷から突然の悲報が届き、エイリシュはアイルランドへ帰郷する。そんな彼女を待ち受けていたのは、トニーとは正反対のジム(ドーナル・グリーソン)との再会、そしてもう一つの幸せな人生であった……。
f0064229_14264934.jpg
f0064229_14265882.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-07-18 14:27 | 映画 | Comments(0)
ニモを探す旅から1年、今度はドリーが両親を探す旅に・・・前回同様ウミガメ(クラッシュ)の背中に乗って海流に乗って海洋研究所へ。声優は前回同様マーリン(木梨憲武)ドリー(室井滋)の掛け合いが楽しい。今回はタコのハンクが大活躍。前回と同じく子供連れにはわかりやすい物語で夏休み親子映画のど真ん中になりそうです。大人の鑑賞にも耐えられる流石PIXER作品ってとこです。75点
f0064229_17473027.jpg

【作品情報】
カクレクマノミのニモと愉快な仲間たちによる冒険を描いた『ファインディング・ニモ』の続編。前作から1年後の世界を舞台に、なんでもすぐに忘れてしまうドリーが唯一忘れなかった大事な家族を捜すため、壮大な冒険の旅に出る。ニモとマーリンの親子やカメのクラッシュといったおなじみのキャラクターももちろん登場する。
f0064229_17474076.jpg

【あらすじ】
カクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、愛する息子ニモを人間の世界から救出した奇跡の冒険から1年。ニモのいちばんの親友ドリーは、何でもすぐに忘れてしまう忘れんぼうだったが、ただひとつ忘れなかったのは“家族の思い出”であった。だがどうしてその思い出だけを忘れなかったのか……。そして、ドリーの家族はいったいどこに……。そんな中、ドリーとニモ、ニモの父マーリンは、ドリーの幼少時の謎を解き明かそうと再び大海原に旅立つ。だがその秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた……。
f0064229_17475539.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-07-17 17:48 | 映画 | Comments(0)
今回も前回に続き赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)と白の女王(アン・ハサウェイ)の姉妹喧嘩が引き起こした話だった。このパターン好きやなぁ~。とはいえ子供向けには「嘘はいけない」という教訓をわかりやすく教えられる点はさすがディズニー。前作よりレベルが数段上がった映像。
前半の不思議の国に行くまでの映像が暗かったのはマッドハンターを助けに行くための重さを表現したかったのかもしれないがさすがにここまで暗くなくてもよいのでは?3Dは映像の暗さでさらに醜くなるので時計のシーンではその暗さが生かされると踏んだ演出なのかしら。
最近ヒロインが強い感じで描かれてはいるもののなんとなく抜けられない壁があると感じます。
また次作がある感じがしますね。
f0064229_16191331.jpg

【作品情報】
「不思議の国のアリス」のその後を描き、大ヒットを記録した『アリス・イン・ワンダーランド』のシリーズ第2弾。悲しい過去に心を奪われたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼるアリスの冒険がつづられる。ジョニー・デップやミア・ワシコウスカらに加え、“時間の番人”タイム役でサシャ・バロン・コーエンが新たに登場。
f0064229_16195259.jpg

【あらすじ】
アリス(ミア・ワシコウスカ)が不在の不思議の国で事件が発生。マッドハッター(ジョニー・デップ)の悲しい過去が、彼を窮地へ追いやる。過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターを救うため、アリスは時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)と戦い、過去へと旅立つが……。彼女を待ち受けるのは、秘められた真実とタイムとの戦い。果たして、運命に逆らって過去を変え、マッドハッターを救うことができるのか?さらには、チェシャ猫や赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)と白の女王(アン・ハサウェイ)たちの驚くべき幼年期の秘密も明らかに……。
f0064229_16192158.jpg
f0064229_16193172.jpg

f0064229_16201175.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-07-10 16:20 | 映画 | Comments(0)
インディペンデンスディから20年後を描いている。前作で登場したジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマンが再登場。前作で大統領だったビル・プルマンが予想通りの活躍?
最近のエイリアンはかなり似通ってきている感じがする。既成概念を払拭するほどの想像力がないのか、なんとなく人型でなく甲殻類に近い奴らが多くなっている。
さて、話は突っ込みどころ満載だが日本人の中高年が安心してみていられるB級映画のお手本のような展開。B級とはいっても特撮や演出は20年前とは比較できないほどの映像ですが、全く心の刺さる感じのない作品。前回のエイリアンの襲来を人類が一つになって阻止したという感じも結局アメリカ主導の争いの少ない世界ってだけ。娯楽映画を制作するのは悪いとは思わないけどこの作品が映画史に何か足跡を残せるかと言ったらNGです。2時間暇つぶしには良い?映画ですね。
f0064229_16202674.jpg


【作品情報】
人類と地球に襲来した異星人との戦いを圧倒的なスペクタクル描写で描き、世界中で大ヒットを記録したSFパニック作の20年ぶりとなる続編。人類を滅ぼすために再度襲来した異星人と人類との戦いが幕を開ける。前作に引き続きローランド・エメリッヒがメガホンをとるほか、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・ブルマンら前作のキャストも出演。
f0064229_16203775.jpg

【あらすじ】
類がエイリアンとの壮絶な死闘に勝利してから20年。30億の尊い命を失った人類は、新たな襲来に備えるため、エイリアンの宇宙船のテクノロジーを基に、地球防衛システムを構築していた。そして迎えた2016年7月。エイリアンが残した宇宙船が、20年の時を経て密かに覚醒。地球に仲間を呼び寄せるSOS信号を発信し始める。ほどなくして地球に現れたエイリアンは、想像を遥かに超える進化と巨大化を遂げていた。重力すらも自在に操るそのパワーの前に、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、ドバイといった世界の主要都市は、なすすべもなく壊滅。敵の猛攻撃に晒され、防衛システムを無力化された人類は、たちまち滅亡の危機に直面する……。
f0064229_16205195.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-07-09 16:20 | 映画 | Comments(0)

ダークプレイス

ミステリーとして非常に面白かった「ゴーンガール」作家の映画化ということで期待していきました。体調不良で途中からかなりしんどかったのでしっかり鑑賞できませんでしたが70分くらいで結末がわかってしまって少し残念でした。話のテンポが悪く「ゴーンガール」のような驚きもなく評価は低いです。ラスト近くはほとんど、観客向けの説明のような謎解きが気になったのと、殺人クラブの存在が後半ほとんどいらないものになっていたり、ヒロイン、リビーを助けるライルの存在もなんだか中途半端だったな。
f0064229_20325434.jpg

【作品情報】
『ゴーン・ガール』の原作者ギリアン・フリンによる小説「冥闇」をシャーリーズ・セロン主演で映画化したサスペンス。28年前に起きた一家殺人事件の唯一の生存者であり心に傷を抱えたヒロインが、事件の真相に迫っていく姿が描かれる。『サラの鍵』でユダヤ人迫害事件に迫る女性を描いたジル・パケ=ブレネールが監督を務める。
f0064229_2033372.jpg

【あらすじ】
1985年、カンザス州の田舎町。母親とその娘二人が惨殺される事件が発生。家の壁には悪魔崇拝を示唆する血文字が残されていた。犯人として逮捕されたのは15歳の長男ベン。生き残った8歳の末っ子リビーが、兄の犯行を目撃したと証言したため、ベンは終身刑を宣告された……。28年後。殺人事件の遺族として世間から同情を受け、支援金や自伝出版で食いつないできたリビー(シャーリーズ・セロン)だったが、定職もなく、孤独な生活を送る日々。そんな彼女に“殺人クラブ”という団体から連絡が届く。過去の有名な殺人事件を検証するそのクラブは、重要な証言者としてリビーに会いたがっていた。兄の事件の真相が迷宮入りするまで、残り21日。“殺人クラブ”ではタイムリミットが迫る事件について語れば謝礼を支払うという。生活に困窮していたリビーは、クラブのメンバーであるライル(ニコラス・ホルト)が申し出た報酬に目がくらみ、出席を決意。ベンの無罪を主張するクラブを怪しみつつ、リビーは生活のために嫌々ながらもあの忌まわしき28年前の事件を振り返ることになる……。刑務所を訪れたリビーは、久しぶりにベン(コリー・ストール)と再会。彼の手首には女性の名のタトゥーがあった。やがてリビーの脳裏には、徐々に過去の記憶が蘇る。当時、ヘビメタ好きで悪魔崇拝に傾倒していたベンは家族の中でも浮いた存在だった。さらに彼には、近所の少女に性的イタズラをしたという疑いが持ち上がっていた。ベンにはディオンドラ(クロエ=グレース・モレッツ)という年上の恋人がいて、妊娠が発覚した彼女はベンと一緒に町を出ようと心に決めていた。一方、リビーの両親は、彼女が2歳のときに離婚。だが父親は、たびたび金の無心に来ては、母親のパティ(クリスティナ・ヘンドリックス)を悩ませていた。家が農場とはいえ、女手ひとつで4人の子供たちを育てるパティも経済的に困窮。自宅が差し押さえを迫られたうえ、嫌疑を受けるベンのために弁護士の費用が必要だった。そんな状況であの夜、惨劇が起こったのだ。ライルに背中を押されたリビーは、かつてベンがイタズラをしたというクリシーと会い、殺された姉の日記を読み返し、忘れかけた記憶をたぐり寄せていく。あの夜、自宅で何が起こり、自分は何を目撃したのか……。そんな中、事件以来、行方知れずだった父親の居場所を突き止めたリビーは、衝撃の事実へ一歩、また一歩と近づいていく……。
f0064229_20331376.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-07-04 20:34 | 映画 | Comments(0)