はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日本で一番悪い奴ら

警察でありながら暴力団に協力者=S(スパイ)を養成し検挙数を獲得しエースとしてのし上がっていくストーリーが現実に行われていたことが衝撃。拳銃検挙のために麻薬密輸を見過ごすという警察庁と道警の縄張りでの考え方が今でも現実にあるという。それまでの不祥事とは比べ物にならなく来の大失態を境に諸星が落ちぶれていく様がうまく描かれている。前半戦のとんとん拍子の出世物語から責任を取らされての左遷。後半のテンポがよくなかった割にはまあまあの出来と感じられたのも白石監督ならではかな。個人的にはピエール瀧が早々にいなくなったのが残念だった。綾野剛はなかなかの演技でした。矢吹春奈 がおそらく初めて脱いだんじゃないかな?
f0064229_15193041.jpg

【作品情報】
裏社会と結託し、数々の事件を起こした挙句に、覚せい剤の使用で逮捕された刑事による“日本警察史上の最大の不祥事”と呼ばれる実在の出来事を映画化する犯罪ドラマ。綾野剛が悪に手を染めた刑事の26年を、年齢にあわせて体重を10キロ増減させるなどして演じた。監督は『凶悪』で国内の数々の賞に輝いた白石和彌。
f0064229_15193995.jpg

【あらすじ】
大学柔道部での腕を買われ北海道警察に勧誘された諸星要一(綾野剛)は26歳で北海道警察本部の刑事となるが、捜査も事務も満足にできず、周囲から邪魔者扱いされる。署内でも抜きんでた捜査能力を発揮する刑事・村井定夫(ピエール瀧)は諸星に、刑事が認められるには犯人を挙げて点数を稼ぐことが必要、そのためには協力者=S(スパイ)を作れ、と説く。諸星は自分の名刺をばら撒き、内通を得て暴力団組員を覚せい剤・拳銃所持で逮捕する。その功績で本部長賞を授与されるが、令状のない違法捜査に暴力団側が激怒する。幹部の黒岩勝典(中村獅童)と面会した諸星は無鉄砲な性分を買われ兄弟盃を交わし、黒岩が諸星のSとなる。諸星は31歳で札幌中央署暴力犯係(マル暴)に異動し、ロシア語が堪能な山辺太郎(YOUNG DAIS)を黒岩から紹介される。さらに太郎からロシアルートの拳銃横流しに精通するパキスタン人アクラム・ラシード(植野行雄)を紹介され、共にSとして付き合う。要人への銃撃事件の増加に伴い道警本部に銃器対策課が新設され、諸星は第二係長を拝命する。新設部署の面子のため手っ取り早く拳銃の摘発をしたいと上司に相談されると、所持者不明の銃をコインロッカーに入れて摘発を偽装する。これをきっかけに摘発手段はエスカレートしていき、ロシア人から1丁2万円でトカレフを購入して摘発件数を水増しするようになる。諸星は銃器対策課から予算を引き出し、太郎とラシードを拳銃の仕入れにロシアまで向かわせるが、1丁しか購入できなかった。そこで手頃な値段で拳銃を売る東京のヤクザを頼るが、拳銃が一般の宅配便で送られてきたため警視庁の知るところになり、この影響でヤクザの拳銃の販売価格が高騰する。諸星は資金不足を補うため、黒岩の提案でシャブを捌くことに。一線を越えた諸星は公私ともにSとの関わりを深めていく。黒岩はさらに大きな計画を諸星に持ち掛け、税関、道警を巻き込んだ日本警察史上最大の不祥事を引き起こす。
f0064229_15195117.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-26 15:19 | 映画 | Comments(0)
クドカン作品なので結構期待していきましたが、少々期待外れでした。
春ドラマ「ゆとりですがなにか?」が結構面白かったので、その前に撮影を完了していたこの作品に期待するのも当然ですよね。スキーバス転落事故があって、設定がよく似ていたため上映延期されていましたが、あまり影響がなかったんじゃないかと思います。
地獄でなければ引けない「Hコード」なる超絶コードを演奏することで六道(上半分が天道・人道・修羅道の三善趣。下半分が畜生道・餓鬼 道・地獄道の三悪趣)の中で最上の天童に行く下りが笑えます。期待外れだったので60点かな。
f0064229_15472847.jpg

【作品情報】
宮藤官九郎監督・脚本による爆笑コメディ。若くしてこの世を去った高校生が、片思い中の女の子にもう一度会って告白するという願いを叶えるために、赤鬼との過酷な特訓に挑む姿を描く。神木隆之介が不幸な高校生の主人公を演じるほか、長瀬智也や桐谷健太、清野菜名らが奇想天外なメイクで鬼役をユニークに演じる。
f0064229_15473827.jpg

【あらすじ】
男子高校生の大助(神木隆之介)は、思いを寄せているクラスメイトのひろ美に告白しようとしていたところ、修学旅行中に起きた不慮の事故により他界。気が付くとそこは人々が責め苦を受けている地獄だった。キスしたこともないままに死んでしまったことが受け入れられない大助だが、赤鬼のキラーK(長瀬智也)によるとえんま様の采配によっては現世に転生できるらしい。大助は生き返るために、地獄農業高校の軽音部顧問であり地獄専属ロックバンド『地獄図(ヘルズ)』のギター&ヴォーカルを務めるキラーKから猛特訓を受ける。
f0064229_15475217.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-25 15:47 | 映画 | Comments(0)
自分で手は下さないタイプのサイコパスという設定にもかかわらず、劇中では「スドン」っていうシーンがあったし、どうして澪(藤野涼子)が西野(香川照之)に支配されているのかが不明なままエンドを迎えるストレスが半端なかった。黒沢清監督自体の演出がどうもなじめない。早紀(川口春名)のインタビューシーンの画像が明るくなったり暗くなったりも演出なのか?様々なシーンでつながりのあるシーンでの映像の明暗が意味不明。そもそもあの謎の注射は何なのか?
突っ込みどころ満載。この手のミステリーホラーは説明がつかないものが多い中で観客にゆだねる手法はありだと思うけど、このエンドは?いや~ストレスだわ~
それにしても西野(香川照之)気持ち悪い。
f0064229_1462634.jpg

【作品情報】
第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説を、黒沢清監督が映画化したサスペンス・スリラー。ある夫婦が怪しい隣人への疑惑と不安から、深い闇へと引きずり込まれていくさまが描かれる。犯罪心理学者の主人公を西島秀俊、一見人のよさそうな怪しい隣人を香川照之が演じるなど、実力派たちが気味の悪い物語を盛り立てる。
f0064229_1463953.png

【あらすじ】
元刑事で現在は犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は、かつて同僚だった刑事・野上(東出昌大)から、6年前に発生した一家失踪事件の分析を依頼される。だが、事件唯一の生き残りである長女・早紀(川口春名)の記憶をたどり調査を進めても核心にはたどりつけずにいた。一方、高倉が妻・康子(竹内結子)と共に最近引っ越した新居の隣人は、どこかつかみどころのない家族だった。病弱な妻と中学生の娘・澪(藤野涼子)をもつ人の良さそうな主人・西野(香川照之)との何気ない会話に高倉夫妻は翻弄され、困惑する。そんなある日、澪は高倉に「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」と告げる。その言葉に高倉が衝撃を受ける中、未解決の一家失踪事件と隣人一家の不可解な関係が繋がり、高倉夫妻の平穏な日常が崩れてゆく……。
f0064229_1465323.jpg

f0064229_147541.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-19 14:07 | 映画 | Comments(0)

貞子vs伽椰子

リングと呪怨の怨念ヒロインが何故VSなのか?
予備知識なく鑑賞しました。なるほど~そういうことだったのね!と腑に落ちましたが、そんなにうまくいくはずもなくラストシーンでは・・・・次呪われたらどうなっちゃうんだろ?
キャラクター佐伯伽椰子の声やその子供である佐伯俊雄の姿は見るものに強烈なインパクトだったがあの独特の効果音が結構はまってそれなりに楽しめました。最近VSモノが立て続けにありましたが、この2つは戦わせていること自体無理がありますよね。怖いもの見たさが好きな方は全体はまります(要は突っ込みどころ満載です)
f0064229_15474441.jpg

【作品情報】
Jホラーブームを牽引した『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子という、最恐ヒロインの共演が実現した驚愕のホラー。“呪いのビデオ”や“呪いの家”に関わってしまった人々や、怨霊を滅ぼそうとする霊能力者の戦いが描かれる。『ノロイ』などホラー映画を得意とする白石晃士が監督を務める。
f0064229_1548465.jpg

【あらすじ】
女子大生の有里(山本美月)は、見たら2日後に必ず死ぬという“呪いのビデオ”を手にする。親友の夏美(佐津川愛美)がビデオの不気味な映像を見てしまったため、有里は都市伝説の研究家でもある大学教授・森繁(甲本雅裕)を訪ねる。しかし、悪霊祓いの最中におぞましい惨劇が勃発。そこに霊能界の異端児・常盤経蔵(安藤政信)と、経蔵の相棒で生まれながら強い霊感を持つ盲目の少女・珠緒(菊地麻衣)がやってくる……。女子高生の鈴花(玉城ティナ)は、足を踏み入れた者は生きて戻れないという“呪いの家”の向かいに引っ越して来る。ある夜、鈴花が向かいの家をうかがっていると、行方不明になった小学生の姿を目撃する。居ても立ってもいられなくなった鈴花は、呪いの家へ向かう。やがて鈴花は恐る恐る内部に足を踏み入れ、彼女の悲鳴を聞いて駆け付けた両親もろとも、この家に棲みつく伽椰子と俊雄に襲われる……。2つの呪いを解くために、経蔵は貞子と伽椰子を激突させ、同時消滅させるという驚くべき計画を立てる。有里と鈴花に呪いの家で呪いのビデオを見るという恐るべき作戦を指示するが、それは想像を絶する戦慄の事態の始まりだった……。
f0064229_15481753.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-18 15:48 | 映画 | Comments(0)
前回の「クローバーフィールド」では、巨大怪獣が大都会を襲うという古典的モチーフながら、怪獣よりもその足元を逃げ惑う人々の状況に焦点を当てた擬似ドキュメンタリー作品でホームビデオ風の主観的映像が印象的だったが、今回は密室での3名での心理描写と最終的には地球外生命体の存在が前回の作品に引き続き強調された。とはいえ地球外生命体の侵略シーンはラスト20分。今までにないクリーチャーだったことを除けば今一つ楽しめなかった。とりわけハワード(ジョン・グッドマン)の核シェルターでの様々な準備・装備が猟奇的でこの作品の見どころ。
しかしながら、作品の主張がどこにあるのかわかりづらく「え~」って感じでのエンドロール。
またまた続編なんでしょうか?確実にコケると思います。
f0064229_15324110.jpg

【作品情報】
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ.J.エイブラムスが製作を手がけたミステリアスな物語。見知らぬ男に連れられ、シェルターでの共同生活を余儀なくされる女性が体験する出来事がつづられる。『ダイ・ハード4.0』などで主人公の娘を演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッドが主人公ミシェルを、謎の男ハワードをジョン・グッドマンが演じる。
f0064229_15325371.jpg

【あらすじ】若い女性ミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は目を覚ますと、自分がシェルターの中にいることに気付く。見知らぬ男ハワード(ジョン・グッドマン)は「君を救うためにここへ連れてきた」と告げ、共同生活が始まる。しかしミシェルは、彼が信用できるのか、他の目的があるのか、疑念を持ち続ける。やがて、何とか脱出を試みたミシェルがシェルターのドア越しに見た世界とは……。
f0064229_15331352.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-18 15:33 | 映画 | Comments(0)

マネーモンスター

ジョディフォスターは91年にリトルマン・テイトを監督して劇場映画4作品目になります。
彼女もすでに53歳と女優としては40年の大ベテラン。
ただし監督としての力量は今回は残念な結果でした。作品を制作する予算がおそらく少ないのでしょう。脚本自体も今この作品をなぜ?と思うほど平々凡々でした。株式暴落のからくり解明がこの作品の見せどころの一つですが、あまりにおそまつで・・・生放送で巻き起こる現在進行形の緊迫感という設定を体感したい人だけご覧になったらよいでしょう。99分なので待ち合わせの暇つぶしくらいならおすすめです。
f0064229_14531076.jpg


【作品情報】
生中継のテレビ番組をジャックした犯人と司会者や番組関係者とのやりとりが緊迫感あふれる映像とともにつづられる、ジョージ・クルーニー主演のサスペンス。ジョディ・フォスターの『それでも、愛してる』以来7年ぶりとなる監督第4作は、株の取引にまつわる金融界の闇や格差社会といった社会的メッセージを盛り込んだ一作となった。
f0064229_14532393.jpg

【あらすじ】
リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)は財テク番組『マネーモンスター』のパーソナリティを務め、巧みな話術と軽妙なパフォーマンスを織り交ぜながら、株価予想や視聴者へのアドバイスで番組の看板スターとなっていた。いつもの通り、リーがプロデューサーのパティ(ジュリア・ロバーツ)の指示を無視して、ノリのいいアドリブで視聴者ウケを狙っていた生放送の最中、彼の背後に一人の男(ジャック・オコンネル)が現れる。その男、カイルは完全にテレビ画面にフレーム・インし、拳銃でリーを脅す。番組で語られた株式情報を鵜呑みにして全財産を失ったというカイルは、復讐のためリーを人質にとり、自分を嵌めた株式のカラクリを生放送内で明らかにしろとパティに指示する……。
f0064229_14533846.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-12 14:53 | 映画 | Comments(0)

64-ロクヨン- 後編

ついついNHKピエール瀧版と比べてしまいます。佐藤浩市も頑張っていますが、インパクトに欠けますね~。結果的に自分の娘に関するエピソードが描き切れずに終わってしまいました。
前編を観に行った人は、おそらく後編は観に行くのでしょうが、後編のみはあり得ません。通常前編の解説が若干あるんですが、今回は全くないので小説でも読んでない限りまずみないほうがいいでしょう。脚本もかなり練られていて、演技も見事でしたが・・・原作から改変はちょっと残念です。
NHKを意識して?前編の出来なら原作通りで良かったんじゃないかと思いました。
f0064229_18124525.jpg

【作品情報】
横山秀夫のベストセラーを前後編の2部作として映画化したミステリーの後編。わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未解決となっている少女誘拐殺人事件の解明に挑む刑事と、彼を取り巻く人々のドラマが描かれる。佐藤浩市が事件解決に挑む刑事の三上を演じるほか、対立する記者に瑛太など、ベテランから若手まで実力派が勢ぞろいした力作。
f0064229_18125762.jpg

【あらすじ】
昭和最後の年、昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で“ロクヨン”と呼ばれ、被害者が死亡し未解決のままという県警最大の汚点となっている。その事件から14年が過ぎ、時効が近づいていた平成14年、“ロクヨン” の捜査にもあたった敏腕刑事・三上義信(佐藤浩市)は、警務部広報室に広報官として異動する。記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生する。そして三上の一人娘の行方は……。
f0064229_1813865.jpg

【小説との決定的な違い(ネタバレ)】
小説では三上の娘に対する思いと妻の存在の大きさが描かれ、二渡が幸田メモをどう利用したのかがポイントでしたが、劇場版はやはりすっきりと犯人を指し示す方向で話はさらに展開していく。
目崎正人の次女誘拐を意識させながら犯人しか知りえなかった内容をフォーカスして最後にはあの場所まで誘導していった事。D県警としてしか描かれなかった小説と違い「群馬」周辺と地名を明確にするなど展開させるための意味づけとして木の枝に持ちを刺した魚沼市堀之内地区の冬の伝統祭「雪中花水祝」を少しひねってあります。
[PR]
by hageuz | 2016-06-11 18:13 | 映画 | Comments(0)

デッドプール

MARVELコミックダークヒーローは結構よかったです。ジャンジャン殺すし、猥談のオンパレードですが憎めないキャラクターだし、X-MENヒーローを自虐しながら結構活躍させてるし、アクションあり笑いありと娯楽映画としてはよくできていました。なんとなくTED(テッド)的な空気感の映画です。娼婦のヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)の色気と一途な感じにはまりました。
f0064229_14404855.jpg


【作品情報】
型破りな言動で人気のヒーロー、デッドプール(=ウェイド・ウィルソン)の活躍を描くアクション。怪しい組織の人体実験によって不死の肉体を手に入れた主人公の戦いをユーモアたっぷりに映し出す。『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でもウェイド役を演じたライアン・レイノルズが再び登板し、ユニークなキャラクターに命を吹き込む。
f0064229_14405892.jpg

【あらすじ】
タクシーに乗って目的地へ急ぐ全身真っ赤なコスチュームの男。運転手に“デッドプール”と名乗ったその男が到着したのは、ハイウェイの上。デッドプールは、そこで宿敵への復讐を果たそうとしていた……。その2年前。かつて特殊部隊の有能な傭兵だったウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は第一線を引退後、好き勝手に悪い奴を懲らしめ、金を稼ぐというヒーロー気取りの生活を送っていた。そんなウェイドが一夜の相手として知り合ったのが、娼婦のヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)。
f0064229_14413123.jpg

最初のベッドインがあまりに完璧だったため、2人は1年間の同居を経て結婚を決意する。幸福な未来が待っていると思ったのも束の間、原因不明の痛みに襲われたウェイドに医師が下した診断は、全身にガンが転移しているという事実だった。余命わずかとなり、激しく落ち込むウェイド。そこへ、末期ガンが治療できると声を掛けてきた男がいた。ウェイドはその男から、ある施設へ案内される。そこで行われていたのは、余命宣告を受けた者たちに人体実験を施し、肉体改造を経て戦闘マシンとして売り飛ばすという恐ろしいプロジェクトだった。施設を仕切るのは、自らも無敵の肉体を手に入れたエイジャックス(エド・スクライン)。様々な実験を重ねて改造されたウェイドは、やがてどんな攻撃を受けても回復できる肉体を手に入れる。怒りが収まらない彼はエイジャックスとの激しい戦いの末、施設から逃亡。だが、実験で全身の皮膚がただれてしまい、ヴァネッサに素顔を見せる勇気がなかった。その顔を隠すため、自ら作ったマスクを被って“デッドプール”と名乗り、エイジャックスを探し始める。元の肉体を手に入れ、もう一度、ヴァネッサと幸せな生活を送りたい……。ウェイド=デッドプールは強い感情に突き動かされ、エイジャックスへの手がかりを見つけては、次々と敵を倒してゆくが……。
f0064229_14411377.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-05 14:41 | 映画 | Comments(0)
ガリレオの湯川教授のようなキャラクターが際立っていない点がなんとなく物足りない。ドラマ化でもしてもう少し天才脳科学者の御手洗潔を玉木宏がこなせていけば面白くなりそうなんですけど・・・
始まり方の演出は結構よかったんですけど、前半で1つ目の事件の犯人は容易に推理できました。2つ目以降の事件解決も脳科学者というよりは探偵推理が趣味な天才学者って感じでキャラかぶり感が否めませんね~脚本としてはそこそこ頑張っているんですが、特に際立っているわけでもないし・・・
星籠(せいろ)=首長竜ってところからのまさかの・・いやいや少し無理がありますよね。
とはいえシリーズ化はこの興行収入次第って感じでしょうか?DVDで十分ですね。
広瀬アリスさんは最近すずちゃんに押されっぱなしで今回も存在感が出なかったな。美人ですけどね~
f0064229_1425593.jpg

【作品情報】
和製シャーロック・ホームズとも称される探偵が趣味の脳科学者・御手洗潔の活躍を描く、島田荘司の人気小説を玉木宏主演で映画化したミステリー。瀬戸内海近辺で次々と起きる不可解な事件の謎に御手洗が挑む。広島県福山市などでロケを敢行し、ミステリアスな物語が美しい瀬戸内の風景とともにつづられる。監督は「相棒」シリーズの和泉聖治。
f0064229_14251573.jpg


【あらすじ】
瀬戸内海の小さな島に男の死体が半年に6体流れ着き、その身元は不明のままという怪事件が発生。編集者の小川みゆき(広瀬アリス)から“死体島”の話を聞き、事件に興味を持った天才脳科学者の御手洗潔(玉木宏)は、早速瀬戸内海へと飛ぶ。そこは日本で唯一、太古の昔から変わることなく6時間ごとに潮の満ち引きが繰り返される時計仕掛けの海だった。やがて御手洗は6体が広島県福山市から流れ着いたことを突き止めるが、その後、外国人女性の変死体が見つかり、滝つぼに口と目をふさがれた男女が拘束されるなどの事件が次々と起こる。御手洗は江戸の世まで歴史をさかのぼり、複雑に絡み合う事件の真実に迫っていくが……。
f0064229_14253075.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-05 14:25 | 映画 | Comments(0)

高台家の人々

設定としては面白そうでしたが、前半のテンポの良さはあったものの後半からラストにかけては平々凡々とした作品でした。コミカルな妄想は笑えるし、綾瀬はるかにははまり役とおもえる設定でしたが、妄想をシャットアウトするために環境ビデオのような草原のシーンが後半は連発され、妄想シーンを制作する費用がなくなっちゃったんじゃないと思えるほど後半が残念。
コミックでどれほどの設定と心理描写があったのかわかりませんが、これは失敗だったんじゃないかしら。やっぱり人の気持ちがわかったりしたら本当の恋愛ではない気がしますが、いかがでしょうか?
f0064229_17181212.jpg

【作品情報】
妄想癖のあるOLと人の心が読める特殊な力“テレパス”を持ったイケメンエリートの恋を描いた、森本梢子の人気コミックを綾瀬はるか&斎藤工の主演で映画化したラブ・コメディ。ヒロイン、木絵の突拍子もない妄想力とそれを楽しみながらも心癒され、ひかれていく青年との恋の行方がつづられる。西野カナが主題歌を担当。
f0064229_17182962.jpg

【あらすじ】
口下手でぼーっとした冴えないOL・平野木絵(綾瀬はるか)は、気づけば妄想して自分の世界に入り込んでいた。ある日、木絵の勤める会社に、高台光正(斎藤工)がニューヨーク支社から転勤してくる。元華族で不動産や保険会社などを持つ名家・高台家の長男にして、長身でイケメン、さらに祖母がイギリス人というルックスに、東大卒、オックスフォードに留学経験もあるという完璧なプロフィールを持つ光正が、何の接点もあるはずがない木絵をいきなり食事に誘う。木絵は、なぜ気に入られたのか分からないまま仲を深めていくが、光正の笑うタイミングを見て、自分のバカバカしい妄想を覗かれているような気がしてならない。実は、光正には人の心が読めるテレパシー能力があったのだ。そのことで人間関係に辟易としていた光正にとって、楽しくておもしろくてバカバカしい妄想をする木絵と過ごす時間は癒しとなり、やがて木絵の純粋な心の中に惹かれるようになる。二人は順調な関係を続けていくが、木絵の前に名家・高台家が立ちはだかる。光正の母・由布子(大地真央)は二人の関係を許さず、また、光正に想いを寄せる女性の存在も……。何より、“釣り合わない恋”に不安になる木絵。さらに家族に隔世的に引き継がれたテレパシー能力の存在を木絵に打ち明けられない光正。それぞれの抱える不安によって、二人の関係が変化していく……。
f0064229_17184420.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-04 17:18 | 映画 | Comments(0)