はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

スーダンで生活している当時の人にとって「電話」は警報、「ピザ」は奇跡の食べ物、「独身女性」は気の毒な人。そもそもアメリカに難民非難しても、一般生活を行う訓練から始めなければならない事実を受け入れ側が知らないことに驚愕した。仕事として職業斡旋を行っていたキャリー(リース・ウィザースプーン)の成長はあくまでも副、主人公はマメールと2人の兄弟のアメリカでの成長ぶりと別れた兄との再会からのドラマ。
前半の30~40分はスーダン内戦を凌いでいく難民の背景、後半はアメリカでの生活~ケニア難民キャンプでの兄との再会。生活の違いを克服していく過程でユーモアで笑えるシーンはありますが、あくまでシリアスな話。タイトルにある「優しい嘘」によって、どう幸せになるかはネタバレになるので書きません。
ただこのラストは何か別の作品で観たような気がします。その為、他の鑑賞者のような高評価まではいきません。それでも観る価値のある秀作です。
f0064229_188452.jpg

【作品情報】
両親と住む場所を失い、難民となった3600人ものスーダンの若者たちを全米各地に移住させた、80年代の実話を基にした人間ドラマ。言語も文化も異なるスーダンの人々と彼らを就職させようと奮闘するアメリカ人との絆を描く。監督は『ぼくたちのムッシュ・ラザール』でアカデミー外国語映画賞候補になったフィリップ・ファラルドー。
f0064229_1885953.jpg

【あらすじ】
1983年に始まったスーダン内戦では、10万人以上もの子どもたちが親を亡くし孤児となった。それから十数年後、アメリカとスーダンが協力し、難民キャンプで育ったロスト・ボーイズと呼ばれる若者たち3600人のアメリカ各地への移住が計画される。カンザスシティーの職業紹介所でそつなく働いていたキャリー(リース・ウィザースプーン)は、スーダンから来たマメール(アーノルド・オーチェン)ら3人の就職の世話をすることになる。電話を見るのも初めて、車にも乗り慣れず、牧場を見ると猛獣はいないか確認する彼らとのカルチャー・ギャップに頭を抱えるキャリー。しかし彼らの成長を見守り親しくなっていくうちに、キャリー自身が大きく変わっていく。
[PR]
by hageuz | 2015-04-29 18:09 | 映画 | Comments(0)

王妃の館

少し設定に無理があるように感じた。話としては面白く、北白川右京(水谷豊)演じる天才小説家の新しい小説の中身の方がよかった。ロケでのパリは主要観光地が次々と出てくるのでプチトリップ感は味わえる。
ただ、インパクトはすべてにおいて弱く、水谷豊さんがよほど好きじゃないと良い作品とは言えないかも。
乳母?役の安田成美と吹石さんは相変わらず美しかった。
f0064229_2132478.jpg


【作品情報】
格式高いパリの最高級ホテルを訪れた観光客たちが引き起こすトラブルの数々を描く、浅田次郎の同名小説を基にしたコメディ。水谷豊がツアー参加者たちを自らの世界へと巻き込んでいくクセの強い売れっ子作家・北白川右京を演じ、新たな魅力を発揮する。20日間におよぶパリロケを敢行し、ルーヴル美術館をはじめとした人気スポットが多数登場する。
f0064229_2134055.jpg

【あらすじ】
パリ・ヴォージュ広場でおよそ300年の伝統とパリ随一の格式を誇るホテル“シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ”、別名「王妃の館」は、世界中の観光客が憧れる最高級ホテル。そのホテルの知名度を利用して、倒産寸前の旅行会社が起死回生策として「王妃の館」のスイートルームを利用できるツアーを企画する。だがそれは、パリ10日間200万円の超豪華“ポジツアー”と、29万8000円の格安“ネガツアー”を同時に催行、昼と夜でダブルブッキングするというものだった。完璧に見えたその計画であったが、それぞれのツアーの参加者は、いずれも一癖も二癖もある曲者揃い。スランプの天才小説家・北白川右京(水谷豊)、旅行会社社長・朝霞玲子(田中麗奈)と添乗員・戸川光男(尾上寛之)、傷心の美人OL・桜井香(吹石一恵)、成金実業家・金沢貫一(緒形直人)、クラブホステス・ミチル(安達祐実)、カタブツの熱血警察官・近藤誠(青木崇高)、ショーパブの女装スター・クレヨン(中村倫也)、文芸編集者の香取良男(山中崇史)と早見リツ子(野口かおる)、そして元詐欺師・丹野二八(石橋蓮司)。彼らは様々な問題を抱えながらこのツアーに参加していた。新作の取材のためにやってきた右京は、持ち前のマイペースな人柄、そして彼に“降りてくる物語”によってツアー参加者たちを幸せへと導いていく……。
f0064229_2135385.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-04-26 21:03 | 映画 | Comments(0)

シンデレラ

娘たちが幼少のころ何度も観ていたアニメ「シンデレラ」と設定はほとんど同じでしたが、微妙なところで設定を変えてあった。今回抜擢されたリリー・ジェームズの「やさしさと勇気」をもった女性はスクリーンでさわやかだった。みんなが知っているシンデレラ・・・でも改めて見直すとステキな話。この映画の評価はエラ(リリー・ジェームズ)が自分の持っているシンデレラのイメージにどれだけあっているかでわかれるんじゃないかと思う。ネズミ・アヒル・トカゲ・猫のルシファー見どころは満載です。

ちなみに、最初に「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」が流れます。お子さんたちには大好評。エルサのくしゃみで新しいキャラ誕生です。
f0064229_21261918.jpg

【作品情報】
ガラスの靴やカボチャの馬車といったアイテムなどで知られ、魔法の力で運命の人と結ばれるヒロインの姿を描く、ディズニーの不朽の名作を基にしたラブストーリー。新鋭リリー・ジェームズが自らの勇気とやさしさで奇跡を巻き起こすヒロインのエラを演じるほか、継母役のケイト・ブランシェットなど実力派が脇を固める。
f0064229_21263043.jpg

【あらすじ】
幼くして母(ヘイリー・アトウェル)を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、悲しみにくれながらも母の「辛いことがあっても勇気と優しさを忘れないで」という教えを守り、ピュアな心を持つ女性へと成長していた。ある日、仕事で家を留守にすることが多い貿易商の父(ベン・チャップリン)はエラのためを思い再婚を決意。エラは継母(ケイト・ブランシェット)とその連れ子の娘、ドリゼラ(ソフィー・マクシェラ)とアナスタシア(ホリデイ・グレインジャー)を快く迎え入れる。だが継母は夫がエラにかける愛情に嫉妬し、エラの若さや美しさを不愉快に思っていた。そんな折、エラの父が事故で突然帰らぬ人となる。継母と娘姉妹はエラに山のような仕事を言いつけ、屋根裏部屋に追いやられたエラは召使い同然の扱いを受ける。寒さに耐えきれず居間の暖炉の前で眠り、翌朝、顔に灰をつけたまま働くエラを姉妹は“灰まみれのエラ=シンデレラ”と呼んで大笑い。それまでじっと耐えてきたエラは溢れる涙を抑えきれず、家を飛び出し、森へと馬を走らせる。そんなエラに声をかけたのは“キット”と名乗る青年(リチャード・マッデン)だった。城で働いているという彼と話すうちにエラはいつのまにか笑顔を取り戻し、初めて自分を理解してくれる人に出会えたエラはキットに好意を抱き始める……。一方、国王(デレク・ジャコビ)は城で息子のキットを待ち構えていた。国と息子の将来を案じた王は政略結婚を勧めるが、キットはエラのことが忘れられない。そこでエラを探すために国中のあらゆる未婚女子を招待して舞踏会を開き、そこから妃を選ぶことを約束する。招待状はエラの家にも届き、ドリゼラとアナスタシアは有頂天。エラは、亡き母のドレスを着て自分も連れて行ってほしいと頼むが、継母と姉妹はエラのドレスを引きちぎり、彼女を置いて舞踏会へ出かけていく。エラが希望を捨てかけたその時、みすぼらしい身なりをした老女が現れ、エラが優しくミルクを差し出すと、老女は妖精に姿を変える。彼女は夢を叶えてくれるフェアリー・ゴッドマザー(ヘレナ・ボナム=カーター)であった。魔法の杖を振るいカボチャを馬車に、ネズミを馬に、トカゲを御者に仕立て、エラの破れたドレスを美しいドレス変え、光り輝くガラスの靴を与える。「魔法が続くのは12時まで。さぁ、楽しんでおいで……」城に到着したエラは、そこで初めてキットが王子であることを知る。夢のようなひとときを過ごし、お互いの気持ちを確かめ合う二人だったが、そのとき12時を告げる鐘の音が……。
[PR]
by hageuz | 2015-04-25 21:28 | 映画 | Comments(0)

セッション(WHIPLASH)

この作品はフレッチャー教授(J・K・シモンズ)とアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)のパワハラ系鬼教官の指導とドラムプレイを中心としたジャズセッションが見どころ。ラスト10分のドラムプレイがこの作品のクライマックス・・・結局どちらが騙されていたのか?観に行ったみなさんはどう思うかなぁ・・
J・K・シモンズの狂気な演技は高い評価を受けていますが、デイミアン・チャゼル監督の才能に今後期待したいです。また、WHIPLASH(原題)は作品の中で演奏されるJAZZ曲名です。劇中で流れるキャラバンはいろんな人がカバーしている超名曲です。この辺も見どころの一つかも・・・
f0064229_1743394.jpg


【作品情報】
名門音楽学校に入学したドラマーと伝説の鬼教師が繰り広げる狂気のレッスンとその行方を描き、第30回サンダンス映画祭でグランプリと観客賞に輝いた人間ドラマ。厳しい指導者の下、苦悩の日々をすごした、監督と脚本を担当したデイミアン・チャゼルの高校時代の体験を基に、生徒と教師のサスペンスフルなやりとりが展開する。
f0064229_1744980.jpg

【あらすじ】
偉大なジャズ・ドラマーになるという野心を抱いて、全米屈指の名門校シェイファー音楽院に入学した19歳のアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)は、何とかしてフレッチャー教授(J・K・シモンズ)の目に留まりたいと考えていた。彼が指揮する“スタジオ・バンド”に所属すれば、成功は約束されたも同然だからだ。ある日、一人で練習するニーマンの前にフレッチャーが現れるが、ほんの数秒聴いただけで出て行ってしまう。数日後、ニーマンのバンドのレッスンに顔を出したフレッチャーは、メンバー全員の音をチェックすると主奏者のライアン(オースティン・ストウェル)を差し置いて、ニーマンにだけ自分のバンドに移籍するよう命じる……。異様なまでの緊張感に包まれた教室でレッスンが始まった。フレッチャーが生徒たちを恐怖で支配する中、トロンボーン奏者が僅かな音程のズレを責められ、その場でクビとなる。「17小節の4拍目」のテンポが違うと怒りで豹変したフレッチャーに椅子を投げつけられたニーマンは、ビンタでテンポを矯正され、悪魔のごとき形相で罵られる。泣いて帰ったニーマンだが、翌日からその悔しさをバネに肉が裂け血の噴き出す手に絆創膏を貼ってひたすらドラムを叩き続けるのだった……。ニーマンの母は彼が幼い頃に家を出て行った。音楽以外は何の興味もなく、友達もいないニーマンにとって今は別々に暮らす高校教師の父と映画館へ行くことが唯一の娯楽だった。その映画館の売店でバイトをしているニコル(メリッサ・ブノワ)との初デートに出かけるニーマン。フレッチャーにスカウトされた日、自分が無敵になった気がして秘かに想いを寄せていた彼女に声をかけたのだ。そんな中、スタジオ・バンドが出場したコンテストでのあるトラブルをきっかけに、フレッチャーは主奏者をニーマンに任命する。だがフレッチャーは、有頂天のニーマンを残酷なまでに奈落の底に突き落とす。ライアンを新たな主奏者候補として連れてきたのだ。ニーマンは怒りと焦りをニコルにぶつけ「偉大な音楽家になるには君が足手まといだ」と別れを切り出す。ある夜、フレッチャーは3人の候補の中から主奏者を決めると宣言、手から血を流し、フラフラになりながらひたすら演奏を続ける候補者たち。やがて真夜中もとうに過ぎた頃、フレッチャーはニーマンを主奏者に決める。だが、高みを目指すフレッチャーの狂気はさらに加速、ニーマンをギリギリまで追い詰めていくのだった……。
[PR]
by hageuz | 2015-04-18 17:05 | 映画 | Comments(0)
宮部みゆきの小説を読んでいない人でも十分に楽しめる作品に仕上がっていた。中学生が課外活動として行う学内裁判という設定自体が面白いし、中学生やその父兄がきちんと真実に向き合おうとしている小説のキモの部分が短い時間に良くまとめられている。6巻3000ページにも及ぶ小説の映画化をここまできちんと伝えられた作品はそう多くない。少し設定は変えられている部分が読者として違和感がないとは言えないが主人公の藤野涼子さんの中学生らしい演技に好感がもてる。宮部ファンとしては小説を読んで楽しんでほしい気持ちが大きいが、映画だけでも十分に楽しめる。とりわけベテランが脇を固めていますが、新人の中学生の役者さんたちが素直に演じられているのが良かったのではないかと思います。善悪というより人としてどうありたいのか?大人になって物分かりの良い、自分の中で折り合いをつけることを覚えてしまった私達への一種の警鐘にも感じられ、子離れできない親や甘やかされた子供たちに何かを感じてもらうには鑑賞いただきたい作品ですね。成島出監督には次作にも大いに期待しておきます。
f0064229_17184930.jpg

【作品情報】
転落死した同級生の死の謎を巡って、中学生たちが隠された真実を暴こうとする姿を描く、宮部みゆきの同名小説を2部作として映画化したサスペンス・ミステリーの完結編。事件の第一発見者であり、学校内裁判を提案するヒロインを新人の藤野涼子が演じる。監督はサスペンスから人間ドラマまで幅広いジャンルを手がける成島出。
f0064229_1719235.jpg

【あらすじ】
男子中学生・柏木卓也(望月歩)の転落死以降、殺人を告発する目撃者からの手紙、過熱報道、連鎖していく事件により学校は混乱していたが、大人たちは保身に走る一方だった。生徒の一人・藤野涼子(藤野涼子)は自分たちで柏木卓也の死の真相を突き止めようと動きはじめ、学校内裁判が開廷される。人間の底知れぬエゴや欲望、悪意が渦巻く中、少女が学校内裁判の果てに見たものとは……。
[PR]
by hageuz | 2015-04-12 17:19 | 映画 | Comments(0)
アカデミー作品として評価が高いので少しハードルを上げて観てきました。jazzセッションで映像をつないでいる雰囲気はすごく新鮮。ただし画面がなにかしらず~と動いているし、長回しがやたらと多い。TCXのG列で鑑賞したので、観終わった後頭痛になってしまった。この映画は大スクリーンでないほうがいい。シャンテあたりが良かった。話の中身は結構つまらない。妄想・幻想が一体どこまでが現実でどこまでが空想?この辺が分かりにくく説明もないので難解に感じます。個人的には「アメリカンスナイパー」「博士と彼女のセオリー」などの方がオスカーだったように感じます。
f0064229_15445316.jpg


【作品情報】
『バットマン』シリーズで主人公を演じたマイケル・キートンが、かつてヒーロー映画で人気を博した俳優に扮し、再起をかけてブロードウェイの舞台に挑む姿を描くブラック・コメディ。人間ドラマに定評のあるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が『ゼロ・グラビティ』で撮影を担当したエマニュエル・ルベツキを迎え、ほぼワンカットの映像で見せる。
f0064229_1545736.jpg

【あらすじ】
俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、かつて『バードマン』というスーパーヒーローを演じ一世を風靡したものの、シリーズ終了して20年経った今ではすっかり落ち目となってしまった。彼はレイモンド・カーヴァーの小説『愛について語るときに我々の語ること』を自ら脚色・演出・主演を手がけ舞台化、ブロードウェイで上演し、再び喝采を浴びようとする。しかし起用した実力派俳優のマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)ばかりが注目される上に、娘サム(エマ・ストーン)との溝も深まる一方。リーガンは精神的に追い込まれていく……。
f0064229_15452410.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-04-11 15:45 | 映画 | Comments(0)

エイプリルフールズ

話自体は少し伏線の張り方や謎解きが雑な気がしましたが、退屈せずに観ることができました。石川監督は映画は初なのでこんなもんでしょう。役者がたくさん出てきますので、出演者のキャラ設定や役わりが重要なんですが、エピソードごとでぶつぎれてしまうので少しもったいない気がしました。エイプリルフールにつく嘘に関するコメディにしては少しテーマが重すぎますね。もっとライトなシナリオを楽しみかったです。
f0064229_18104148.jpg


【作品情報】
「リーガルハイ」の監督&脚本コンビによる、戸田恵梨香、松坂桃李ら出演のコメディ。4月1日、1年に1度嘘をついてもいい“エイプリルフール”を舞台に、対人恐怖症の妊婦、SEX依存症の天才外科医など個性豊かな27人の登場人物たちが何気なくついた嘘が次第に大きなトラブルへと発展していくさまがつづられる。
f0064229_1811244.jpg

【あらすじ】
2015年4月1日エイプリルフール。1年に1度だけ嘘をついていいこの日、街は朝から様々な嘘で満ち溢れていた……。〈イタリアンレストランでの大惨事〉対人恐怖症の清掃員・新田あゆみ(戸田恵梨香)は、一夜限りの関係を持った天才外科医・牧野亘(松坂桃李)に妊娠を告白。エイプリルフールの悪い冗談と掛け合わない亘に業を煮やし、亘のいるイタリアンレストランへ向かう。その頃、亘は美貌のキャビンアテンダント・麗子(菜々緒)とランチデート中。“フロアで起きることは私の責任です”がモットーの接客係(ユースケ・サンタマリア)とオーナーシェフ(小澤征悦)は、今日も爽やかに業務をこなしていたが……。〈ロイヤル夫妻の休日〉櫻小路夫妻(里見浩太朗&富司純子)は、ショッピングや初めてのハンバーガーショップ、ゲームセンターでお忍びデートを満喫中。だが、案内を任されたリムジン運転手(滝藤賢一)やハンバーガーショップ店長(古田新太)、アルバイト女子(木南晴夏)など周囲に驚異を与えるばかり……。〈不器用な誘拐犯〉昔気質のヤクザ・宇田川勇司(寺島進)は、小学生の少女・理香(浜辺美波)を誘拐するが、その一部始終を多くの人に目撃されていた。あまりにも不器用な犯行の上、身代金の要求もしなければ脅しもしない。そんな中、理香の母・絵里子(山口紗弥加)は犯人の似顔絵を見て絶句する……。〈占い老婆の真実〉過去にトラウマを抱えた刑事・小野(高嶋政伸)は、不運続きの救急隊員(岡田将生)から除霊師の老婆(りりィ)が大金を巻き上げている事を掴み、連行する。取り調べ中、友人から人質事件が起きたと通報があるが、毎年エイプリルフールに嘘をつかれているので小野は全く取り合わない……。〈42年ぶり涙の生還〉11歳の時、父親と漁に出て遭難、行方不明になっていた男(生瀬勝久)がムジャンガ島で発見され、42年ぶりに帰国する。やがて神社への参拝を1日も欠かさなかった幼馴染(千葉雅子)と涙の再会を果たすが……。〈僕は宇宙人〉ブラスバンド部に所属する宇宙好きの中学生(浦上晟周)は、いじめが原因で不登校になってしまう。ある日、何気なく見たホームページで自分が宇宙人だと確信した彼は、宇宙船との交信に全精力を費やす……。〈ある大学生の行末〉松田(窪田正孝)と梅田(矢野聖人)は、同じ大学へ通う友人同士。特に何をするわけでもなく、いつも二人でつるんでいた。そんなある日、梅田はずっと抱えていた思いを松田に告白。友人だった二人の関係を壊してしまう可能性もある事実だったが、それを超える真実が松田から告げられ……。そしてエイプリルフールの1日の終わり、全ての嘘が絡み合い、最高の奇跡を起こす……。
f0064229_18112542.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-04-04 18:12 | 映画 | Comments(0)