はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

<   2015年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

くちびるに歌を

新垣結衣さんのセリフは極力少ない。それでいてピアノを弾かなくなった苦悩から心理的な変化で生徒たちと向き合う教師として立ち直るさまが素晴らしかった。ピアノ演奏が云々という方もいるようですが、演奏でなく一人の苦悩する女性を明るいキャラクターを封印した彼女の演技に成長を感じます。
妻の故郷である「五島列島」という懐かしさもあり、話に入り込んでみることができました。三木孝浩監督はこれまで「アオハライド」「ホットロード」「陽だまりの彼女」「僕等がいた 前篇・後編」「ソラニン」とほぼ別冊マーガレットアニメや恋愛小説を得意分野としていましたが、青春映画でも大人にフォーカスした作品を真正面で取り組んだ結果として素晴らしい作品に仕上げてくれました。
合唱部というとわざとらしい発声や変ににこやかな表情で苦手な方でしたが、この作品の生徒たちは自然に歌を唄っていて演出へのこだわりも感じられました。
なんとなくジンとくる秀作でした。
f0064229_19385737.jpg

【作品情報】
08年の全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙 拝啓 十五の君へ」。その作者であるアンジェラ・アキが全国の中学生に会いに行き直接対話をするというテレビのドキュメンタリーから発想を得た同名小説を新垣結衣主演で映画化した人間ドラマ。中学生たちのみずみずしい青春劇を映し出したのは『アオハライド』の三木孝浩。
f0064229_19391279.jpg

【あらすじ】
東京から柏木ユリ(新垣結衣)が、長崎県五島列島にある中五島中学校へ音楽の臨時教員として赴任してくる。彼女がこの青い海に囲まれた故郷へ帰ってきたのは、数年ぶりのことだった。生徒たちの間では美人でピアニストとして活躍していた柏木の話題でもちきりに。当の柏木はそっけない態度で生徒たちに接し、生徒からせがまれてもいっこうにピアノを弾こうとしない中、嫌々ながら合唱部の顧問を引き受ける。女子しかいないところに男子が入ってきた上に全国コンクールへ混声で出場することが決まり、合唱部の部員たちは混乱する。コンクールの課題曲は『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』。柏木は部員たちに15年後の自分へ手紙を書くよう言う。そこには、普段明るく見せていてもそれぞれ悩みや苦しみを抱え、だからこそ仲間とひとつになって歌う合唱に救いを求める生徒たちの姿があった。遠ざかっていたピアノにも生徒たちにも向き合うようになっていく柏木。そして迎えた本番当日、ある事件が起きる……。
[PR]
by hageuz | 2015-02-28 19:39 | 映画 | Comments(0)
日本4月1日公開予定、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督がマイケル・キートンを主演に迎えた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(4月10日公開)が作品賞に輝いたようです。
助演男優賞を初ノミネートで受賞した『セッション』のJ・K・シモンズ。
助演女優賞を初受賞した『6才のボクが、大人になるまで。』のパトリシア・アークエット。
『博士と彼女のセオリー』にて、実在の理論物理学者で筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患うスティーヴン・ホーキング博士を演じ、主演男優賞に輝いたエディ・レッドメイン。
主演女優賞は「アリスのままで」のジュリアンムーア。

半分くらい公開していないのでこれからせっせと見ます。
f0064229_19335735.jpg

f0064229_19341156.jpg

f0064229_19342622.jpg

f0064229_19343994.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-02-23 19:35 | 映画 | Comments(0)
[カーク・キャメロンズ・セイビング・クリスマス]が■最低映画賞■最低男優賞■最低脚本賞■最低スクリーンコンボ賞の4つを受賞。観てないけど観てみたい。

■最低助演女優賞
ミーガン・フォックス『ミュータント・タートルズ』  異議ありです。結構良かったと思うけど・・・

■最低リメイク、パクリ、続編映画賞
『ANNIE/アニー』                 昔のANNIEより好きでしたけど・・・・

■ラジー名誉挽回賞(ラジーの救い手賞)
ベン・アフレック(『ジーリ』から『アルゴ』『ゴーン・ガール』)ゴーンガールは良かったですよ!
f0064229_19491195.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-02-22 19:49 | 映画 | Comments(0)

アメリカン・スナイパー

ブラッドリー・クーパーの演技が光る秀作だ。イラク戦争に狙撃手として日々を過ごすにつれ、優しい彼の精神が徐々に壊れていく。戦地における壮絶な経験が人間の心をむしばんでいく様を粛々と表現できるイーストウッド監督の本領発揮というところか・・・
戦争で戦闘のない日本人にはわからない部分も数多く、宗教観も相まって難しいテーマであるものの家族や本人の苦悩が伝わってくる作品だった。
f0064229_133669.jpg

【作品情報】
アメリカ軍史上最強の狙撃手と言われた故クリス・カイルの自伝を、ブラッドリー・クーパーを主演に迎え、クリント・イーストウッド監督が映画化した人間ドラマ。過酷な戦場での実情や、故郷に残してきた家族への思いなど、ひとりの兵士の姿を通して、現代のアメリカが直面する問題を浮き彫りにする。
f0064229_13362397.jpg

【あらすじ】
米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊し、イラク戦争に狙撃手として派遣されたクリス(ブラッドリー・クーパー)。その任務は“どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること”。狙撃精度の高さで多くの仲間を救ったクリスは “レジェンド”の異名を轟かせるまでになる。しかし、敵の間にもその腕前が知れ渡り、“悪魔”と恐れられるようになった彼の首には18万ドルの賞金が掛けられ、彼自身が標的となってしまう。一方、家族はクリスの無事を願い続けていた。家族との平穏な生活と、想像を絶する極限状況の戦地。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく彼を戦場に向かわせる。過酷なイラク遠征は4度。度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでゆく……。
f0064229_13364046.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-02-22 13:37 | 映画 | Comments(0)
たまには自分の健康や幸福を見直すには良い機会でした。
ラブストーリー自体はそれほど目新しいわけでなく、末期がんの少女と骨肉腫の少年がおたがいを成長させていきながら不幸な結末を迎えながら、これからの人生の勇気をもらう。
この作品は主人公のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)に尽きます。彼女の純粋な感情が観客に伝わればOK。感情移入できなければNG。個人的には彼氏役のガス(アンセル・エルゴート)のいい人さが素敵です。ただ、ラストは皆さんの期待を裏切る展開だけどそれなりに納得して帰ってきました。、『ファミリー・ツリー』でジョージ・クルーニー演じる主人公の娘役でデビューした際には無かった彼女の成長ぶりはこれから期待できます。ダイバージェントのヴェロニカ役とは打って変わったノーメイク。女性って化粧次第で印象が大いに変わりますね。

f0064229_21131927.jpg

【作品情報】
不知の病を患った若い男女のせつない恋の行方を描く、ベストセラー小説を映画化したラブストーリー。末期がんの少女と骨肉腫の少年というカップルに扮するのは、『ファミリー・ツリー』でジョージ・クルーニー演じる主人公の娘役で注目を浴びたシャイリーン・ウッドリーと『キャリー』のアンセル・エルゴート。
f0064229_21133162.jpg

【あらすじ】
ヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は末期ガンのため学校にも行けず、友達もなく、酸素ボンベが手放せないでいた。ある日ヘイゼルは、両親の勧めでガン患者の集会に嫌々ながらも参加。そこで出会った骨肉腫のため片脚を切断したガス(アンセル・エルゴート)に好意を寄せられるが、ヘイゼルは傷つけまいと彼と距離を置こうとする。そんなヘイゼルのためにガスが彼女の好きな作家にメールしたところ、返信をもらう。二人は互いに特別な思いを持ちつつ友達としての関係のまま、小説の続きを教えてもらうため向かったオランダで、作家から予期せぬ言葉をかけられる。そして迎えた旅の最終日、ガスはあることを打ち明ける……。
f0064229_2113486.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-02-21 21:13 | 映画 | Comments(0)

悼む人

作品のテーマや性質上仕方ないのかもしれないが、あまりにも監督の主観がない。この手のテーマを堤さんが何故監督したのかが不思議でならない。坂築静人(高良健吾)が、自分とは縁もゆかりもない死者を“悼む”旅を行っているのかを自分でも答えに窮して「病気だと思います」と話しているシーンくらいからあまりにも我々観客に丸投げになってしまった。蒔野抗太郎(椎名桔平)との絡み方も少し厚みがなかったし、奈義倖世(石田ゆり子)と坂築静人の後半の展開も映像として生々しさとあいまいさが交錯して、監督自身がどう伝えていこうか迷いがあるように感じた。小説の世界観が映像にするには高尚すぎたのかもしれない。
f0064229_17333570.jpg


【作品情報】
第140回直木賞に輝いた天童荒太の同名小説を、堤幸彦監督が高良健吾を主演に迎えて映画化した人間ドラマ。縁もゆかりもない死者を“悼む”ために全国を放浪する青年と、夫を殺した過去をもつヒロインの旅の行方を描き、人が誰しも直面する“死”のありかたを問う。ヒロインの倖世を演じるのは石田ゆり子。
f0064229_17353622.jpg

【あらすじ】
週刊誌記者・蒔野抗太郎(椎名桔平)は残忍な殺人や男女の愛憎がらみの事件の記事を得意としていることから、エログロの蒔野、“エグノ”と陰で呼ばれていた。蒔野が個人的に開設したサイトには、醜悪で卑猥で人はかくも非道になれるのかという加害・被害の実体験の書き込みが全国から寄せられてくる。そんなある日、蒔野は、死者を“悼む”ために全国を放浪している坂築静人(高良健吾)に出会う。人の善意を信じられぬ猜疑心の塊のような蒔野は、そんな静人の不可解な行動に疑念を持ち、彼の身辺を調べ始めるのだった……。その頃、静人の母・坂築巡子(大竹しのぶ)は末期の胃癌を患いながら静人の帰りを待っていた。病院での治療も効果があがらず横浜の自宅でターミナルケアを受けながら死を迎える決意をする巡子。幼い頃から対人恐怖の傾向があり、他人の顔を見て話すのが難しいというハンデを背負う巡子の夫・鷹彦は会社を辞めて巡子の介護に専念する。そんな中、二人の娘で静人の妹・美汐(貫地谷しほり)が、母の病を知り実家に戻ってくる。だが恋人の子供を身籠もっていることが判明。その恋人とは既に別れたという美汐だったが、そこには静人の存在が影を落としていた……。家庭内暴力を受けた女性を匿い“仏様の生まれ変わり”と言われた夫・甲水朔也(井浦新)を殺害した奈義倖世(石田ゆり子)は、4年の刑期を終え出所する。しかし倖世に身寄りはなく、行くあてもない。さらに自らが手にかけた夫が亡霊の如き存在と化し、肩口から語りかけてくるのだった。途方に暮れる倖世は二度と足を踏み入れぬつもりだった東北の町を訪ね、殺害現場で朔也を悼む静人と出会う。動揺する倖世に、静人は「この方は生前、誰を愛し、誰に愛されたでしょうか。誰かに感謝されたことはあったでしょうか」と問いかける。静人の真意を訝る倖世は、夫を殺した事実を告げぬまま、静人と行動を共にする……。
[PR]
by hageuz | 2015-02-15 17:35 | 映画 | Comments(0)

第57回ブルーリボン賞

2月12日東京・イイノホールで授賞式が行われましたね。
予想通り、作品賞は『超高速!参勤交代』(本木克英監督)。これはもう一度見たい楽しい作品。
外国作品賞は『ジャージー・ボーイズ』(クリント・イーストウッド監督)でした。観終わってサウンドトラック買ってしまいましたもの。

予想していなかった(観ていなかった)監督賞に呉美保監督(『そこのみにて光輝く』)、主演女優賞に安藤サクラ(『0.5ミリ』『百円の恋』)が選ばれましたが、これから観なくっちゃいけませんね。宮沢りえさんは良かったんですけどね。最近の「ヨルタモリ」の宮沢さんが抜群に良いです。
f0064229_17581992.jpg

f0064229_17583274.jpg
f0064229_17584663.jpg

助演男優賞の池松壮亮(『紙の月』『海を感じる時』『ぼくたちの家族』)も助演女優賞に小林聡美(『紙の月』)も充当なところです。
新人賞の小芝風花さんは『魔女の宅急便』で受賞とのことですが、これは観ないことにします。小松菜奈さん推しでした。
[PR]
by hageuz | 2015-02-14 17:59 | 映画 | Comments(0)

味園ユニバース

渋谷すばるさん、主演としてしっかり演技(唄)してました。ただ、シナリオが平凡すぎて二階堂ふみやほかの共演者の演技がもったいない。赤犬というおっさんたちのバンド活動も全体像が良く見えず、終始「えっ?」って感じで終わっちゃいました。渋谷すばるの歌唱力はあらためて素晴らしいことが認識できただけの映画になってしまいました。こりゃお勧めに値しないな。(関ジャニファンは結構観に来てたようです)
f0064229_17153162.jpg

【作品情報】
バラエティなどでも人気の関ジャニ∞の渋谷すばるが初めて単独主演を務めた人間ドラマ。大阪を舞台に、歌うこと以外すべての記憶を失った男が自分を見つけだそうとする姿を描く。男との出会いで変わっていく風変わりなヒロインを二階堂ふみが演じる。監督は人間ドラマに定評のある『苦役列車』の山下敦弘。
f0064229_1715425.jpg

【あらすじ】
大阪のある広場で開催されていたバンドのライブに男(渋谷すばる)が突如乱入し、マイクを奪う。観客たちは男の他を圧倒するような歌声に息をのんだ。バンドやマネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は一体何者なのか詰め寄るものの、彼は記憶喪失になっており自分の名前すら思い出せないでいた。歌声に惹かれたカスミは男をポチ男と呼ぶことにし、自宅のスタジオで働かせ面倒をみることにする。男はヴォーカルとしてバンドに迎えられるが、男の過去には大変な問題があった……。
[PR]
by hageuz | 2015-02-14 17:16 | 映画 | Comments(0)
ジョニー・デップの新キャラということでしたが、続編は無いでしょう。話自体も単純だし、際立ったキャラだったのはジョック・ストラップ(ポール・ベタニー)という用心棒の絶倫キャラ。ジョニー・デップがこの役は難しいけどこれくらい極だったキャラを演じてほしかった。妻役のグウィネス・パルトロウがまさにいい女を演じていました。彼女は知的なセクシーキャラを演じさせるとピカ1ですね。小ネタのオンパレードで見逃さないようにしておかなければスルーしちゃうくらいの感じ。下ネタが大部分ですが、やはり絶倫ジョックが見どころです。
とはいえ期待を大きく裏切られてしまいました。作りも少し古臭いかな。あまりお勧めしませんね。
f0064229_16541266.jpg


【作品情報】
ジョニー・デップが怪しいちょびヒゲの美術商チャーリー・モルデカイに扮し、何者かに盗まれたゴヤの名画を取り戻そうと奮闘する姿を描く、アクション・アドベンチャー。ヒゲアレルギーのチャーリーの妻をグウィネス・パルトロウ、MI5の刑事をユアン・マクレガーが演じる。原作はキリル・ボンフィリオリの同名ミステリー小説。
f0064229_16542438.jpg

【あらすじ】
イギリス・オックスフォード。ゴヤの幻の名画が何者かに盗まれ、英国諜報機関MI5は、ちょびヒゲがトレードマークの怪しい美術商チャーリー・モルデカイ(ジョニー・デップ)にその捜索を依頼する。彼は不死身の用心棒ジョック(ポール・ベタニー)とともに名画を探すハメになるが、その名画には世界を揺るがす財宝の秘密が隠されていた。そんな中、富豪やマフィア、国際テロリストを巻き込み、イギリス、ロシア、アメリカへと世界中を駆けめぐる争奪戦が勃発。はたして、幻の名画の行方は……。
[PR]
by hageuz | 2015-02-11 16:54 | 映画 | Comments(0)
娘たちが幼少のころやっていたアニメを観ていましたが、実写版ではどんな感じなのかな~と思って観に行ってきましたが、それなりに楽しめました。何故、ミュータントタートルズ(ニンジャタートルズ)になったのかもよく分かったし、それなりのアクションシーンも満載でマイケル・ベイ製作らしい作品に仕上がっていました。
個人的にはミーガンフォックスが大人の女性に変身してこれからの女優として期待できる成長をしていたことが良かったです。公開された全米では大ヒットして続編製作も決定済らしいですが、結構はまる亀忍者はキュートで、ばかばかしさもなく私は好きでした。

【作品情報】
化学物質の影響で人間のように突然変異した4人組のカメの忍者グループが、犯罪者やエイリアンと戦う姿を描き、人気を博したコミックを再び映画化したSFアクション。『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが製作を担当し、ニューヨークの地下道から街の平和を見守るヒーローたちの活躍をクールに描き出す。
f0064229_1643581.jpg

【あらすじ】
犯罪組織フット軍団が日に日に勢力を拡大するニューヨーク。チャンネル6のTVレポーター、エイプリル(ミーガン・フォックス)は、スクープをモノにしようとフット軍団を追いかけていた港で衝撃の光景を目撃する。闇にまぎれて突然現れた何者かが、フット軍団を叩きのめしたのだ。だが決定的瞬間をカメラで捉えることができず、上司のトンプソン(ウーピー・ゴールドバーグ)にも信じてもらえない。そんな中、ニューヨーク市は犯罪対策として、サックス社との契約を更新。エイプリルの亡き父オニール博士は、社の代表であるサックス(
f0064229_16424927.jpg
ウィリアム・フィクトナー)とかつて同じ研究所で働いていたが、フット軍団に火を放たれて命を落としていた。ある夜、フット軍団が地下鉄の駅を襲撃。エイプリルが駆けつけるとまたしても正義の味方が現れる。ニンジャの技で軍団をブッ飛ばし、SWATの到着と共に退却する彼らを追いかけ撮影に成功したエイプリルは、フラッシュに気付いた彼らを間近で見て気絶してしまう。4人のヒーローの正体は、人間の言葉を話す身長180cmのカメだった。レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロという名のニンジャで、ミュータントでティーンエイジャーのタートルズ。意識を取り戻したエイプリルはその名を聞いて、亡き父との研究所での過去の記憶がぼんやりと蘇るのだった……。地下の隠れ家へ帰ったタートルズは、勝手な行動を取ったことを師匠のスプリンターに叱られ、エイプリルを捜せと命じられる。タートルズに呼び出されたエイプリルに、スプリンターの口から彼女の父の死の真相が語られようとしたその時、フット軍団が現れる。タートルズとフット軍団の宿命のバトルが幕を開けた……。
[PR]
by hageuz | 2015-02-11 16:43 | 映画 | Comments(0)