はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

<   2015年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ジョーカーゲーム

この手のサスペンスの醍醐味はハラハラドキドキとどんでん返し的な演出。そういう点からは及第点。
ただ話の内容は戦中の秘密機関という点を除くと、どこかで観たようなプロットばっかり。スパイなのに人にやさしいが故のピンチっていう視点のみがポイント。前半戦のテンポが悪すぎる。後半は亀梨さんアクション頑張ってました。深キョンはルパン3世でいうところの「峰不二子」って感じ。もう少し色気を出してほしかったなぁ。前半のテンポを良くしたら95分くらいの作品になりそう。そういう意味では作品の厚みはない。
できれば全く新しい本で続編を作ってほしい。亀梨演じるスパイと伊勢谷演じるD機関トップはキャスティングとして期待したい。
f0064229_1958580.jpg

【作品情報】
第30回吉川英治文学新人賞ほか数々の賞に輝いた、柳広司のミステリー小説を亀梨和也主演で映画化したスパイ・サスペンス。架空の日本を舞台に、人類の歴史を変える開発の秘密が隠された文書を巡って、日本、英国、ソ連のスパイたちの壮絶な戦いが繰り広げられる。監督は『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠。
f0064229_19581976.jpg

【あらすじ】
第二次世界大戦前夜。上官の命に背き、極刑を言い渡された青年(亀梨和也)は刑の執行直前、謎の男・結城(伊勢谷友介)から救いの手を差し伸べられる。だがその交換条件は、結城が設立した秘密組織“D機関”の一員としてスパイになることだった。過酷で奇妙な訓練を経て、青年は“嘉藤”という偽名を与えられ、世界を揺るがしかねない機密文書“ブラックノート”奪取の極秘ミッションを命令される。世界各国が狙う“ブラックノート”は現在、国際都市“魔の都”に駐在する米国大使・グラハムの手にあった。日本を飛び出し“魔の都”に潜入した嘉藤たちD機関のメンバーは、明晰な頭脳と身体能力を駆使し、グラハムに接近していく。しかしグラハムの愛人・リン(深田恭子)や、ブラックノートを狙う各国のスパイたち、さらにD機関内部に潜む見えざる敵が彼らの前に立ちはだかるのだった……。
f0064229_19583529.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-01-31 19:59 | 映画 | Comments(0)

エクソダス:神と王

モーゼといえば、十戒(石板)や海が割れるエピソードをイメージするが、この作品はヘブライ人であったモーゼの生い立ちにフォーカスしていきます。
今回、3D版を鑑賞しましたが、前半のまさに一緒にいるような映像は素晴らしかったのに後半は3Dでなくてもよかったくらいの尻すぼみと冗長な展開が残念でした。
石版への戒律を刻むシーンがあり、私の中では「雷により石版が掘られていく」イメージと違ったのと海が割れなかったのが残念でした。やはりハリウッド大作「十戒」は、私に大きな影響を与えていることを改めて確認できました。作品の質はさすがリドリー・スコット監督って感じですが、実力を発揮するのはSFですね。グラディエーターは脚本に助けられた作品で、ブレードランナー・エイリアンを越えられないですね。
f0064229_19393974.jpg

【作品情報】
兄弟のように育てられたモーゼとエジプト王ラムセス。ヘブライ人を巡り、運命に翻弄される2人の男の姿を描く、リドリー・スコット監督によるスペクタクル・アドベンチャー。カエルの大量発生、ナイル川が真っ赤な血に染まり、そして紅海が割れるさまなど、“10の奇跡”と呼ばれるモーゼの行いを科学的根拠に基づき映像化。
f0064229_19402493.png

【あらすじ】
紀元前1300年、多くのヘブライ人が暮らす古代エジプト。増えすぎたヘブライ人の男児を殺すようファラオ(エジプト王)が命じたため、赤ん坊だったモーゼも川に流される。しかし、エジプトの王女に拾われ、王子のラムセスと兄弟同然に育てられる。時が経ち、成長したモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、ラムセス(ジョエル・エドガートン)と共に兵を率いてヒッタイト帝国との戦いで敵を撃破するなど、王国での地位を確立しつつあった。しかし、ヘブライ人の長老ヌン(ベン・キングズレー)から、自分がヘブライ人であることを知らされる。モーゼは、ヘブライ人を鞭打ちにしていたエジプト人を殺害し、国を追放される。やがて、エジプト人による虐待から救うため、40万のヘブライ人を“約束の地(現在のパレスチナ)”へ導くため、モーゼはエジプトに戻る。ファラオとなっていたラムセスにヘブライ人の退去を提案するが、拒否される。すると、エジプトにとって災いとなる“10の奇跡”が起こり、ラムセスはヘブライ人の退去を認める。モーゼたちはエジプトを脱出するが、ラムセス率いるエジプト軍の襲撃を受ける。モーゼたちは紅海に追い詰められ、誰もが絶体絶命だと覚悟するが……。
[PR]
by hageuz | 2015-01-31 19:46 | 映画 | Comments(0)

ビッグ・アイズ

ティム・バートン監督作品としては珍しくファンタジーな特撮を極力抑えた実話の映画化。
ビックアイズは1950~1960年代にブームになったらしいが、ティム・バートン監督に大きな影響を与えていることはこの映画を観てよくわかった。悲しげな子供の気持ちを大きな瞳で表現しているようですが、マーガレット(エイミー・アダムス)さんが素晴らしい才能を持っていたこともよく理解できました。
ティム・バートン監督の独特な世界観を楽しみにしているなら少し残念かもしれませんが、彼の世界観に大きな影響を与えていると感じたいなら観に行っても損は無いですね。夫のウォルター・キーン(クリフトフ・ヴァルツ)の傲慢な演技は光ってました。ただ、やはり宗教が解決に大きく影響を与える点は、いつもながら私にはしっくりきませんね。
f0064229_1953726.jpg


【作品情報】
60年代のアート界に衝撃を与えた実在の事件をテーマにしたティム・バートン監督による人間ドラマ。特異な作風で世界中で大ブームを起こした絵画を手がけていたのが、実は作者の妻だったというスキャンダルの行方がつづられる。画家マーガレット・キーンをエイミー・アダムス、その夫ウォルターをクリストフ・ヴァルツが演じる。
f0064229_19531933.jpg

【あらすじ】
大きな瞳でどこか悲しげな子供を描いた絵画『BIG EYES』シリーズが1950~1960年代に一大ブームとなり、作者のウォルター・キーン(クリフトフ・ヴァルツ)は一躍脚光を浴びた。しかし真の作者は彼ではなく、彼の妻マーガレット(エイミー・アダムス)だった。彼女は内気な性格で、唯一自分の感情を表すことができるのは『BIG EYES』だけだった。そんな『BIG EYES』を欺瞞から守るために、マーガレットは真相を公表しようとする……。
f0064229_19541162.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-01-25 19:54 | 映画 | Comments(0)

ANNIE アニー

冒頭の教室のシーン、プレゼンを行うアニーに乗せられる子供たちのリズム感から圧巻。何故、パフォーマンスでのみプレゼンするのかは物語の途中につながっていく。時代背景が携帯電話のある時代のためシナリヲの細かい設定は変わっていると思われる(劇場で実際にアニーのミュージカルは観てませんので)
話の進行はテンポもよく、ハートフルストーリーで「日本語吹き替え版」もあるので子供連れで楽しめる作品。
肝心な歌のシーンはオリジナルなので違和感は比較的ない吹き替え(唄は字幕なのであまり小さい子供は厳しいかも)
個人的にはキャメロンディアスのあばずれ感とミュージカルには厳しい歌唱力。反対にジェイミー・フォックスの透き通った歌唱力は素晴らしかった(ドリームガールでもうまかった)
昨年の「アナ雪」のようには流行らないと思います。いい歌ですが・・・
ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプランのセレブ妻を演じていたローズ・バーンが美しい秘書役で光ってました。
f0064229_21334710.jpg


【作品情報】
トニー賞受賞など日本でもおなじみのミュージカルを、ウィル・スミスとジェイ・Zがプロデュースを担当し映画化。失踪した両親を探しながら前向きに生きる少女がニューヨーク市長を目指す男や周囲の人々に勇気と希望を与えていく。アニーを演じるのは史上最年少でアカデミー賞候補になった『ハッシュパピー バスタブ島の少女』のクヮヴェンジャネ・ウォレス。
f0064229_2134111.jpg

【あらすじ】
ニューヨーク・マンハッタン。携帯電話会社のCEOでNY市長候補のスタックス(ジェイミー・フォックス)は選挙キャンペーン中、車にはねられそうになった少女アニー(クワベンジャネ・ウォレス)を偶然助ける。彼女は生後間もなくレストランに置き去りにされ、今は過去の歌手としての思い出にすがりながら生きる独身女性ハニガン(キャメロン・ディアス)が営む施設で暮らしていた。10歳になるアニーは毎週金曜日の夜になると、そのレストランの前で迎えにくるはずのない両親を待ち続けていた。スタックスはそんなアニーの境遇を選挙戦に利用しよう考え、彼女を引き取り、超高層ビルのペントハウスで共同生活を始める。一方のアニーも自分が有名になれば両親が名乗り出てくるかも知れないと、スタックスの選挙戦を利用し協力する。そんな中、スタックスはアニーの隠された寂しさに気付き、心を開いていくが……。
f0064229_21342652.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-01-24 21:34 | 映画 | Comments(0)
訪問者が17万人を昨日超えました。※PVではありません・・・

2006年にyahooブログから引っ越して、早いもので8年3か月が経過しました。
おそらくPC買い替えなども2度ほどは行っていらっしゃるでしょうから、実際に観に来ていただいている方は5万人強だと思いますが、我ながらよく続いているなぁと思います。
自分自身の映画鑑賞記録として見返してみると、評価していた割には印象の薄い作品もあります。
これからも毎週映画館に通って「良作」をお伝えできればと思っています(*^^)v

観に来ていただいたみなさんありがとうございます<(_ _)>

※訪問者数(UU):
  一定期間に複数回訪問した人も1人とカウントします。
  1人が5ページ見たら、訪問者数は1。この数値のことをUU(ユニークユーザー)数といいます。

アクセス数(PV):
  単純にそのページが表示された回数です。
  1人が5ページ見たら、アクセス数は5になります。この数値のことをPV(ページビュー)といいます。
[PR]
by hageuz | 2015-01-22 20:51 | | Comments(0)

神様はバリにいる

コメディでありながら、多少ビジネス訓話的な内容もあり個人的には楽しめた。
堤真一ならではのANIKIの演技は秀逸。登場シーンごとに変わっている「ANIKI Tシャツ」もよかった。
ビジネスを成功させたANIKIの哲学は、お笑い映画ではなく日本が忘れてしまったいろんな共同体感覚(アドラー的には・・・)がバリにはまだまだたくさん残っている(らしい)ことを実践すること。
人への感謝と自責で、失敗した時ほど明るく笑い飛ばしていく姿は観ていて爽快です。おもいっきり笑って感動?してすっきりしたいなら今月はこの作品で決まりです!
f0064229_1713232.jpg


【作品情報】
単身バリ島へ渡り、独自の哲学で巨万の富を得た実在の日本人実業家に堤真一が扮するヒューマンコメディ。事業に失敗し、バリ島へやってきたヒロインが大富豪のアニキと出会い、人生をやり直そうとする姿を描く。ほぼ全編にわたってバリ島での撮影を敢行。美しい自然と苦境にもへこたれないアニキの姿が見る者に元気を与える。
f0064229_1714269.jpg

【あらすじ】
婚活ビジネスに失敗し借金を背負った元起業家の祥子(尾野真千子)は、失意の中訪れたインドネシアのバリ島で、自称“爽やか”で謎めいた日本人大富豪のアニキ(堤真一)と出会う。見るからに胡散臭そうな風貌のアニキであったが、眼科医のリュウ(玉木宏)を始め、バリ島のお年寄りから子供まで様々な人たちから慕われていた。とにかく人生をやり直したいと願う祥子は、藁をもつかむ思いで、アニキのもとで成功の秘訣をマスターするための人生哲学を学ぶことにする。ところが、アニキのあまりにも破天荒なその教えに、祥子は次第に自分が騙されているのではと疑心暗鬼になっていく。そんな中、祥子が倒産させた会社の客で婚活中の杉田(ナオト・インティライミ)が現れる……。
f0064229_1715287.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-01-18 17:02 | 映画 | Comments(0)
12年間を3時間にまとめるのは大変だと思うが、やはりテンポがない分観ていて疲れてくる。3人の父親との関係や家族が変わっていく中で、変わらない父親とのつながりなど12年間撮り続けていないと伝わらないことも多く、その点ではこの作品でしか表現できないものが・・とりわけラスト近くの「母親からの巣立ち」のシーンでは、母のセリフがその年月の重みと刹那を物語っている。※親にとって子の巣立ちは思いのほか早いものなんです・・・(T_T)いい作品だがある程度子育てが終わっていないと感じ方が相当違うんじゃないかな~
f0064229_16422742.jpg

【作品情報】
第64回ベルリン国際映画祭で監督賞にあたる銀熊賞に輝いた、『ビフォア・ミッドナイト』のリチャード・リンクレイター監督によるヒューマンドラマ。6歳の少年メイソンの成長とその家族の変遷を、主人公や両親を演じた俳優など、同じキャストとともに12年にわたって撮り続けるという斬新な手法で描く。
f0064229_16423910.jpg

【あらすじ】
テキサス州に住む6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、キャリアアップのために大学で学ぶという母(パトリシア・アークエット)に従い、姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)と共にヒューストンに転居、そこで多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父(イーサン・ホーク)との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋……。周囲の環境の変化に時には耐え、時には柔軟に対応しながら、メイソンは静かに子供時代を卒業していくのだった。やがて母は大学で教鞭をとるようになり、オースティン近郊に移った家族には母の新しい恋人が加わっていた。ミュージシャンの夢をあきらめた父は保険会社に就職し、再婚してもうひとり子供を持った。12年の時が様々な変化を生み出す中、ビールの味もキスの味も、そして失恋の苦い味も覚えたメイソンはアート写真家という夢に向かって母親から巣立っていく……。
f0064229_1643623.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-01-18 16:49 | 映画 | Comments(0)
重松清原作を大森寿美男監督が脚本まで手掛けた作品。
あと一歩・・の所で、甲子園出場にチャレンジする資格を失った(決勝戦辞退)。何故傷害事件を起こしてしまったのかを明かさないまま物語は後半まで進んでいく。その時の無念さ。「しっかり負けて前に進む」ことができない男たちの新たな挑戦を丁寧に描いている。シーンの中では娘とのキャッチボールのシーンが数回出てくるが、それぞれに思いの違いが伝わってきた。原作が素晴らしいだけにこのレベルは及第点なのでしょうか?中井貴一(父)と門脇麦(娘)の葛藤がもう少しあった方が良かったような・・・とはいえ「良作」でした。
f0064229_1827553.jpg


【作品情報】
元高校球児たちが憧れの甲子園を目指して白球を追う“マスターズ甲子園”をテーマにした人間ドラマ。とある事件によって甲子園への夢を絶たれた元球児たちが、過去を清算するべく、再び白球を追う姿が父親と子供たちのドラマを交えてつづられる。中井貴一、柳葉敏郎らが野球に挑戦し、実際に甲子園球場で撮影が敢行された。
f0064229_18271672.jpg

【あらすじ】
46歳の坂町晴彦(中井貴一)は元高校球児だが白球を追った日々は遠い昔、もはや仕事に張りはなく、離婚した妻が亡くなって以来、一人娘の沙奈美(門脇麦)とも絶縁状態が続いている。そんなある日、坂町を元チームメイトだった松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が昨年の震災で死亡したことを知らされる。美枝は別居していた父親の遺品の中に、坂町や元エースの高橋直之(柳葉敏郎)らチームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年投函せずにいたのか知りたいと思い、そこに書かれた住所を訪ねてきたのだという。元高校球児が再び甲子園を目指す“マスターズ甲子園”のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧めるが、いわゆるサビついたオヤジとなっている坂町は「今さら」と断るのだった。だが、美枝にだけは話したくない本当の理由が別にあった。坂町たちが甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。28年前のある事件によって夢を断たれた坂町は、自らの思いにフタをしたつもりでいた。それは高橋も同じで、甲子園に出てさえいればプロになっていたかも知れないと、リストラで就職活動中の自分の冴えない現状をあの夏のせいにしていた。そんな中、父親の思い出を追い求める美枝と接するうち、坂町は沙奈美と正面から向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気付く。現実と折り合いをつけ、思い出を上手に諦めることで自分自身を騙し続けてきた日々……。“あの夏”に決着をつけなければ前へは進めない、と坂町はマスターズ甲子園への参加を決意、再び人生のグラウンドへ走り出す。そして坂町は、事件のことを知りながらずっと姿を消していた元マネージャー・立原裕子(和久井映見)に一通の手紙を送る。やがて野球部OBたちの前に現れた裕子の口から、彼らが全く知らなかった真実が語られる……。
f0064229_18273120.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-01-17 18:27 | 映画 | Comments(0)
前作でナンシー(ジェシカ・アルバ)の身を守るため自殺したハーティガン刑事(ブルース・ウィリス)の復讐劇
。前作に引き続き野獣マーヴ(ミッキー・ローク)も登場。4つのエピソードを絡ませながら物語は進行する。
相変わらずモノクロベースにポイントのみカラーにする独特の手法で悪人を殴り・撃ち・切り刻む。
これだけのバイオレンスなのにグロいシーンはほとんどない演出は素晴らしい。悪女エヴァ(エヴァ・グリーン)の見事な肢体を武器に男を手玉に取る演技も圧巻。
個人的な好みにドンピシャのこの作品の続編を期待したい。好みはわかれると思いますが、作風は一見の価値があります♪
f0064229_21134474.jpg

【作品情報】
“罪の街”を舞台に繰り広げられる物語を描いたグラフィック・ノベルを、ロバート・ロドリゲスと原作者のフランク・ミラーのコンビが映画化したクライム・アクションの第2弾。ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスらが前作と同じキャラクターに扮し、映画オリジナルの2エピソードを含む4つのエピソードがつづられる。
f0064229_2114079.jpg

【あらすじ】
太陽も朽ち果て、闇に抱かれた街シン・シティ。場末のストリップバー“ケイディ”のダンサー、ナンシー(ジェシカ・アルバ)は、男たちの荒んだ心を照らす女神のような存在だが、彼女自身もまた闇を抱えた女であった。愛するハーティガン刑事(ブルース・ウィリス)を死に追いやった街の支配者ロアーク上院議員(パワーズ・ブース)への復讐を誓い、その機を狙っていたのである。心優しき野獣マーヴ(ミッキー・ローク)は、そんなナンシーを見守り続けていた。ロアークは非道な手で果てしない欲望を叶え、街は加速度的に腐敗。さらに、全ての男を翻弄する稀代の悪女エヴァ(エヴァ・グリーン)の台頭によって、虫ケラのようにアウトサイダーたちは踏みつぶされていった。そんなある日、隆盛を誇るロアークの前に、若く傲慢なギャンブラー、ジョニー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が現れる。彼はポーカーで大勝ちするが、仕返しに黄金の指を叩き潰される。一方、エヴァは、かつて恋人だった私立探偵のドワイト(ジョシュ・ブローリン)を大富豪の夫殺しに利用しようとしていた。だがやがて遂にならず者たちの怒りが頂点に達する。一匹狼として生き抜いてきた彼らが、燃えたぎる憎しみで共鳴した時、激烈な復讐劇が始まるのだった……。
[PR]
by hageuz | 2015-01-10 21:14 | 映画 | Comments(0)

海月姫

さすがにアニメの世界観には届いていないんじゃないでしょうか?倉下月海役の能年玲奈さんはさすがにオタク全面では能年さんと分らないので仕方ないところですが、池脇千鶴・太田莉菜・篠原ともえはだれかわからないくらいの変貌ぶり。話としては直球ですが、どうなっちゃうのって感じで・・・・
長谷川さんのチェリーボーイは無理ありすぎだしコミックの映画化の難しさを再認識した作品でした。
f0064229_14533766.jpg

【作品情報】
テレビアニメにもなった東村アキコの同名コミックを、能年玲奈主演で映画化した青春ドラマ。男子禁制の共同アパートのオタクな住人たちと、1人を除いて自分が男であることを隠して同アパートに入り浸る女装男子とのおかしな恋や友情を描く。「仮面ライダーW」で人気となった菅田将暉が、素性を隠し友情を育む女装男子を演じる。

【あらすじ】
レトロなアパート天水館に越してきた、何よりもクラゲを愛しイラストレーターを目指す倉下月海(能年玲奈)は、自分に自信が持てずおしゃれな人や異性を前にするとおどおどとしてしまう癖があった。同じく天水館に住むのは、鉄道オタクのばんば(池脇千鶴)、三国志オタクのまやや(太田莉菜)、枯れたおじさまに心酔するジジ(篠原ともえ)、和物を好む千絵子(馬場園梓)ら、個性の強いオタク女子ばかり。自分たちを尼~ずと呼び、男を必要としない人生をモットーにそれぞれ己の道を邁進していた。ある日、月海が熱帯魚店でトラブルに遭っているところを、きれいな女性に助けてもらう。しかしそのきれいな女性は実は蔵之介(
f0064229_14521614.jpg
菅田将暉)という男性であることがわかり、驚きを隠せない月海。蔵之介は月海や尼~ずを気に入りしばしば天水館を訪れるようになり、その中で月海は化粧など初めてのことをいくつも経験し、彼の影響を受け少しずつ変わっていく。一方、水面下で天水館取り壊しを狙う計画が動き始めていた……。
[PR]
by hageuz | 2015-01-04 14:52 | 映画 | Comments(0)