はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バンクーバーの朝日

03年にカナダ野球殿堂入りしたことも知りませんでした。戦前に活躍したカナダ移民の二世を中心にした野球チーム「バンクーバー朝日」の物語。話としては実話なのでシナリオ云々といいにくいんですが、作品自体のテンポは悪く、白人が黄色人種や黒人を人種差別する体の話はうんざりするほど見聞しているので新しさは全くありません。上地雄輔や亀梨和也など野球経験者を集め、野球シーンはそれなりに素人感をぬぐおうとしているのはわかりますが、朝日が活躍するまでが冗長でかつ内容が地味なだけにもっとリアリティではないところで勝負してほしかった。これを映画として成立させるにはもっと日本人の中での朝日への想いや選手たちにもっとフォーカスしたシーンが必要だった。史実だけに残念な作品だった。石田えりを久しぶりに観ることができたくらいが良かった?
f0064229_19472760.jpg

【作品情報】
差別や貧困をものともせず、フェアプレーの精神で戦い、03年にカナダ野球殿堂入りした実在の野球チーム、バンクーバー朝日軍の知られざる姿を描く人間ドラマ。その戦いぶりで人々に勇気を与えていく野球チームのメンバーを妻夫木聡、勝地涼のほか、亀梨和也、上地雄輔といった野球経験者が演じる。監督は『舟を編む』の石井裕也。
f0064229_1948918.jpg

【あらすじ】
20世紀初頭、多くの日本人が胸をふくらませ新天地カナダを目指し海を越えていった。しかし彼らに対する風当たりは厳しく、差別や辛い肉体労働、貧困を耐え忍んでいた。そんな中、日系二世が中心となりバンクーバーを拠点にした野球チーム『バンクーバー朝日』が結成される。フェアプレー精神を貫き巧みな戦術を用いてひたむきに戦う彼らは、やがて日系移民の希望となり、白人社会からも賞賛を得、激動の時代を照らす光となっていく……。
[PR]
by hageuz | 2014-12-21 19:49 | 映画 | Comments(0)

ベイマックス

親子で観ても楽しめる作品であるのはウォルト・ディズニーとしては期待通り。間違いなくハズレ無し。安心して最後まで観ることができました。ストーリーもそれなりに面白く、飽きることなく時間がたっていくのはさすがです。しかしながら、どこかで観たことのあるような悪者設定や仲間たちのキャラ設定。
ロボットアニメとしてみたら2級品。ハートフルストーリーとしてみればそれなり・・・・
劇中に登場するマイクロボットという設定はかなり先進的で、CGもそれなりに良かったけど、ベイマックスを強化系した際の矛盾が気になってしょうがなかった。冬休みの親子で観る映画としては「妖怪ウォッチ」かこの作品なんでしょうね。
f0064229_1925058.jpg

【作品情報】
近未来の架空の都市を舞台に、兄を失い心を閉ざした少年と癒し系ロボットとの心の交流を描くディズニーアニメ。鈴をイメージしたつぶらな瞳を持つケア・ロボット、ベイマックスのデザインをはじめ、サンフランシスコと東京が融合したかのような都市など、日本の文化から多大な影響を受けたファンタジー。
f0064229_193531.jpg

【あらすじ】
技術分野最先端の頭脳が集まる都市サンフランソーキョーに住む14歳の少年ヒロは、たった一人の身内である兄タダシを謎の事故で失う。心を閉ざし悲しみに暮れるヒロの前に、突如ベイマックスというロボットが現れる。空気で大きくふくらみゆったりと動くベイマックスは、タダシが開発した、人の身や心の健康を守るケア・ロボットだった。ベイマックスの優しさに触れ、次第にヒロの孤独な心は癒され元気を取り戻していく。そんな中タダシの死に疑問を持ち調べていくうちに、恐るべき陰謀に気付く。ヒロはこれに立ち向かおうとするが、唯一の味方であるベイマックスはケア・ロボットであるため戦う意欲すらない。実はベイマックスは、タダシからある使命を託されていた……。
f0064229_1932599.jpg

[PR]
by hageuz | 2014-12-20 19:04 | 映画 | Comments(0)

アオハライド

私のようにコミックを読んでいないおじさんにとっては、キャラクタ設定なんかは違和感はないんですが、さすがに東出さんの中学生演技は難しいとの判断だったのでしょう、中学時代は本田翼ちゃんも2人別の役者さんでした。最近の設定は世情に合わせた複雑な設定。離婚による兄弟が離れる+母の逝去→父と暮らすなんて言う背景で再開する想いを寄せた2人。4年のブランクで母の死に責任を感じ、以前とは変わってしまった洸(東出昌大)を思い続けていた双葉(本田翼)のラブストーリーが少しもどかしく切ない。
本田翼ちゃんは透明感がありヒロインとしてはすごく良いキャスティングだし自然な演技でした。
友達と真摯に向き合う設定なんか、薄っぺらいといわれている最近の高校生事情ではないしっかりしたシナリオで好感が持てます。ラストはステキな朝の○○シーン。東出さんがさわやかな高校生を演じれば演じるほど違和感満載でした。そこがこの作品の残念なとこだった。
f0064229_17141628.jpg


【作品情報】
別冊マーガレットに連載中の咲坂伊緒による同名コミックを、本田翼、東出昌大ら人気若手俳優の出演で映画化した青春ラブストーリー。お互いに思いを抱きつつも一度は離ればなれになってしまった男女が、高校生となって再会。その思いを再燃させていく姿がクラスメイトを交えた複雑な恋模様とともに描かれる。
f0064229_17143425.jpg

【あらすじ】
双葉(本田翼)と洸(東出昌大)は中学1年生の頃お互いに淡い恋心を抱いていたが、洸は長崎へ転校し、離ればなれになっていた。高2の春、再び双葉の前に現れた洸は戸惑うほどクールになっていたが、次第に変わらぬ優しい面も見えてきて双葉は彼に惹かれていく。修子(新川優愛)や小湊(吉沢亮)、悠里(藤本泉)といった友人たちや、双葉を慕う冬馬(千葉雄大)、洸と似た境遇の唯(高畑充希)らの思いが交錯する中、再び現れるまでの4年間に洸に何があったか明かされていく。青春のやるせなさに揺れ動く双葉と洸だが……。
f0064229_17144776.jpg

[PR]
by hageuz | 2014-12-14 17:15 | 映画 | Comments(0)

ゴーンガール

「悪女」映画でした。妻としての悪女ぶりは夫の立場からするとサイコそのもの。鑑賞前の予想はニック(ベン・アフレック)が2重人格で妻を実は殺しているけど記憶がないという設定と予想していました。
さすがデビットフィンチャー。予想を裏切ったプロットでした。残念なのはラストの結末。なんとなく後味の悪いままエンドロール。しかしこの悪女を演じたロザムンド・バイクは主演女優賞に値する演技。美しい中にも
夫役のベン・アフレック以上に存在感のあった妻役のロザムンド・パイクの今後に期待大でした。
f0064229_21315334.jpg

【作品情報】
鬼才デヴィッド・フィンチャーが一見、幸せそうに見える夫婦の実情を暴き出す、サスペンス・スリラー。ある日、突然失踪した妻を捜す男が、過熱するメディア報道によって次第に追い詰められていき、あげくに殺人犯の疑いをかけられるようになっていく姿が描かれる。夫婦に扮するのは、ベン・アフレックとロザムンド・パイク。
f0064229_2132693.jpg

【あらすじ】
アメリカ・ミズーリ州。幸せに満ちた理想的な結婚生活を送るニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)だったが、結婚5周年を迎えたその日にエイミーの姿が忽然と消える。家には争った形跡があり、さらにキッチンからエイミーの大量の血痕が見つかった。警察は失踪と他殺の両面から捜査を進めるうちに、アリバイがあいまいなニックを疑う。美しい若妻が失踪したこの事件は注目され報道は過熱、ニックは全米から疑いの目を向けられカップルの知られざる秘密が明るみになる……。
f0064229_213217100.jpg

[PR]
by hageuz | 2014-12-13 21:32 | 映画 | Comments(0)

想いのこし

決して号泣ではないけど、じわっと来る感じの作品。久しぶりに「うるうる」してしまいました。
事故で未練を残したまま成仏できていない女性3名と消防士を引退した男性。10代では恋愛、20代では結婚、そして30代では子育てという代表的なテーマをそれぞれ解決していくシーンでじわっとします。
広末さん・木南晴夏のポールダンスのシーンがあるんですが微妙~。練習は相当なさったのかもしれませんが、ほかの設定はできなかったんでしょうか?そこが少し残念でした。
個人的には良い作品だったと思います。
f0064229_1883653.jpg

【作品情報】この世に未練を残して亡くなった4人の幽霊と、大金と引き換えに彼らの“最後の願い”を叶えようとする男の姿を描く、岡田将生主演のユニークな人間ドラマ。幽霊たちの思いを伝えるために、ポールダンスをしたり、ウェディングドレスに身を包んだり、消防士としてヒーローになったりと、主人公に扮した岡田がさまざまな表情を見せる。
f0064229_18104258.jpg

【あらすじ】
金と女に目がない29歳のダフ屋・ガジロウ(岡田将生)は生粋の遊び人で、甘いマスクで次から次へと女を口説き、軽口でチケットを売りさばく日々を過ごしている。そんな彼が、ある日、不慮の交通事故に遭う。ガジロウは幸い無傷で済むが、その事故で亡くなったポールダンサーのユウコ(広末涼子)と彼女の仲間たちが現れる。小学生の一人息子・幸太郎(巨勢竜也)を残して死んでしまったユウコ、結婚式を目前に控えていたルカ(木南晴夏)、同級生に想いを寄せていたケイ(松井愛莉)、やり残した仕事を忘れられない元消防士のジョニー(鹿賀丈史)。彼らはこの世に大きな未練を残し、大切な人に伝えたい“想い”を抱えていた。ユウコたちは、ただ一人、死んでしまった自分たちの姿が見えるガジロウに、お金と引き換えにやり残したことを叶えてほしいと懇願する。ガジロウは嫌々ながらも大金に目がくらみ、4人の未練を叶えることを引き受けるが、彼らの代わりに大切な人に想いを伝えていくうちに、お金と女にしか興味のなかった彼の心が大きく変化していく。そして、一人息子を残してこの世を去れないユウコと残された幸太郎の深い想いと愛を知ったとき、ガジロウは思いもよらぬ行動に出る……。
f0064229_18105888.jpg

[PR]
by hageuz | 2014-12-06 18:11 | 映画 | Comments(0)