はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

2017年 12月 09日 ( 2 )

ブログアクセスが21万を超えました
皆さんいつもありがとうございます。
171.png
f0064229_21244254.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-12-09 21:24 | | Comments(0)

DESTINY 鎌倉ものがたり

山崎貴監督らしい作品でした。少し現在よりも昔の設定なんでしょうが、時代設定はゆる~い感じ。撮影は現在なので違和感がかなりあります。すべてのシーンをVFXで変えられるわけもなく仕方がないかもしれませんが、現実に戻されてしまうのが残念。話自体はファンタジーなヒューマン恋愛ドラマってとこかな。観賞するには肩の凝らない佳作ってとこです。亜紀子(高畑充希)が微妙にカホコに見えてしまうのは仕方がないのかな。
f0064229_21193528.jpg
【作品情報】
山崎貴監督が『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズに引き続き、西岸良平の人気コミックを実写映画化したファンタジー。愛する妻の命を取り戻すため、たったひとりで黄泉の国へ向かったミステリー作家の冒険がVFXを駆使して描かれる。堺雅人が多趣味でユニークなミステリー作家を、その妻を高畑充希がキュートに演じる。
f0064229_21193567.jpg
【あらすじ】
鎌倉。ここには、人間ばかりでなく、幽霊や物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神までが住んでいた。魔界や黄泉の国の間で、生者と死者の思いが交錯する都。この地に暮らすミステリー作家、一色正和(堺雅人)の元に、若い女性、亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。しかし、亜紀子は、あちこちに人ならざる者がいるような、おかしな気配を感じていた。正和と亜紀子が道を歩いていると、その前を何かが通り過ぎる。それは、ムジナか河童か……? 驚く亜紀子に正和は、“鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まっていろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる”と言うのだが……。その一方で、犯罪研究の腕を買われた一色は、迷宮入りしそうな事件が起きると、警察の捜査にも協力していた。それらの事件には魔物や幽霊までが関わってきて、一筋縄ではいかなかったが、心霊捜査にも精通する一色は、名探偵でもあった。そんなある日、大金持ちが殺害される事件が発生。一色はその捜査を依頼される。どうやらその犯行は、人間の仕業ではないらしかった。同じ頃、亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活も大きく変わっていくが……。
f0064229_21193441.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-12-09 21:20 | 映画 | Comments(0)