はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

2017年 08月 18日 ( 1 )

ドラマの劇場版は結構ありますがアニメ化は珍しい。実写の評価は高いんですが観てません。期待はしてませんでしたが、それ以上に厳しい作品でした。
とりわけ声優としての広瀬すずさん・菅田将暉が厳しい。すずちゃんの松田聖子を歌うシーンでは歌唱力のなさを露呈してしまった。
とりわけラストシーンで出席を取っているシーンでのりみちが登校していないのはなにをいいたいんのかしら???観客に感じて・考えてってことでしょうがわかりづらい・・・こりゃー実写ドラマを一度見てみないとって感じです。
f0064229_17211993.jpg
【作品情報】

岩井俊二による人気テレビドラマを、『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之が総監督を、『モテキ』の大根仁が脚本を担当し、新たにアニメ映画化した青春ファンタジー。転校してしまう同級生を助けようと、何度も夏の一日を繰り返す少年の物語がつづられる。少年の声を菅田将暉、ヒロインの声を広瀬すずが演じる。

f0064229_17273121.jpg
【あらすじ】
夏休み、とある海辺の町。花火大会を前に「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がる少年たちは、その答えを求め、町の灯台から花火を見ようと計画していた。そんななか、島田典道(声:菅田将暉)が想いを寄せるクラスのアイドル的存在・及川なずな(声:広瀬すず)は母親の再婚が決まり、転校することになった。なずなは典道を誘い、「かけおち」して町から逃げ出そうとするが、典道の目の前で、抵抗しながらも母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられない典道。「もしも、あのとき俺が……」そんなもどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつけると、いつのまにか、なずなが連れ戻される前まで時間が巻き戻っていた。何度も繰り返される一日の果てになずなと典道がたどり着く運命は……。

[PR]
by hageuz | 2017-08-18 17:27 | 映画 | Comments(0)