はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

2017年 08月 17日 ( 2 )

マージン・コール

投資会社の危機回避の1日を描いた作品。リスクアナリストがデータから導き出した結果は会社の資産を超過する負債予想。投資証券を売りぬいてリスクを回避するというまさに現代の投資会社の実態を浮き彫りにしている。マネージャークラスで250万ドルの年収、勤務2年目で25万ドルの年収と聞くとこの世界の破天荒さがよくわかる。
劇中は上司・経営の決定プロセスや解雇のやり方などアメリカウォール街を垣間見るには参考になる作品だった。
f0064229_17335876.jpg
【作品情報】

大量解雇が始まったウォール街の投資会社で解雇対象となったエリックは、アナリストのピーターに意味深な言葉とUSBメモリーを託す…。ケヴィン・スペイシーほか実力派ハリウッド俳優共演で贈る、ウォール街崩壊の24時間を描いた金融サスペンス。監督・脚本はJ・C・チャンダー。2014年2月15日より、東京・新宿シネマカリテにて開催された[オト カリテ Vol.4]として上映。

f0064229_17341995.jpg
【あらすじ】
2008年、ニューヨーク。ウォール街の投資会社で大量解雇が始まった。解雇対象となったエリックは、アナリストのピーターに「用心しろよ」と意味深な言葉を残しUSBメモリーを託す。原子物理学の博士号を持つピーターは、その部署でリストラから生き残った数少ない1人だった。その夜、エリックから引き継いだデータを調べるピーターは、会社倒産をも招く危機的事態に気付き上司のサムに報告すると、深夜、緊急の重役会議が開かれることになる。8兆ドルもの資産の命運を左右しかねない状況で、彼らは経済的・道徳的にも崖っぷちに立たされることになっていく。決断の時は、刻一刻と迫ってきていた…。

[PR]
by hageuz | 2017-08-17 17:35 | 映画 | Comments(0)

2010年(宇宙の旅)

2001年宇宙の旅の続編。公開当初は賛否両論だった記憶がある。
今回見直したのは、appleがLAPTOPをシーン内で利用させるというプロダクト・プレースメント(商品を映画作品などに登場させることで商品を認知させ、商品ブランドを構築する広告手法)の初期の例だったことを確認したかった。実際には、この製品は映画と同じ1984年発売で、進歩の早いコンピュータ製品で作中の年代まで実用的に使われている可能性が当時疑問視されていたが現実としてコンピュータの進歩はすさまじいものだった。劇中に出てくるHAL9000の古さは置いておくとして9年後の利用コンピュータのチープさは観ていてつらいくらいだ。1984年当時CUI中心でGUIと呼べるコンピュータがなかった中映像で超える発想は難しかったのは理解できる。
さて、作品自体の流れと結末は今となっては相当な茶番で、2001年宇宙の旅を1968年に世に送り出したキューブリックの偉大さを助長するの終わった感が否めない。モノリスの登場とHAL9000の精神分裂的な活動停止当時としては理解するのが難しかった2001年だが、今見直すと理解できる。2010年を観ることで2001年の新たな発見があったのはよかった。

f0064229_17225491.jpg

【作品情報】
謎の石板モノリスの調査に向かったアメリカの宇宙船ディスカバリー号を描いた「2001年宇宙の旅」の続篇で2010年を背景に宇宙船レオーノフで宇宙を突き進む米ソ3人の飛行士の姿を描くSF映画。製作・監督・脚本は「アウトランド」のピーター・ハイアムズ、原作はアーサー・C・クラーク(早川書房刊)、撮影もピーター・ハイアムズ自身、音楽はデイヴィッド・シャイア、特撮はリチャード・エドランド、プロダクション・デザイナーはアルバート・ブレナーが担当。出演はロイ・シャイダー、ジョン・リスゴー、ヘレン・ミレン、ボブ・バラバンなど。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、パナビジョン。1984年作品。

f0064229_17224821.jpg

【あらすじ】
西暦2001年、月面で発見された謎の黒石板、モノリス解明のために、アメリカの宇宙船ディスカバリー号が木星へと旅立った。途中、コンピュータHAL9000が反乱を起こし、ボーマン船長(ケア・ダレー)を除いた乗組員全員を殺した。ボーマンは、モノリスが木星を回っているのを発見し「何てことだ。星がいっぱいだ」という言葉を残し行方不明となってしまった。そして2010年。ディスカバリー号の計画責任者で元アメリカ宇宙飛行学会議議長のヘイウッド・フロイド博士(ロイ・シャイダー)、HALの生みの親チャンドラ博士(ボブ・バラバン)、ディスカバリー号を再生させる訓練を受けたエンジニアのカーノウ(ジョン・リスゴー)の3人は、ソビエトのタニヤ船長(ヘレン・ミレン)らと共に宇宙船レオーノフ号に乗り込み、木星へと向かった。世の中は、米ソ間の緊張が高まっていた。やがてディスカバリー号とのランデヴーに成功したところで、カーノウは宇宙遊泳してディスカバリー号に乗り移り、ディスカバリー号を再始動させた。そしてチャンドラ博士の手でHALが蛛る。いよいよ、木星軌道上でモノリスの調査の準備が始まった。しかし、モノリスに近づいたソビエトの隊員のポッドが吹き飛ばされてしまった。その頃地球では、米ソの関係が悪化し、いつ宣戦布告があってもおかしくない状況に陥っていた。ついにはディスカバリー号とレオーノフ号に米ソの隊員が分かれる命令まで下された。そんなある日、フロイド博士は、ボーマンの亡霊からの声を受けとった。その声は「あなたたちは2日以内にここを離れなくてはいけない」「すばらしいことが起ころうとしている」とくり返した。すると突然モノリスが姿を消し、同時に木星表面に見慣れぬ黒斑が生じて、それがだんだんと大きくなっていった。とはいえ、2日のうちに木星の軌道から遠ざかるのは燃料不足のため不可能だった。そこでフロイドは、2隻の宇宙船をつなぎ合わせ、地球に帰還するというアイデアを思いついた。そのためには、ディスカバリー号の点火をHALに任せねばならないが、HALは最後まで木星の新現象を調査すべきだと主張した。結局、人間の命令を守るHAL。遠ざかるレオーノフ号の背後で、木星の黒斑は巨大化していった。観察では、黒斑と見えるものは分裂増殖する無数のモノリスであることがわかった。やがて、木星が閃光に包まれていった。いま、大宇宙の彼方からメッセージが、人類の前に姿を現わそうとしていた…。(MGM/UA映画=CIC配給*1時間53分)

f0064229_17225180.jpg


[PR]
by hageuz | 2017-08-17 17:23 | 映画 | Comments(0)