はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

2016年 03月 12日 ( 1 )

昨年エベレストコケていたのでおそらく邦画もそうかな~と思って観てきました。
間違いなくこれもコケますね。岡田くん演じる山岳カメラマンが登山にはまるのかが伝えきれていない。羽生のエベレスト南西登頂の執念、初登頂をしたのはだれかなど見どころはたくさんあるのに編集が痛すぎる。いろんなものを忘れて帰ってきてるっているのは観ないとわからないですが、忘れ物の多い映画です。
f0064229_17222812.jpg


【作品情報】
世界最高峰の山・エヴェレストに魅了された2人の男と、彼らを待つ女性の物語をつづった夢枕獏の小説「神々の山嶺」を映画化した人間ドラマ。実際にエヴェレストの高度5200m級での撮影を敢行するなど、迫力のある映像はもちろん、カメラマン役の岡田准一、伝説のクライマー役の阿部寛ら実力派たちの演技も見ものだ。
f0064229_17224728.jpg

【あらすじ】
カトマンドゥを訪れた山岳カメラマンの深町誠(岡田准一)は、エヴェレスト史上最大の謎を解く可能性を秘めた古いカメラを発見する。失われたフィルムを追ううちに辿り着いたのは、孤高の天才クライマー、羽生丈二(阿部寛)の存在だった。「山をやらないなら死んだも同じだ」と語り、他人を寄せ付けない人生を送ってきた羽生が取り憑かれた史上初の挑戦とは何なのか?その目的に興味を持ち、羽生の過去を調べるうち、深町はその凄絶な生き様に飲み込まれてゆく。そして、羽生に人生を翻弄されながらも愛し続ける女性・岸涼子(尾野真千子)とも出会う。標高8848m、氷点下50℃。呼吸すら困難な極限の世界。垂直の壁が待ち受けるその場所で、これまで誰も成し得なかった過酷な登攀に単身挑む羽生。その挑戦を見届けようと後を追う深町。男たちは自然の脅威の前に命を晒しながらも、人間の限界を超えてただひたすら世界最高峰の頂を目指す。彼らは生きて帰る事が出来るのか?その先には果たして、何があるのか……?
f0064229_1723187.jpg
f0064229_1723871.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-03-12 17:23 | 映画 | Comments(0)