はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

君の膵臓をたべたい

小説のラストで裏切られつつも泣かされてしまった映画化。すごく楽しみにしていました。小説設定に新たに成人後のエピソードを加えて再構築され、違和感もなくまたもや泣かされてしまいました。さすがに小説どおりだと泣けないかなと思っていましたが、僕(北村匠海)のセリフは小説と同じように響きました。映画ではそれに加え「宝探し」のエピソードと親友の結婚式当日のエピソードをクロスオーバーさせてもう一度泣けるシーンを加えてあります。
予告の時から山内桜良役の浜辺美さんがイメージ通りで、彼女の純粋で明るいキャラが小説から飛び出してきたようでキャスティングは文句なしです。
ベストセラー小説の映画化では私の中では素晴らしい出来上位に入ります。個人的には小説を読んで観て欲しいですが、いづれにせよ小説・映画はセットで感じてほしい作品です。よかった~(^^♪
f0064229_16330857.jpg

【作品情報】

“泣ける小説”として人気を博した住野よるのベストセラー小説を映画化。膵臓の病を患う少女と、彼女の言葉を胸に後に教師となる少年の物語がつづられる。浜辺美波と人気バンド、DISH//の北村匠海というフレッシュなキャストに加え、原作にはない12年後の現在を描くパートでは主人公を小栗旬、ヒロインの親友を北川景子が演じる。

f0064229_16330880.jpg
【あらすじ】
高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、教え子の栗山(森下大地)と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく……。重い膵臓の病を患う桜良が密かに綴っていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、僕(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすようになった。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々は、やがて終わりを告げる……。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた桜良の親友・恭子(北川景子)もまた、僕と同様に桜良と過ごした日々を思い出していた。そして、ある事をきっかけに、僕と恭子は桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る……。
f0064229_16330876.png

[PR]
by hageuz | 2017-07-29 16:33 | 映画 | Comments(0)