はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

初期の作品に戻った印象。海底を歩く際に骸骨になるという画期的なシーンを思い出させるサラザール船長(ハビエル・バルデム)と乗組員。彼らがジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)にやられてからの恨みを晴らすべく・・・というわかりやすい展開。伏線にはウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)が、幽霊船フライング・ダッチマンで呪われてしまっている話もあり、ポセイドンの槍で呪いを解くという話。後半のテンポの悪さを除けば概ね娯楽作品としては合格。
今回、女性天文学者カリーナ(カヤ・スコデラリオ)という新たな美女が登場(メイズランナーにでていた子)。彼女の謎も後半に判明し、続編に持ち越すことなく完結。パイレーツ・オブ・カリビアンのファンなら納得の仕上がりです。今回は叔父のあの人登場・・・観に行って誰だか確認してくださいね(^^♪
f0064229_16221276.jpg
f0064229_16220157.jpg


【作品情報】
孤高の海賊ジャック・スパロウの冒険を描く、ジョニー・デップ主演の人気アクションシリーズの第5弾。“海の死神”と呼ばれる宿敵サラザールが復活し、ジャックとの運命の戦いが繰り広げられる。サラザールを演じるのはハビエル・バルデム。オーランド・ブルームやジェフリー・ラッシュらおなじみのメンバーも出演。
f0064229_16220970.jpg
【あらすじ】
かつて、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と共に冒険を繰り広げたウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)は、幽霊船フライング・ダッチマンの船長として呪われた運命を生きていた。そんな父を救おうとする息子ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)は、呪いを解くカギが伝説の秘宝“ポセイドンの槍”にある事を突き止める。だがある日の航海中、ヘンリーの乗った船が、海の死神サラザール(ハビエル・バルデム)の襲撃を受けてしまう。サラザールは、魔の三角地帯の呪いから自らを解き放つため、ジャック・スパロウが持つ“北を指さないコンパス”を求めていた。そのため、ジャックへの伝言を託して、ヘンリーを解き放つ。やがて、セント・マーティン島に漂着したヘンリーは、女性天文学者カリーナ(カヤ・スコデラリオ)と出会う。彼女は、幼い頃に生き別れた父が残した“ガリレオ・ガリレイの日記”の謎に挑み続けていた。その謎こそ、“ポセイドンの槍”に辿り着くための方法だった。だがカリーナは、英国軍に捕まって投獄されてしまう。その頃、肝心のジャック・スパロウ本人は、セント・マーティン島での銀行強盗に失敗。仲間からも愛想を尽かされて一文無しになり、酒場でラム酒と交換に“北を指さないコンパス”を手放してしまう。その瞬間、魔の三角地帯から解き放たれるサラザール。その胸には、ジャックへの復讐の炎が燃え盛っていた。サラザールの復讐を阻止できるのは、“ポセイドンの槍”のみ。やがてヘンリーは、投獄されていたジャックとカリーナを救出。こうして、それぞれの事情から“ポセイドンの槍”を追い求めるヘンリー、カリーナ、ジャックの3人は、大海原へと繰り出してゆく。同じ頃、“アン王女の復讐号”の船長バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)も、“ポセイドンの槍”を狙っていた。サラザールの脅威が迫る中“ポセイドンの槍”を手に入れるのは、果たして誰なのか……?
f0064229_16220583.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-07-02 16:22 | 映画 | Comments(0)