はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

22年目の告白―私が殺人犯です―

現在は時効がなくなっており、この手の作品は作りにくくなっています。韓国映画のリメイクということでかなりひねった脚本になっていますが、このくらいのひねりでは最近は驚けないかな。そもそも22年前の犯人が藤原竜也(曾根崎雅人)という配役自体が少し違うかなって感じ。せめて年齢が相応の役者であってほしかった。実際の結末を観ると理解できる点もあるんですけど(あんまりつっこむとネタバレしちゃうので・・・)
時効成立後の犯人に何もできないのか?世間を騒がせた彼の狙いは何か?ニュース番組に出演する犯人に新たな犯人を名乗る存在があらわれたのは?殺された被害者はどうしているのか?その中でキーパーソンが誰なのか?
クライムサスペンスとしてそれなりに楽しめます。嫌いじゃないけどラストは思いつく感じですよ!
f0064229_14375298.jpg

【作品情報】

韓国映画『殺人の告白』を基に、時効となり、突如、姿を現した殺人事件の犯人によって翻弄されていく人々を描くサスペンス。藤原竜也が犯人の曾根崎に扮し、法で裁けないのをいい事に大胆不敵な行動で刑事や被害者遺族の神経を逆なでしていく怪演を披露。刑事の牧村を伊藤英明、被害者遺族を夏帆、岩松了ら実力派が共演する。

f0064229_14375513.jpg
【あらすじ】
かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた凄惨な連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然自ら名乗り出てくる。盛大に開かれた記者会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人(藤原竜也)という男だった。素顔をカメラの前にさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂。賛否両論を巻き起こしつつ、その告白本はベストセラーとなる。曾根崎の派手な行動は、それだけでは終わらなかった。マスコミを伴った被害者遺族への謝罪、執念深く事件を追い続ける刑事・牧村(伊藤英明)への挑発、そしてサイン会まで……。彼の行動のすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散してゆく。だがそれは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった……。日本中を釘付けにした告白の行方は……?やがて事件は意外な展開を見せるが……。
f0064229_14375710.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-06-11 14:38 | 映画 | Comments(0)