はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

スプリット

M.ナイト・シャマラン 監督の新作。期待している監督さんですがなかなか期待に応えてくれないまま17年が経過しました。シックスセンス・アンブレイカブルと素晴らしい作品を提供してから、すでに17年待っていますが、今回はそれなりに期待に応えてくれました。ただし、この続編次第ですが・・・
ラストシーンでデイヴィッド・ダン(ブルース・ウィルス)登場したことが期待した大きな理由です。今回のテーマは多重人格者:DID<解離性同一性障害>が超人になってしまうという破天荒なストーリー。ジェームズ・マカヴォイが23もの人格を演じるのかと思いましたが登場するのは5人程度。続編でさらにほかの人格が登場するのかしら。
お約束の監督登場もしっかりあります。ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)の暗い過去と環境を背景に展開は緩やかに進んでいきますが、少しテンポが悪かった感じがしますね。いづれにせよ続編に期待しつつ待つしかないのでしょうが、シャマラン監督ファンとしては観るしか選択肢はありませんね。
f0064229_15501894.jpg
【作品情報】

衝撃的なストーリー展開がウリのM.ナイト・シャマラン監督によるサスペンス・スリラー。23もの人格を持つ謎の男に誘拐・監禁された3人の女子高生たちの運命が描かれる。『X-MEN』シリーズのジェームズ・マカヴォイが多重人格の男を、アニヤ・テイラー=ジョイやヘイリー・ルー・リチャードソンら期待の若手が女子高生役を演じる。

f0064229_15502331.jpg
【あらすじ】
女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらう。だが突如見知らぬ男(ジェームズ・マカヴォイ)が車に乗り込み、3人は眠らされ、拉致されてしまう……。目覚めるとそこは殺風景な密室。やがてドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない。どうすれば脱出できるのかと3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。しかし姿を現したのは、女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく「僕、9歳だよ」と男は話かける。実は彼は23もの人格を持っており、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生 VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、男にもうひとり“24人目”の人格が生まれようとしていた……。
f0064229_15502632.jpg
f0064229_15503054.jpg


[PR]
by hageuz | 2017-05-18 15:51 | 映画 | Comments(0)