はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

追憶

岡田准一と小栗旬という今一番脂ののっている俳優に加え、安藤サクラ・長澤まさみ・木村文乃の女優陣、吉岡秀忠、三浦貴大らを加えた豪華なメンバー。
期待していただけに残念ながら淡々と描いた推理劇の要素が強くて人物描写にもう一歩踏み込んでほしかった。特に長澤まさみと岡田准一夫婦のすれ違いや小栗君が木村文乃がどう知り合って結婚したかなど描かれておらずその辺で幼少時の忌まわしい過去をどう受け止めていったかがわかりにくい。話としても殺人事件の結末があまりにあっけなくその辺でも思い入れができなかったのが残念。とはいえしっかりとした映像は木村大作らしいし、豪華俳優を監督するのに慣れている降旗監督らしい作品だといえる。
日本映画のレベルが高くなった最近ではこの程度では評価されない厳しい時代になったなぁと感じます。良い映画なんだけど・・

f0064229_17085784.jpg

【作品情報】

監督・降旗康男と撮影・木村大作という数々の名作を世に送り出してきた日本映画界きっての巨匠が、『憑神』以来9年ぶりにタッグを組んだ人間ドラマ。富山を舞台に殺人事件によって刑事、容疑者、被害者として25年ぶりに再会した幼なじみ3人が辿る壮絶な運命が描かれる。刑事の篤を岡田准一、容疑者の啓太を小栗旬、被害者の悟を柄本佑が演じる。

f0064229_17085899.jpg
f0064229_17085869.jpg
【あらすじ】
富山県警捜査一課の四方篤(岡田准一)は、富山湾を臨む氷見漁港に佇んでいた。そこで刺殺体となって発見された男は、かつて共に少年時代を過ごした旧友・川端悟(柄本佑)だった……。1992年、冬の能登半島。13歳の四方篤は、親に捨てられた同じような境遇の田所啓太、川端悟と共に、軽食喫茶「ゆきわりそう」を営む仁科涼子(安藤サクラ)、山形光男(吉岡秀隆)を慕い、家族のような日々を送っていた。しかしある事件をきっかけに、幸せだった日々は突然終わりを告げ、少年たちは離れ離れになってしまう……。あれから25年、刑事となった四方篤は、あの日二度と会わないと誓った川端悟と再会を果たす。やがて捜査が進むにつれ、ある容疑者が浮かび上がるが、それは田所啓太(小栗旬)であった……。幼少期を共に過ごした少年たち3人が一つの殺人事件をきっかけに、刑事、被害者、容疑者という形で25年ぶりに再会。それぞれが家庭を持ち、歩んできた人生が再び交錯し、封印したはずの忌まわしい過去と対峙することになる。そしてその先にある事件の真実の裏に隠された衝撃の秘密が明かされていく……。

[PR]
by hageuz | 2017-05-07 17:09 | 映画 | Comments(0)