はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

帝一の國

予告編では帝一がなりふり構わず生徒会長戦でのお願いっぷりが出ていたようでしたが、実際に見てみるとそれらのシーンはすべてなくなっていました。
どちらかというと1年~2年にかけての生徒会内での派閥闘争と帝一・大鷹・東郷との関係について描かれていて3年生徒会長選出シーンはなんとなく続編を意識した形でしりすぼみで終わった感がします。特に最後の最後での伏線があまりにもあり来たりじゃない?って思うのは私が年を取りすぎているからなのかな。よくある「あるある」です。人気コミックって昨日見た「無限の住人」の三池監督が話していたように、自分がそのコミックのファンになって伝えたいことが一つでもあればよい作品になると思いますが、永井聡監督はコミックのベースを使った別の映画にしたかったのかな?どうせなら「ジャッジ」の時のような奇想天外な笑えるコミック映画にしてもよかったんじゃないかしら。GWに観に行くには若すぎる映画化も!JK達が行けばいい映画ですね。

f0064229_16490849.jpg

【作品情報】

日本一の名門校で生徒会長を目指す高校生たちの戦いを描く、古屋兎丸の人気コミックを菅田将暉主演で映画化した青春コメディ。野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗といった若手注目株が多数共演し、主人公のライバル役をユニークに演じる。監督は『世界から猫が消えたなら』など数々の話題作を手がけてきた永井聡。

f0064229_16491373.png

f0064229_16492023.png
【あらすじ】
全国屈指の優秀な学生800人が通う日本一の名門校・海帝高校。4月、新学期を迎え、赤場帝一はある夢を胸にこのエリート校に入学する。彼の夢は、総理大臣になり自分の国を作ること。政財界に強いコネを持つ海帝高校の生徒会長になれば将来の内閣入りが確約されると言われており、帝一はライバルを全員蹴落とし何が何でも生徒会長になると決めている。帝一の代の生徒会長選挙は2年後。誰よりも早く動き始め、野望を実現させるためにはどんな汚いことも辞さない覚悟の帝一だったが、想像を絶する罠と試練が待ち構えていた。
f0064229_16491727.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-04-30 16:50 | 映画 | Comments(0)