はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

無限の住人

話としては無難な感じ。唯一の見どころは、万次(木村拓哉)100人斬り殺陣のシーン。やはり三池崇史監督ってすごい。
のっけから100人斬り。クライマックス300人斬り~!刀だけじゃない改造アイテムやら、道具やらがいっぱいでてきて、それぞれの演出も素晴らしい。
しかし虫と呼ばれる不死身の根源がグロテスクだし、手首は落ちるは胸に刀が貫通するわ心臓が悪い人は見ないほうがいいかも。
期待していなかっただけにまあまあでした。杉咲花さんのセリフの声が生理的に・・・(´・ω・`)
f0064229_15510147.jpg

【作品情報】
不死身の用心棒の生きざまを描く、沙村広明による人気コミックを、木村拓哉主演で映画化した異色時代劇。少女の仇討ちを助ける事になった永遠の命を持つ人斬り・万次を待ち受ける数奇な運命がつづられる。監督は、これまでにも実写不可能と言われてきたコミックを次々と手がけてきた鬼才・三池崇史。
f0064229_15505725.jpg
【あらすじ】
万次(木村拓哉)はかつて百人斬りと恐れられた伝説の男だったが、罠にかかり妹を失ってしまう。生きる意味をなくした万次は、謎の老婆により強引に永遠の命を与えられ、斬られても傷が再生する不死の身体となる。死なないため剣術の腕が鈍り、生きるに十分すぎる時間をただ孤独に過ごすだけだった。そんなある日、浅野凛(杉咲花)という一人の少女が現れる。統主・天津影久(福士蒼汰)が率いるただ勝つことだけを目的にしている剣客集団・逸刀流が無天一流の道場を襲撃し、凛は両親を惨殺されていた。凛は万次に仇討ちの助っ人を依頼。どことなく妹の面影がある凛を前に、万次は無限の命を使って用心棒として凛を守ろうと決心する。こうして万次は、凄絶な戦いに身を投じていく。
f0064229_15505528.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-04-29 15:51 | 映画 | Comments(0)