はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

バーニング・オーシャン(DEEPWATER HORIZON)

実際の事故をスぺクタルにした映画は数多いけど、映像はすごいが感動がなかった。実際にはおそらくすごく感動できる事実だったのでしょうが演出が悪かったのかな。
海底油田の採掘施設の詳しい様子が分かったことを覗いては観るべきところがなかった。これなら衝撃映像系テレビ特集のほうが面白い。
お金かかってそうなのにもったいないな。

f0064229_19231088.jpg
【作品情報】

2010年4月、メキシコ湾で作業中だったBP社の石油掘削施設ディープウォーター・ホライゾンで起こった大事故を映画化したスペクタクルドラマ。施設内に閉じ込められた作業員たちの決死の脱出、救出活動の行方が描かれる。命の危険を顧みずに救出作業に挑む主人公マイクをマーク・ウォールバーグが演じる。

f0064229_19231016.jpg
【あらすじ】
2010年4月。チーフ技師マイク・ウィリアムズ(マーク・ウォールバーグ)はメキシコ湾沖80キロの海上に浮かぶ石油採掘施設ディープウォーター・ホライゾンに向かう。安全テストが終わっていないにも関わらず、石油会社の幹部ヴィドリン(ジョン・マルコヴィッチ)はスケジュールの遅れを理由に掘削再開を迫った。突如警報音が鳴りだし、採掘口につながったバルブから濁った海水と原油が噴出。さらに海底油田から逆流してきた天然ガスが引火爆発し、作業員126名がいるディープウォーター・ホライゾンはたちまち炎に包まれてしまう。閉じ込められた作業員たちは被害拡大を食い止めようとするが……。
f0064229_19231175.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-04-22 19:29 | 映画 | Comments(0)