はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ファーストレディ 最後の使命

ジャクリーン・ケネディ(ナタリー・ポートマン)と記者のインタビュー形式で回想シーンを織り込みながら、葬儀までの状況を振り返る。
語りが中心の回想物としては奇をてらった演出はなく、残念ながらそれほどの作品ではなかった。
オスカー女優として一皮むけたとはいえこの程度ではオスカーを取ることは難しいのも仕方のないことかも。
とはいえ、JFケネディーの印象をいまでも持ち続けられているのはこの葬儀があったからかもしれない。忘れられないようにするために彼女のとった行動や考えはジャクリーン・ケネディの偉業かもしれない。ファーストレディから「元」ファーストレディと変わった環境下で最愛の夫を伝説に変えた瞬間がきちんと描かれていました。
f0064229_14221643.jpg
【作品情報】
ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ大統領の妻、ジャクリーン・ケネディを演じ、暗殺事件を彼女の目を通して描く人間ドラマ。夫が築き上げてきたものを単なる過去にさせまいと、葬儀までの4日間にとった彼女の行動が明らかになる。『ブラック・スワン』でポートマンとコンビを組んだダーレン・アロノフスキーが製作を務める。
f0064229_14221738.png
【あらすじ】
ジャッキーの愛称で親しまれていたジャクリーン・ケネディ(ナタリー・ポートマン)は、夫ジョン・F・ケネディ大統領のテキサス州遊説に同行。1963 年 11 月 22 日、ダラスでのパレード中、隣りに座っていた夫が狙撃され、帰らぬ人となってしまう。目の前で最愛の人を亡くした彼女には悲しむ間もなく、葬儀の準備、代わりに大統領となる副大統領の就任式への立ち会い、ホワイトハウスからの立ち退きなど、やらなければならないことが山のようにあった。さらに、事態を理解できない幼い子供たちにどう接したらいいか悩み、犯人に怒り、様々な感情が入り乱れるジャクリーン。とりわけ、事件直後から夫が過去の人として扱われることに憤り、夫が築いたものを単なる過去にはさせまいと決意する。
f0064229_14221790.jpg

[PR]
by hageuz | 2017-04-02 14:22 | 映画 | Comments(0)