はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ドント・ブリーズ

今年最後の劇場鑑賞は、観る物があまりないので「ホラーサスペンス」。驚かせる演出がこの作品の肝です。戦争で盲目になった老人の謎が中盤で明らかになってからのこれでもかと繰り返される恐怖のオンパレードが見どころ。人間そうそう簡単には死なないんです。普通に・・・・
飼い犬もかなりのもの。盲目ゆえににおいや音に敏感で、タイトル通り「息しちゃだめです」
衝撃的な事実もわかって話としては短いんですがかなりのテンポで脅かされます。ホラー好きなら秀作じゃないかしら。こんな映画でも10億もかかっているとはまた驚きです。(@_@)
f0064229_21492486.jpg

【作品情報】
盲目の老人宅に強盗に入った若者たちが体験する恐怖と脱出劇を描くサスペンス・スリラー。伝説的ホラー『死霊のはらわた』のリメイク版で監督を務めたフェデ・アルバレスが監督を、サム・ライミがプロデューサーを担当。『死霊のはらわた』で主演を務めたジェーン・レヴィが主人公の青年ロッキーを演じる。
f0064229_2149514.jpg

【あらすじ】
親と決別し、街を出るための逃走資金が必要になったロッキー(ジェーン・レヴィ)は、恋人のマニー(ダニエル・ゾヴァット)や友人のアレックス(ディラン・ミネット)と一緒に、大金を隠し持つと噂される盲目の老人(スティーヴン・ラング)の家に強盗に入る。だが、目は見えないものの超人的な聴覚を持つ老人は、どんな“音”も聴き逃さない異常者だった。真っ暗闇の家の中で追い詰められ、怪しげな地下室に辿り着く若者たち。そこで目にした衝撃的な光景に、ロッキーの悲鳴が響き渡る……。果たして彼らは、ここから無事に脱出できるのか……?
f0064229_2150872.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-12-30 21:50 | 映画 | Comments(0)