はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

バイオハザード:ザ・ファイナル

シリーズ第6弾。ファイナルと言ってるだけに観終わって、続編は無しだと納得。
アリス計画の全貌が解明され、Tウィルスの目的とアンブレラ社の陰謀が明らかになりました。
1作目ではまだまだ怖さの際立っていたミラ・ジョボビッチもすでに一児の母になりここまでの体型に戻ったことには頭が下がりますが、前作位から背肉・腰回りの切れがやはり厳しくなっていましたので潮時でしょうか。時間も話も展開もテンポよくファイナル作品としてはとてもよく出来上がっていました。無駄な戦闘シーンもなく、気味の悪いゾンビオンパレードもなく話の流れに沿った必要最低限の語りとアクションで納得です。バイオハザードを観たことがない方にはお勧めできませんが、TV放送なんかもやっていましたので劇場に行く際は必ずおさらいが必要ですね。今回、ジルは出てきませんでしたがクレアが復活してます。ローラは結構序盤に・・・今回時間の関係で吹き替えで観ましたが、ローラは吹き替えられていたような?気がしますが・・・
※1点だけクレーム。とにかくこのシリーズの戦闘シーンは暗いので何をしているか暗視動体視力が求められます。

【作品情報】
人気ゲームをミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化した人気アクション・ホラーのシリーズ第6弾。ミラ演じるアリスと、人間をアンデッド化するT-ウィルスを開発したアンブレラ社との最後の戦いが描かれる。
f0064229_1721098.jpg
ローラがアリスとともに戦う女戦士コバルト役で出演するほか、シリーズ2作でクレアを演じたアリ・ラーターも出演する。
f0064229_17211431.jpg

f0064229_17212519.jpg

【あらすじ】
“48時間で人類は滅びる”。アンブレラ社が開発した人工知能“レッドクイーン”は、アリスにそう告げる。その目の前で、絶望的な数のアンデッドが地上を埋め尽くしていく。人類滅亡のカウントダウンが始まったのだ。すべての始まりの地ラクーンシティに再び足を踏み入れるアリス。世界をアンデッド化してきた宿敵アンブレラ社との壮絶なラストバトル。人類の命運はアリスに託された。そして、ついに明かされるアリスの秘密とは……?

※シリーズチラシ:ミラの変貌がよくわかります。
f0064229_1722579.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-12-25 17:22 | 映画 | Comments(0)