はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

三木孝浩監督の青春ラブストーリー品質は鉄板。今回は七月隆文のベストセラー小説の映画化ですからかなりハードルを上げて観に行きましたが、非常に良い出来でした。とりわけ小松菜奈演じる福寿愛美が素敵でした。切なさがMAX。南山高寿(福士蒼汰)視点での話の展開のあとラッシュ的に福寿愛美(小松菜奈)視点でおさらい。ここでのシーンの切なさがやばいです。
この作品は劇場で観るか、原作を読むかどちらでもいいんですが、ぜひ読むなり鑑賞するなりしてほしいですね。おすすめは原作読んで2度読みしたいのを抑えて鑑賞するです!
タイムパラドックス作品としては個人的にはかなり高いレベル。小松菜奈ってカワ(・∀・)イイ!!
f0064229_16255282.jpg


【作品情報】
七月隆文のベストセラー小説を福士蒼汰&小松菜奈の主演で映画化したせつないラブストーリー。京都を舞台に、運命的な出会いをした男女に隠された秘密が次第に明らかになっていくさまがつづられる。『ホットロード』『アオハライド』など数々の青春ラブストーリーを手がけてきた三木孝浩が監督を務める。
f0064229_16261120.jpg

【あらすじ】
京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、大学まで向かう電車の中で出会った福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちる。勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束をしようとした高寿だったが、それを聞いた彼女なぜか突然涙してしまうのだった……。そんな彼女のこの時の涙の理由を知る由もない高寿だったが、二人は意気投合し、すぐに交際を始めることに。高寿と愛美の関係は、周囲の誰もが羨む程に順調ですべてがうまくいくものだと信じていた。だがある日、高寿は愛美から想像もできなかった大きな秘密を明かされる……。
f0064229_16263055.jpg

f0064229_16264288.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-12-23 16:26 | 映画 | Comments(0)